春の花

カーネションの蕾が茶色くなって花が咲かない・茎や葉が茶色に木質化。原因と対策はこれ!

yume
yume
どうも、yumeです。

2月に入ってからだんだんと暖かくなってきたので、もうこのままま早く春になって欲しいなと思っていたのに、また最近になって急に雪が舞う真冬のような日があったばかり。

毎年のことですが、この時期はなかなか気候が安定しませんね。

うちではこの冬の急な寒波で葉が傷んで慌てて家の中に避難させた植物もありますが、

カーネーションはそんなことは関係ないよというような感じで、冬の間もずっと元気に外で育ってくれています。

最近はせっかく蕾が付いても、そのまま茶色くなって花が咲かないというようなことになっていたので、昨年の秋に植え替えをしてみました。

そんな感じでしたが、最近になってやっと花を咲かせるようになってきたので、なんとか順調そうだなとホッとしています。

やっぱり植物は放ったらかしたりしないで、たまには植え替えないといけませんね。私も今回のことから、植え替えをすることの大切さを改めて実感しています。

そこで今回の記事は、カーネーションの蕾が茶色くなって花を咲かせなくなることや、茎や葉が茶色く木質化する原因と対策について書いてみようと思います。

カーネーションの蕾が茶色くなって花を咲かせなくなる原因と対策

うちのカーネーションは、もう数年前から育ててきました。たしか5年くらい前かな?多分^^;

つい放ったらかしになっていましたが、水やりだけはたまにしていたので、今までなんとか枯れずに育ってくれていました。

ところが最近は、せっかく付いた蕾が茶色くなって花が咲かないということが多くなっていました。

植え替えをしてなかったから?

カーネーションの蕾が茶色くなってしまう原因は?と、自分なりに色々と考えてみましたが、

今まではほとんど放ったらかしにしていたので、まずは全く植え替えをしてなかったことが急に気になり始めました。

そこで、昨年の秋にカーネーションを新しい土に植え替えましたが、秋まではたまに粒状の緩効性肥料を土の表面に撒いておきました。

ちなみに、カーネーションの植え替えをやったのは、秋の10月頃でしたが、寒さに強いので、その後冬場もずっと軒下で育ててきました。

真冬は他の植物と同じように特に何の変化も見られませんでしたが、何とか順調そうに育っていたので、やっぱり秋に植え替えをしておいて正解だったなと嬉しく思っていました。

カーネーションの花が順調に咲き始めた

最近はまだ冬並みの寒さになる日もあるのに、カーネーションは蕾をたくさんつけるようになってきました。そして、もう蕾が茶色くなることもなくなってきました。

カーネーションは開花時期が4月〜6月ですが、花はもう一度秋の9〜11月頃にも咲きます。

ところで、最近は少しづつ春らしくなってきたからかな?カーネーションの葉が急に生き生きとしてきて、まるで長い眠りから覚めたかのように勢いよく育ち始めてきました。

そして、蕾をたくさん付けるようになってきて、まだ少しですが鮮やかなピンク色の花も咲き始めています。

ということで、私は今回のことで、植物を育てるためには肥料はもちろん、もっと大切なのはやっぱり土かな?と改めて感じています。

yume
yume
今更だけど。

カーネーションは花用の培養土で問題なく育ちます。培養土は値段の幅が広くて迷いますが、できるだけ良い土を使った方が結局その後も問題なく順調に育ちますよ♪

うちのカーネーションは、最近また以前のように鮮やかなピンク色の花を咲かせるようになって順調そのもの。春になったら、肥料も与えていきたいなと思っています。

ということで、植物の調子が悪くなるときは、原因がひとつだけではないことが多いので、これはあくまで私の体験談として少しでも参考になれば嬉しいなと思います。

yume
yume
春になったら、もっと花がもりもりに咲くのが楽しみ!

カーネーションの木質化。株元の葉や茎が茶色くなる原因と対策

うちのカーネーションは、株元の茎や葉が枯れたように茶色くなっています。

株元の葉や茎が茶色くなってしまったことの原因は、茎が伸びてきたことによる木質化からです。

茎の木質化について書いた他の記事はコチラ!

木質化で大変!オステオスペルマムの切り戻しと植え替え。切った枝で挿し穂も!オステオスペルマムの切り戻しや植え替え、挿し穂のやり方について書いています。茎が木質化した場合は、切り戻しがやりにくくなってしまいます。...

茎が木質化すると見た目はあまり良くないかも知れませんが、木質化は茎が伸びたことによる自然現象なので、別に病気とか枯れてきたというわけではありません。

見た目が悪いからということで、茎が木質化するのを少しでも避けたいという場合は、定期的に茎の切り戻しをすると良いです。

私も時期になったら、必ず茎の切り戻しをやってみるつもりです。

カーネーションの切り戻しに良い時期は?

花が咲き終わる6月中旬頃と秋の10月中旬頃です

また、カーネーションは何年間も育てている間に、茎が這うようにグニャグニャに伸びていきます。

私は茎が横に広がるのもそんなに悪くないなと思っているのですが、もしまっすぐに育てたいなという場合は、何本か支柱を立てて茎をネットで支えると良いそうですよ♪

また茎を紐で縛ったりと。

どちらにしても、カーネーションは花がひと通り咲き終わったら、必ず茎の切り戻しをやった方が良いようです。思い切って半分くらいの長さにバッサリと。

もし花が咲いていたら、捨てたりしないで小さい花瓶に飾ると可愛いですよ。

お花のある暮らしで少しでも癒されましょう。今度はどんなお花が届くかな?とワクワク♪500円から始められるお花の定期便はコチラから。



最後に

うちのカーネーションは蕾が茶色くなってもう花が咲かなくなっていましたが、秋に植え替えをしたら、冬場もずっと軒下で順調に育ってくれています。

最近はだんだんと春らしい陽気になってきたこともあって、カーネーションはたくさん蕾を付けるようになっていますが、

もう以前のようにせっかく付けた蕾が茶色くなってしまうこともなく、ちゃんと花を咲かせるようになってきました。

また、うちのカーネーションは株元が木質化してきて葉や茎が茶色くなっているので、花がひと通り咲き終わったら、すぐにでも茎の切り戻しをしたいなと思っています。

ちなみに、土は植物にとって何よりも大切なものなので、もし調子が悪くなってきたら、時期を選んで植え替えをしてみると意外とすんなりと改善することもあります。

調子が悪い時は株も弱っているので、焦って肥料を与えないようにしましょう。

早く元気になって欲しいなという気持ちは痛いほどよくわかりますが、返って株に負担がかかってしまうこともあります。そんな時こそ落ち着いて判断して欲しいなと思います(^^;;

植物の栽培は意外と奥が深いな、いつも試行錯誤してばかり♪

それではまた・・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪

こちらの記事も読まれています