春の花

冬の寒さに強い!育て方が簡単!カレンジュラ「冬知らず」を植え付けました

yume
yume
どうも、yumeです。

カレンジュラ「冬知らず」は冬の寒さに強く、真冬でも元気いっぱいに育ちます。

寒さに弱いお花は、気温が下がってくると「ちゃんと冬越しできるかな?」と心配になってきますが、その点カレンジュラは冬の寒さなんてなんのその。

冬場でも安心して育てられます。

https://twitter.com/yume_tukisabo/status/1462568811505205250?s=20

私も冬の玄関先を少しでも明るい雰囲気にしたいな〜と思っていたので、早速カレンジュラの苗を植え付けてみました。

今回の記事は、カレンジュラ「冬知らず」の植え付け方や育て方を解説してみようと思います。

カレンジュラ「冬知らず」の苗を植え付けました。コツを紹介

私が購入したカレンジュラは、3号のポット苗です。

下葉が少し黄色くなっています。あまり良いとは言えませんね^^;

ところが、他の苗もどれも同じようなものばかりだったので、まだマシな方かな?と思ってこちらの苗に決めました。

ひと苗98円という安さなら仕方がないかなと(^^;;

苗をポットから出してみたら、白くていい根がたくさん張っていました。ほらこんなにビッシリと!

ということは?これからも元気に育つという目安になるんじゃないかな?

もしそうなら、とっても嬉しいです。

あまりにも根がよく回りすぎてガチガチの固まりになっていたので、底の方の根を少しだけ手でほぐしておきました。こんな風に・・

これで、根が新しい土を掴みやすくなります。うまく根付くといいな♪

ちなみに、カレンジュラ「冬知らず」の苗の植え付けには、鉢を4号にするか5号にするかで少し迷いました。

多分カレンジュラは、そのうち茎がだんだん横に広がっていくはずなので、本来なら鉢の大きさは苗よりもふた回りほど大きめにしてもいいと思います。

今回は苗が小さかったので、4号鉢(縁の直径が12cm)を使うことにしました。もしあまりにも大きくなってきたら、また春に植え替えることにします。

カレンジュラ 冬知らずの植え付け方はこちら!

  1. 鉢底に「鉢底の石」を少し入れる。(鉢底が隠れる程度)
  2. その上から培養土を少しだけ入れる。(植え終わった後に苗の高さが鉢の縁から2cmほど下になる程度。)
  3. 培養土に元肥として緩効性肥料を混ぜこんでおく。(量は使う肥料の使用法を目安に)
  4. 培養土の上に苗を置く。
  5. 鉢と苗の隙間に培養土を足していく。
  6. 植え付けが終わったら水をたっぷりとやっておく。(鉢底から流れ出るまで)

カレンジュラの苗の植え付け方は、特に他の植物と変わりません。植え付け方の手順を画像で紹介したこちらの記事も参考にしてみてください↓

パンジーの寄せ植え。苗の植え付け方や花数を増やす切り戻しのコツを解説しますパンジーの苗の植え付け方や、花数を増やすために行う切り戻しのコツを紹介した記事です。...

元肥にはこちらがぴったり。

ところで、今年の冬は寒さが例年以上に厳しいそうですね。

テレビのお天気コーナーで知った予報ですけど。実際にはどうなのかな^^;

yume
yume
大雪にでもなったら大変だな。

カレンジュラは、気温が23まで耐えられるそうです。

もし厳しい寒さになっても、それが原因で枯れてしまうようなこともなさそうですね。

カレンジュラ「冬知らず」の植え付けに使用する土は?

カレンジュラ「冬知らず」は、生育が旺盛です。こぼれ種からでもどんどん育つそうなので、土質はそこまで拘らなくても良さそうです。

もし鉢植えで育てるなら、「花用の培養土」で問題なく育ちます。

ちなみに、私がカレンジュラ「冬知らず」の植え付けに使った花用の培養土はこちら!

その名も、花ちゃん培養土!

花ちゃん培養土はふかふかで水はけもバッチリ!

