秋の花

こぼれ種から育ってきた鑑賞用トウガラシの成長記録を紹介!種まきから育てた苗との違いは?

どうも、yumeです。

6月の初め頃に、庭の砂利の隙間から、鑑賞用トウガラシの新芽が自然にたくさん育ってきたことに気が付きました。

そこで、早速、大きそうなのをいくつか鉢上げ(育った苗を鉢に植え替える作業)してみることにしました。

今年は、種まきもしなかったのに、まさかこぼれ種で育ってくるなんて!と鑑賞用トウガラシの新芽が自然に育ってきたことが嬉しくてたまりません。

これこそ、まさに園芸の醍醐味!

そこで、この記事では、こぼれ種で育ってきた鑑賞用トウガラシの成長記録を紹介してみようと思います。

鑑賞用トウガラシが昨年のこぼれ種から育ってきた

6月に入ったばかりの頃、ブロック塀の近くに、もしかしたら鑑賞用トウガラシ?というような植物が育ってきていました。

実は、すぐに鑑賞用トウガラシに違いない!と気が付きました。

というのも、昨年の冬前に、鑑賞用トウガラシのシワシワになった実を、もう今年は種を収穫しないから、、

とブロック塀のところに何個かポイッと投げておいたのを思い出したからです。

こんなシワシワの実をそのまま投げておいただけです。もしかしたら芽がでるかも?という期待も、少しだけしつつ、、

鑑賞用トウガラシの種は、その後寒い冬もあったのに、、そして、雪もたくさん降ったのに、、そんなことも乗り越えて、また6月頃に新芽をたくさん出してきました。

私は、へぇ〜!わざわざ種まきをしなくても、こんな風に新芽が生えてくるんだ!しかも、こんなにいい苗が!?とついついそんな風に思ってしまいました。

そして、種まきをするよりも、こっちの方が楽勝じゃん!とも(・・;)

こぼれ種から育ってきた鑑賞用トウガラシを鉢上げしてみた

鑑賞用トウガラシの苗は、たくさん育ってきた中でも、割と大きそうなのを選んで鉢上げしてみました。鉢の大きさは、苗の大きさに見合った3号鉢に。

その後も、またまた良さそうな苗が育ってきたので、そっちも同じように鉢上げしておくことに、、

こっちの苗は、もう蕾が付いています。こぼれ種から自然に育ってきたわりに丈夫そう。まだ鉢上げしたばかりですが、きっと元気に育ついい苗だと思います。

もし家族が雑草と間違えて抜いていたら、、と思うとゾッとします。なんとかセーフ(*^^)v

こぼれ種から育ってきた鑑賞用トウガラシの成長記録「蕾が付いてきた」

7月の初め頃に鉢上げした鑑賞用トウガラシに蕾が付いてきました。そして、その後も、葉をたくさん増やして株もどんどん大きくなってきました。

やっぱり鉢上げしておいて良かったです。育ちも、栄養の少ない砂利のところよりもいいに決まってますもんね。

こぼれ種から育ってきた鑑賞用トウガラシの成長記録「花が咲いてきた」

蕾を付けてから1週間ほど経った頃に小さい花が咲いてきました。

花の色が白色と紫色というように、株によって違っています。もともと、同じ株からのこぼれ種だったはずなのに、、何でかな??謎ですねぇ。

こぼれ種から育ってきた鑑賞用トウガラシの成長記録「実を付けた」

7月28日:水やりをしていたら、一番大きかった最初に鉢上げした鑑賞用トウガラシに実が付いていることに気が付きました。何個も何個もたくさん。

こういう時は、何度経験しても、嬉しくなって思わずテンションが上がりますね。家族にも、ほら〜!って見せたりして。あまり関心がなさそうなのに(笑)

鑑賞用トウガラシを鉢増ししてみた

最初に鉢上げした一番大きい株は、もう鉢底から根が飛び出していました。

そこで、今までの3号鉢(直径9cm)から、今度は5号鉢(直径15cm)に「鉢増し」しておきました。

鉢増しとは?

植物が大きく成長してきたら、1〜2回り大きな鉢に植え替えることです。

鑑賞用トウガラシは、鉢から出してみたら、根がよく張っているものの土や根がガチガチに固まっている、というわけでもありませんでした。

まだ、鉢上げしてから間もない株だからでしょうかね。

そんなわけで、もう根や土を崩さずにそのまま植え替えてみました。

鑑賞用トウガラシを増やすのは簡単!

