秋の花

パンジーの寄せ植え。苗の植え付け方や花数を増やす切り戻しのコツを解説します

yume
yume
どうも、yumeです。

パンジーの苗が出回る時期になったので、先日にパンジーだけの寄せ植えを作ってみました。

パンジーといえば春の花というイメージが強いですが、苗は秋から出回るので花は秋から翌年の春までと長い間楽しめます。

ところでパンジーだけの寄せ植えは、花がこんもりと盛り上がるように咲くとなんとも言えないほど可愛いですよね。

せっかくパンジーだけの寄せ植えを作るなら、そんな風に育ててみたいなと思いませんか?

そこで今回は寄せ植えにしたパンジーの苗の植え付け方や花をたくさん咲かせるために行う切り戻しのコツを紹介してみることにします。

パンジーの苗を植え付ける時期

パンジーの苗は毎年秋から出回るようになりますが、花は夏場を除いた時期の秋から春まで咲き続けます。

苗は花がたくさん咲く春になってから植え付けても良いのですが、秋に植え付けておいた苗は、冬の寒さを越すことで春に花がこんもりとたくさん咲く良い株に育ちます。

せっかく育てるなら秋に植え付けておいた方が、その後花数がタップリに育って見応えがあります。

パンジーの苗の選び方。ポイントを紹介!

今回選んだパンジーのポット苗。花の色がい多いので、どれにしようかな?と迷いながら5個の苗を選びました。

いつも私は苗を選ぶ時には、次のような点に気を付けながら選んでいます。

良い苗の選び方のポイント!

  • 徒長してヒョロッとしていないか?
  • 株元がグラグラしてなくて安定しているか?
  • 黄色く変色した葉がたくさん付いてないか?

販売されている苗の中にはあまり良くないものもあるので、しっかりと根が張った苗を選ぶようにします。

yume
yume
良い株を選ぶと後々の花付きが全く違ってきます。

パンジーの苗の植え付け方。コツや手順を紹介します

まずは水はけを良くするために「鉢底の石」を入れます。

いつもなら鉢底が隠れるくらいまで入れていますが、今回は少し深めの鉢を使うので水はけが少しでも良くなるように少し多めに入れておきます。

次は花用の培養土を少しだけ入れます。そして元肥として緩効性肥料を土の中に混ぜておきます。

緩効性肥料を入れたら良くかき混ぜます。

混ぜ込んでおく緩効性肥料の量は小さじ1杯分くらいかな?

いつも私は目分量で入れていますが、大体それくらいの量で大丈夫です。

植え付ける時に元肥として緩効性肥料を混ぜ込んでおくと、後の花付きが全然違ってきます。

花がこんもりと盛り上がるように咲くようになるので、必ず混ぜ込んでおきます。

苗をポットから出してみたら根がビッシリ!真っ白な良い根です。

こっちはもっと凄い!

苗の底にビッシリと張った根は少しだけ指でほぐしておくと、植え付けた後によく根が張るようになります。

下の方に黄色く変色した葉があったので、手で千切ってキレイにしておきます。

苗をバランスよく並べたら、隙間を土で埋めていきます。

葉を上に持ち上げながら少しずつ入れていくと、苗の隙間にしっかりと入ります。

園芸用に専用の道具があると思いますが、いつも私はもういらなくなったスプーンを使って土を軽く突きながらしっかりと詰めていきます。

やりにくい作業なので、不要になったスプーンや割り箸などを利用するとやりやすいと思います。

鉢の周りにも苗と苗の間にも、しっかりと土を入れました。

真ん中にもう1個くらい苗を入れても良かったかな?

苗の数の計算ミスった?

隙間が気になるから、また購入して早めに真ん中にも入れとこ^^;

苗の隙間に土をしっかりと入れたら、パンジーの苗の植え付けは一応これで完了♪

ところで、せっかく花が咲いているのでこのまま楽しみたいところなのですが、

花をこんもりとたくさん咲かせるためのコツがあるので、やってみることにします。

パンジーの花数が次々と増える。切り戻しのコツを紹介します

じゃ〜ん!もうお分かりかと。

そうです。咲いていた花を全部切ってしまいました〜^^;

せっかく咲いているのに勿体無いなと思うかも?

