春の花

木質化で大変!オステオスペルマムの切り戻しと植え替え。切った枝で挿し穂も!

yume
yume
どうも、yumeです。

うちのオステオスペルマムは育てやすいのは嬉しいのですが、枝が変な形に伸びてしまってバランスが悪くなっていました。

そこで、時期が来たら今度こそは思い切ってバッサリと切り戻しをしようと思っていましたが、

やっと秋の切り戻しに良い時期になったので、早速短く切ってみました。

木質化してしまったオステオスペルマムは、茎の切り戻しをどこからやったら良いの?と悩みますよね。

そこで、今回の記事は、もう木質化してしまったオステオスペルマムの切り戻しや植え替え、挿し穂について書いてみようと思います。

オステオスペルマムの茎を切り戻す時の参考になれば嬉しく思います。

オステオスペルマムの切り戻し。木質化した茎はどうする?

春にも切り戻しをしたのに、秋までにもうこんなにバランスが悪くなってきてしまいました(^^;;

オステオスペルマムは枝が地面を這うように伸びて、株元の方の茎がまるで木?というほど硬くなっています。そして、もう葉も無くなっています。

この現象は、木質化と言って菊やマーガレットにもよくあります。

ところで、切り戻しをするにしても、一体どう切ったら良いんだろう(-。-;

木質化してしまったところから切っても良いのかな?

と、私は不恰好になってしまったオステオスペルマムを前にして、しばらく悩んでしまいました。

だって、これですもんね(^^;;

悩んでいても仕方がないので、とりあえずは木質化していないところの枝を切っていくことに。

細かいことは、葉がよく茂って重たくなった枝を切り落としてから考えることにしよう^^;

よく折れないでいたなと思いましたが、よく考えてみたら、普段は枝が折れないように壁を支えにしてあったんだった^^;

悩みながらちまちまと切ってみたけど、やっぱり私には、木質化したところからなかなか思い切ってバシッ!と、切れなくて(・・;)

目一杯切っても、もうここまでかな。

それとも、もっと短く切ってしまった方が良いの?

う〜ん、悩ましい(-。-;

と悩みながら、そしてネットでも調べながら切り戻しを進めていったのですが、また後から、やっぱり枝をもう少し大胆に切ってみました。

たとえ失敗しても、そこから学ぶこともたくさんあるはずです。

せっかく切り戻しをするなら、ある程度は茎を思い切って短くすることも大事かな?と考えました。

植物の切り戻しひとつにしても、ちゃんと自分の性格が表れるものだなあと、しみじみ。

yume
yume
心配性なんだよね、私

ということで、その後どうなった?ということは、この後やった植え替えの時にでも。

植物の茎の木質化について書いた他の記事はコチラ!

カーネションの蕾が茶色くなって花が咲かない・茎や葉が茶色に木質化。原因と対策はこれ!カーネーションの蕾が茶色くなって花が咲かなくなってしまった時の原因と対策、また、茎や葉が茶色くなる木質化についても書いています。...

オステオスペルマムの切り戻し。メリットは?

オステオスペルマムのような多年草は、定期的に切り戻しをしながら育てていった方が良いのですが、切り戻しは植物にとってもたくさんメリットがあります。

次は、茎の切り戻しをすることのメリットについて書いてみることにします。

形が整う

うちのオステオスペルマムは、だんだんバランスが悪くなってきて、支えが無いと自立できないほどに^^;

もし、このままほっといたら、枝の先の方が重くなって、多分、元の方から折れてしまうでしょうね。

そうなってしまう前に切り戻しをすることで、自分の力で立っていられるように形を整えることができます。

刺激を与えて成長を促す

育て方が簡単で、成長が早いオステオスペルマム。

切り戻しで枝を切ったことが刺激となって、成長期の春から夏にすごい勢いで成長していきます。

オステオスペルマムの育て方について書いた記事はコチラ!

初心者でも簡単!オステオスペルマムの育て方。開花時期や切り戻しの仕方も解説! 我が家のオステオスペルマム・アキラは、育て始めてからもう何年目になるのかな? と、よくよく考えてみたら、も...

長く伸びてしまった枝は、思い切って短くすることで残った茎に十分栄養がいきわたるようになります。そして、ガッチリした茎に育ちます。

風通しが良くなり病気を予防する

よく茂った葉の奥には、黄色い葉や枯れた葉がいっぱい!

オステオスペルマムは、成長期になると葉がワサワサに茂ります。

そうすると、風通しが悪くなるので、蒸れて奥の方の葉が黄色くなって枯れていきます。

うちのオステオスペルマムは、まだ株が小さいので大丈夫なのですが、もっと大きな株は、風通しが悪くなって蒸れて病気にかかりやすくなってしまいます。

葉がよく茂るオステオスペルマムは、定期的に切り戻しをすることで、病気にかかるのを予防できます。

yume
yume
これからも、ちゃんと切り戻しをやっていかなきゃ。

オステオスペルマムの植え替えもしました

スゴイ!(・・;)

前回の植え替えは昨年の秋だったはずなので、1年でここまで根が回ったということになります。

こんなに根が張っていたら、水を吸わなくなったはず。

最近は、水やりをしてもなかなか吸わなくなってきたので、鉢の中が根でいっぱいになったのかな?と、思っていたところでした。

ということで、茎の切り戻しをしたついでに植え替えもしました。

オステオスペルマムは、更に枝を短くしました。

下の方の茎はもうすでに木質化しているので、

yume
yume
一体どこまで切ったら良いんだろう、、

と悩みながらでしたが、果たしてここまで切って良かったのかどうかということは、今後春になってからのお楽しみということで♪

オステオスペルマムを挿し穂で増やします

これではちょっと葉が多いよね。

切り戻しした枝の中でも、なるべく太くて良さそうな枝を使って、オステオスペルマムを挿し穂で増やそうと思います。

もう少し葉を少なくしました。

それにしても、伸び放題だったので、曲がりくねった枝ばかり。

しばらく水に入れておいて、根が出てくるまで待つことに。

挿し穂のやり方は、30分くらい水を吸わせたあと、挿し木用の土に挿して発根するのを待ってから、土に植え付けるという方法もありますが、

私は、しばらくの間、このまま水の中で発根させてから、その後、土に植え付けようかな?と思っています。

というわけで、挿し穂に使う枝は、このまましばらくは、キッチンの窓辺で見守っていこうと思います。

yume
yume
根が出てくるのが楽しみ!

お花のある暮らしで少しでも癒されましょう。今度はどんなお花が届くのかな?とワクワク♪ポストに届く便利なお花の定期便はコチラから。



最後に

うちのオステオスペルマムは、茎の下の方がもう木質化してしまっています。

最近は、何か支えがないと自立できないほど全体のバランスが悪くなってきていました。

そこで、秋の切り戻しに良い時期ということで、オステオスペルマムの切り戻しをしてみました。

もう茎が木質化してしまったオステオスペルマムを切り戻すのは、なかなか難しいなと思いましたが、

この際なので、もうこれがギリギリかな?というほど枝を短く切ってみました。

私は、まずは何でもやってみることが大切だと思っているので、もちろん心配もありますが、それでも失敗を恐れないで思い切ってバッサリと切ってみるのもありかも、、

と、思っています。

切り戻しも無事に終わってスッキリしたので、ついでに植え替えと挿し穂で増やす準備もしておきました。

ということで、もう今からオステオスペルマムの新芽が出るのが楽しみ♪

それではまた・・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