こぼれ種から育ってきた鑑賞用トウガラシは、その後も、大きくなってきたものを選んで次々と鉢上げしていきました。

そして、とうとう大きい株から小さい株まで4鉢も、、簡単に増やせるから、とついつい(^^;;

実は、鑑賞用トウガラシは、まだ他にもたくさん生えてきています。他のは、もうそのまま成長を見守っていこうかな、と思います。

もっとたくさん増やしたい気持ちもあるにはあるのですが、他の植物のお世話もあるし、、狭いし、、でもうあまり増やさない方がいいかな、と。

園芸は、ハマればハマるほどもっと広いお庭が欲しいな、という願望が出てきちゃいますね(^^;;

「こぼれ種から育った苗」vs「種まきで育った苗」・成長を比較してみた

今年は、鑑賞用トウガラシがこぼれ種から育ってきたので、昨年のようにちゃんと種まきをして育てた苗と成長の違いを比べてみました。

昨年に育てていた鑑賞用トウガラシは、どんな風だったかな??と昨年の今頃の写真を探してみました。

もちろん、その年によって気候も全然違ってくるので、あくまで目安にしかならないかも、とも思いますが、、

それでも、少しでも参考になればと思って、、

こちらが、昨年の種まきから育てていた鑑賞用トウガラシの8月頃の写真です。残念ながら、現在と同じ時期の7月頃の写真は残っていませんでした(・・;)

鑑賞用トウガラシを種まきから育ててみた内容について書いた、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

観賞用トウガラシの種を蒔きました。種まきの時期や蒔き方の手順を解説観賞用トウガラシの種の蒔き方の手順を紹介した記事です。種まきの時期や、種まき後の管理の仕方も解説しています。...

それにしても、どうなのでしょうね。株の大きさも、何となくですが、今年のこぼれ種で育ってきたものとあまり違わないように思いますけど、、

こぼれ種から自然に育ってきたものでも、鉢上げさえしてしまったら、もう成長の仕方もあまり違ってこないのかも知れませんね。

鉢上げした後は、栄養満点の培養土で育てるわけですし、、

それなら、来年もわざわざ種まきをしなくても、またこんな感じでもいいかな、、なんて思ったり(^^;;

ところで、鑑賞用トウガラシは、これからすぐに実がふっくらとして、だんだんとカラフルに色づいてくると思います。

ちなみに、昨年育てていた鑑賞用トウガラシの実はこんな感じでした↓

鑑賞用トウガラシは、秋の終わり頃になったら、もう美しかった実もすっかりシワシワになってしまうはずです。

今年も、そんな時期になったら、またシワシワの実をそのまま庭の隅っこの方にポイッ!と投げておこうかな?

今年は、こぼれ種から育ってきた鑑賞用トウガラシが、鉢上げ後にあまりにも元気に成長しているので、ついそんな手抜きなことを考えたりもしています(^^;;

さて、そんな鑑賞用トウガラシの成長記録は、また今後も追記していきたいな、と思います。また見にきてくださいね。

こぼれ種育ちでも、果たして他と変わらないほど美しく色づいてくるのか!!どうかな?

この記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。

それではまた。

通信講座が100以上も!【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

たくさん揃った通信講座の内容は、こちらから確認できます。

↓     ↓     ↓

今までなんとなくや、自己流でやっていた園芸やガーデニング。改めて基礎から学んだらもっと楽しくなってきますよ♪

学びたいという気持ちに年齢なんて関係ありません。

自分の好きな趣味を基礎から学んだり、資格を取得して少しでも楽しい充実した人生を送っていきましょう。

あなたにぴったりな講座の詳細や、今だけのお得な情報もこちらから確認できます。

↓     ↓     ↓

生涯学習のユーキャン

POSTED COMMENT

  1. 武人 より:

    yumeさん、こんにちは。
    twitterでのお付き合い有り難う。
    久しぶりにblogにもお邪魔させていただきましたよ。
    記事の最後のブルーミーの花、綺麗だね!

    yumeさんも、私のblog、遊びにおいでや!!
    また、お邪魔させて戴きますね・・・バーイ

    • yume より:

      武人さん、いつもありがとうございます。
      お花が飾ってあると、それだけで日々の疲れも癒されますね。
      私もブログ覗かせて頂きます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。