ところが、植え付け後に花を切り落とすことで株に十分な栄養が行き渡るので、またすぐにたくさん花芽が付いて花数が増えていきます。

パンジーの苗は、植え付けた後すぐに花を全部切って切り戻しを行っておくと、その後、花数が増えてこんもりと育ってきます。

苗の高さがバラバラな場合は、茎を葉と葉の中間あたりで切り戻して丈の高さを揃えておくと、花がたくさん咲き出した頃にこんもりとした形になってきます。

花を全部切り終わったら、タップリと水やりをしておきます。

ちなみに、花がなくて葉だけの場合は、上から水をかけても構いません。

新しい土は水が染み込みにくいので、最初の水やりはゆっくりと時間をかけてしましょう。

切り戻しで切り落とした花は、勿体無いので小さい花瓶に飾っておきました♪

パンジーは切り花としても長持ちします。切り戻しで切り落とした花は、ぜひ飾って楽しんみて欲しいなと思います。

追記:約1ヶ月後。こんもりと盛り上がるような形に育って花数もタップリ♪

徒長したパンジーの、春の終わりの時期ならではの切り戻しの仕方はこちらの記事をご覧ください。

徒長してきたパンジー。春の終わりの時期ならではの切り戻しのコツを解説します徒長してしまったパンジーの、春の終わりの時期ならではの切り戻しのコツを解説した記事です。切り戻し後の置き場所などの管理の仕方も書いています。...

春に花数が増えてきた頃のパンジーの手入れの仕方はこちらの記事をご覧ください。

春に花がモリモリに咲き始めたパンジー。花数を増やすための手入れの仕方は?パンジーの花数が増えてきて鉢から溢れかえるようになってきたので、花がたくさん咲く時期に欠かせない肥料の与え方や普段の手入れの仕方を紹介しています。...

パンジーの育て方はこちらの記事を参考にしてみてください。

冬から春まで楽しめるガーデンシクラメンとパンジーの寄せ植え!育て方も解説冬のガーデニングに人気の、ガーデンシクラメンとパンジーの寄せ植えを作ってみたことを書いています。日当たりや水やりなど育て方も解説しています。...

パンジーの花言葉

秋から春の寄せ植えとしても定番のパンジー。

どんな花言葉が付いているのかな?と気になったので早速調べてみました。

次は、パンジー全般の花言葉になります。

  • もの思い
  • 私を思って

それにしても健気というか、いじらしいというか、、、

パンジーの花言葉は、うつむき加減に咲く花の姿にあやかって付いたそうですよ♪

花言葉を思い浮かべながら、改めて花をよく観察してみて欲しいなと思います。

最後に

パンジーは苗がたくさん出回り始める秋の10月〜11月頃か、または春の3月〜4月頃が植え付けるのに良い時期です。

少しでもたくさん花を咲かせたいなという場合は、秋に植え付けるのがおすすめです。

パンジーの苗は冬の寒さに当てることで逞しくて良い株に育ちます。

そして花数が最も多くなる春には、花をこんもりと盛り上がるようにたくさん咲かせるようになります。

また、パンジーの苗は植え付けた後すぐに花を切り落としておくと、その後驚くほど花数を増やして鉢から溢れるほどに育ちます。

色々なお花を使った寄せ植えも素敵ですが、パンジーだけの寄せ植えも花が盛り上がるように咲いて可愛いですよ。

玄関先をパッと明るくしたいなら、是非♪

それではまた・・・

多彩な通信講座が100以上!あなたにぴったりな講座が必ず見つかる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンには、趣味・特技・資格取得など、100以上の通信講座が揃っています。

あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

好きなことを学ぶって楽しい!

今まで自己流でやっていたガーデニングを基礎から学んだり、資格を取得して人生を少しでも豊かにしませんか?

あなたにぴったりな講座の詳細はこちらから確認できます。今すぐチェックしてみてくださいね!→ユーキャンの全講座一覧

今だけのお得な情報はこちらから

↓    ↓    ↓    ↓



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です