観葉植物

ゴムの木の成長速度に驚愕!簡単な育て方の4つのポイントを紹介します

yume
yume
ゴムの木の成長速度に、えッ、もうこんなに!とビックリしているyumeです。

ゴムの木は、観葉植物の中でも育てやすい方です。成長期になると、あっという間に背が伸びて、驚くほどの早さでどんどん成長していきます。

うちのゴムの木も、一体どこまで伸びるの〜!

と言いたくなってしまうほど成長が早いので、私もいつも嬉しい悲鳴をあげています。

ところで、ゴムの木の成長が悪いことで困っていませんか?

思ったように育たないと、何がいけなかったの?と原因を探して途方に暮れてしまうこともありますよね。

私も、今までゴムの木の他にも色々な観葉植物を育ててきましたが、思ったように育たなくて困ってしまった経験が山ほどあります(・_・;

なので、そんな気持ちがとてもよくわかります。

もちろん、観葉植物だってたったひとつの大切な命。できる限り大切に育てていきたいですね。

そこで、今回の記事は、ゴムの木の成長速度や育て方のポイントについて書いてみようと思います。

ゴムの木の成長の仕方や、育て方のことで困っていたら読んで参考にしてみてくださいね。

ゴムの木の成長が止まらない!

こちらは、我が家で1年ほど前から育てているゴムの木です。今では丈が50cmまでになっています。

1年前には、丈が上の写真に写っている辺りまでしかありませんでした。7cm程度だったと思います。

ちなみに、株元の小さい葉は、ゴムの木が大きく成長してもずっと落ちないでそのままです。大きさも初めの頃のまま、、

yume
yume
頭デッカチでバランスが悪くて、、

我が家のゴムの木は、元々は苔玉の中に植えてあったものです。

そのうち段々と大きくなっていったので、途中から鉢に植え替えました。

最近は、丈も高くなってバランスが悪くなってきました。いつも、倒れないかな?と心配しています^^;

なので、できるだけ早めに、もうひとまわりほど大きめの鉢に植え替えたいなと思っています。

ゴムの木は、4月頃から凄い速さであっという間に成長していきます。

新芽も、最近毎日なんじゃないの!?というほど次々と絶え間なく育ってきます。

ゴムの木の新芽は、初めはこんなに鮮やかな赤色をしています。あまりにも美しいので、思わずドキッ!としてしまいます。

まさか、あの小さかったゴムの木がここまで成長するなんて!見事な成長ぶりです。あまりの成長速度に驚いています。

やっぱり、ゴムの木は観葉植物の中でも人気♪

ゴムの木の特徴

次はゴムの木の特徴を書いてみることにします。元気に育てるための参考にしてみてくださいね。

ゴムの木はこんな木!

  • 葉が楕円形で肉厚。ツヤツヤで深い緑色。
  • 乾燥にも強く、育てやすい。
  • 約800種類あり、観葉植物としてはインドゴムの木が代表格。
  • 原産地:ブラジル・インド・マレー半島。

ゴムの木は、樹液がゴムの原料に使われていることでもよく知られています。

ちなみに、そちらのゴムの木は、観葉植物としてよく出回っているものとは全く別の種類です。

ゴムの木の育て方の4つのポイント

観葉植物の中でも育てやすいゴムの木。

次は、ゴムの木の育て方のポイントを解説してみることにします。

ゴムの木の置き場所・日当たり

ゴムの木は下記のような置き場所や日当たりを好みます。

  • 日光がたっぷりと当たる場所。
  • 暗い場所でも、2~3時間程度は日に当てる。
  • 半日陰(半日程度日が当たる)の明るい場所でもOK。
  • 直射日光を避ける(窓際ならレースのカーテンをする)
  • エアコンの風が直接当たらない場所。

ゴムの木は、日差しが全く入らない暗い場所で育てると、葉にツヤがなくなってしまいます。

そして、クタッとして、みるみる元気がなくなってしまいます^^;

ちなみに、我が家では、ゴムの木を室内の明るい窓際に置いてあります。

レースのカーテン越しに薄っすらと日差しが入るので、ゴムの木にとってもピッタリな環境なのだと思います。こんなにもどんどん成長しているということは、、きっと。

ゴムの木の水やり

水やりは、タイミングやコツを掴むまでがなかなか難しいです。ゴムの木を育って行く中でも。一番失敗しやすいポイントになります。

水やりは、あまり多すぎると、思いがけず枯れてしまった〜!という残念な結果になってしまうこともあります^^;

土が絶えず湿ったままになって、根が腐る(根腐れ)原因になってしまうからです。

ゴムの木の水やりの仕方
  • 土が完全に乾いてから
  • 水が鉢底から流れ出すまでたっぷりと与える。
  • たまに、葉にも霧吹き(葉水)をする。
yume
yume
yumeのここチェック!

ゴムの木は、霧吹きで葉水をすることで、葉が乾燥し過ぎるのを防ぐことができます。

また、葉に害虫やホコリがつくのも防げます。

ゴムの木は、冬場は株が休眠するので、水やりもできるだけ控めにします。もし、葉が乾燥して丸まってしまうようなら、時々葉水もするようにします。

葉水は、葉の表面だけでなく裏側からもします。

ゴムの木の葉が丸まってしまう原因はゴムの木が大変!葉が丸まってしまう原因は?育て方を見直してみましたの記事で実際の体験談とともに解説しています。

ゴムの木の葉は、こんなアイテムを使ってお手入れをすると見違えるほどツヤツヤ、ピカピカに!!