根の張り方も調子いいですよ。それに嬉しいことに値段もほどほどですよ^^;

カレンジュラ「冬知らず」の育て方のポイント

次は、カレンジュラ「冬知らず」の育て方のポイントです。

日当たりや置き場所

こちらは、植え付けてから1週間ほど経った頃のカレンジュラ「冬知らず」。まだ植えたばかりなのに、もう花数が増えてきましたよ。朝早くには、こんな風に花が閉じています。

カレンジュラは日当たりのいい場所で育てるようにします。日光にたっぷり当てると、花を次々とたくさん咲かせるようになります。

また、カレンジュラはそのうちたくさん枝分かれしてきます。

株元が蒸れると病気にかかりやすくなるので、できるだけ風通しのいい場所で育てた方が安心ですね。

水やりの仕方

カレンジュラの水やりは、鉢植えなら基本的に土の表面が乾いてからたっぷりとします。

冬場は土があまり乾かなくなるので、水やりも毎日必要というわけでもなくなってきます。

土が湿った状態が長く続くと、根腐れで枯れてしまうこともあります。水をやり過ぎないように気をつけましょうね。

地植えにする場合は、水やりの必要はありません。雨だけで大丈夫です。

肥料の与え方

肥料は植え付ける時にも元肥として土の中に粒状の緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

そして、植え付けてから2週間ほどした頃にも、緩効性肥料を少し株の周りに蒔いておきます。

カレンジュラは生育が旺盛なので、放ったらかしにしていても花をたくさん咲かせます。

それでも、肥料は花をたくさん咲かせるためにも少しだけ与えておいた方がいいです。鉢植えは少ない土で育てるので、尚更。

緩効性肥料は、効き目がゆっくりと表れてきて長く続きます。

カレンジュラの開花時期は?

カレンジュラの花は、日差しが当たってくるとやっと開いてきます。大きさが2cmほどの小さい花がこんな風に・・

ちなみに、上の方のまだ閉じている花は蕾ではありません。もう終わってしまった花ですね。

咲き終わった花をそのままにしておいたら、いつの間にか種ができてきました。カレンジュラはコロンとした種も可愛いですよ。

カレンジュラ「冬知らず」の開花時期は、11月頃〜翌年の5月頃まで。

花のピークの時期は春の暖かくなってきた頃ですが、花は寒い冬場でも絶え間無くずっと咲いています。

カレンジュラは花が少なくなってくる冬の玄関先の彩りにもピッタリ。冬の寄せ植えにも人気でよく使われるはずですね。

yume
yume
ビタミンカラーの可愛い花に元気をもらえそう!

カレンジュラの特徴

カレンジュラ「冬知らず」は耐寒性は強いのですが、反対に夏の高温多湿が苦手です。

6月頃になると暑さで株が弱り、一年草として夏の初め頃に枯れてしまいます。

ところで、カレンジュラはヨーロッパ原産ですが、元々向こうでは雑草のように扱われているそうですよ。

やっぱり育てやすさからいっても、雑草のように逞しいのが一番ですね。

最後に

カレンジュラ「冬知らず」は、真冬の寒さの中でも休むことなく元気に花を咲かせます。

私も、早速苗を植え付けておきました。

今年の冬は寒さが一段と厳しいそうですが、カレンジュラ「冬知らず」は耐寒性が超強いので冬の寒さの面では安心して育てられると思います。

うちのカレンジュラ「冬知らず」はまだ植え付けてから一週間しか経っていませんが、日に日に花数が増えてきています。

これからも株がどんどん大きく育ってくると思います。もしかしたら、4号鉢が窮屈になってしまうかも??

小さくて可愛い花を次々とたくさん咲かせますよ。育ててみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・

お花を趣味として楽しんだり、資格を取得して人生を少しでも豊かにしませんか?

あなたにぴったりなガーデニング講座をいますぐチェック!→ユーキャンの全講座一覧



フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などがたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。

また、旅行などで留守にするは、都合に合わせてスキップもできます。

プロが選んだオシャレなお花が飾ってある暮らしを、体験コース500円から手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかな?と毎回ワクワク。まるで贈り物のお花が届いたような気持ちに♪

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花のある暮らしを体験してみる



yumeのブログを読みにきてくださった方へ

いつもyumeのブログを読みにくださってありがとうございます。

この度、新たにyumeが新記事を更新するたびにあなたのパソコンやスマートホン、タブレットなどに新記事の通知が届く便利な機能を追加しました。

その名も、Push7!

「Push7」とは?

  • ブログ側と読者を繋ぐ無料のツール。
  • アプリを取得する必要がない。

料金が発生するわけではありませんので、安心して利用してくださいね。

yumeの新記事が気なるな〜という方は、下のボタンをポチッ!とするだけで新記事のお知らせが届くよ♪

↓    ↓    ↓    ↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です