ゴムの木を育てる時の適温

それでは、次はゴムの木の温度管理の仕方について書いてみることにします。

  • 冬場も10以上の温度が理想的。
  • もし冬場も外で育てるなら、霜対策が必要。

ゴムの木は、もともと熱帯地方原産の観葉植物です。夏の暑さには耐えられますが、反対に冬の寒さには弱いです。

無事に冬越しさせるためにも、こんな温度計があると何かと便利です♪

ゴムの木は、秋の終わりに気温が下がってきたら、室内に入れて10℃以上の温度を保ちながら冬越しさせた方が安心です。

もし、うっかり霜にでも当てたりしたら!!もう一発アウト、ってことにも(・・;)

それだけは絶対に避けたいですね^^;

ゴムの木の肥料の与え方

ゴムの木は、あっという間に背が高くなってどんどん成長していきます。春から秋までの成長が旺盛な時期には、肥料も与えていきます。

ゴムの木の肥料の与え方
  • 春~秋の成長期(49月)に与える。
  • 12月~2月の冬場は与えない。(寒さで成長が止まっているから)
  • 固形でも液体でも良い。
  • 植え替えた後は、すぐには与えない。(約2週間後から)

液体肥料は即効性があって、効き目がすぐに表れます。

15種類の栄養素がバランス良く配合されている液体肥料はコチラ!どんな植物にもよく合いますよ。

効き目がゆっくりと表れて長く続く固形の緩効性肥料をはコチラ!

ゴムの木の植え替えの時期やタイミング

ゴムの木は、成長が早いため、すぐに鉢の中が根で一杯になってしまいます。

根が鉢底から飛び出してくるほどになっていたら、もうあまり水を吸い上げられなくなっている事が多いです。

もしそうなっていたら、もうひと回りほど(今よりも直径が3cmほど)大きめの鉢に植え替えます。

下記がゴムの木の植え替えにピッタリな時期や、タイミングです↓

  • 植え替えにピッタリな時期5~10月頃
  • 植え替えのタイミング:鉢底から根が飛び出してきた頃や、水をあまり吸わなくなってきた頃。

ゴムの木の植え替えのやり方は、意外と簡単!今年もよく成長したゴムの木を植え替えました。根の処理など手順を解説!の記事で実際の体験談を紹介しています。

ゴムの木の病気

我が家のゴムの木は、写真のように葉に白い斑点があります。布で擦っても、全然取れません^^;

葉の白い斑点は、もうずっと前から気になっていましたが、成長しても相変わらずだったので、、

yume
yume
もしかしたら病気かも!?

とだんだん心配になってきて、観葉植物に詳しい人に相談してみることに・・

ところが、葉の白い斑点が擦っても取れないものだったり、ゴムの木が順調に育っているようなら特に心配しなくても良い、ということでした。

病気じゃなくてよかった〜!やれやれ。ホッとしました♪

ゴムの木はカイガラムシがついたりうどん粉病になることもあります。

もし、病気にかかったら、どんどん広がる前に早めに駆除しましょう。

カイガラムシやうどん粉病の駆除に効果を発揮する殺虫剤はコチラ↓もし気が付いたら、早めに使ってみてくださいね。

ゴムの木の花言葉

ゴムの木は、観葉植物の中でも知らない人がいない、と言うほどもう定番中の定番です。

さて、そんなゴムの木には、一体どんな花言葉がついているのでしょう。早速チェック!

ゴムの木の花言葉は「永久の幸せ」

ゴムの木は、結婚や新築祝いの贈り物としてもとても人気があります。

きっと、上で書いたような、お祝い事にふさわしい花言葉が付いているからなのでしょうね。

最後に

うちのゴムの木は、一体どこまで背が伸びるの〜!!

と言いたくなってしまうほど、凄い速さで成長しています。あまりの成長ぶりに、もう嬉しいやらびっくりするやら٩(ˊᗜˋ*)و

ゴムの木は、春からの成長期には、背がどんどん伸びて新しい葉が毎日のように次々と育ってきます。

育てやすいですよ。是非育ててみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた。

毎日出る生ごみ。捨てたりしないでガーデニングに活かしませんか?

生ごみ処理機ナクスルの詳細はこちらから



臭わない・手間がない・音がない 生ごみ処理機ナクスル(NAXLU)

 

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味でお花や観葉植物を購入するならHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などが希望の値段から簡単に選べます。

私が通販サイトHitoHanaで実際にお花を購入してみた感想を書いた記事はコチラ!→HitoHana(ひとはな)レビュー!お花を購入してみた感想や口コミも紹介します

通販サイトHitoHanaなら、イメージにピッタリなお花や観葉植物が必ず見つかりますよ。今すぐチェック!

↓     ↓     ↓

HitoHana公式サイトの詳細を確認してみる

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

色んなお花を楽しみたいなら、毎回違ったお花が定期便で届くbloomeeがオススメ!

bloomeeの詳細やお得な情報はこちらから確認できます。早速、チェックしてみてくださいねお花の定期便【Bloomee LIFE】



お花のある暮らしって癒される〜♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果からも証明されています。お花のある暮らしで少しでも癒されましょう♪

bloomee公式サイト、お花の定期便の詳細はこちらから確認できます。

↓     ↓     ↓

Bloomee LIFE

yumeのブログを読みにきてくださった方へ

いつもyumeのブログを読みにくださってありがとうございます。

この度、新たにyumeが新記事を更新するたびにあなたのパソコンやスマートホン、タブレットなどに新記事の通知が届く便利な機能を追加しました。

その名も、Push7!!

「Push7」とは?

  • ブログ側と読者を繋ぐ無料のツール。
  • アプリを取得する必要がない。

特に料金が発生する、ということもありません。安心してご利用くださいね。

yumeの新記事が気になる〜、と思ったら、下のボタンをポチッ!としておくだけで、記事新更新のお知らせが届くよ♪

↓    ↓    ↓    ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。