春の花

初心者でも簡単!猫のしっぽみたいなキャットテールの育て方・花穂の手入れを解説!

yume
yume
どうも、yumeです。

キャットテールは名前からも想像できるように、長い花穂が猫のしっぽとよく似ています。

花穂はフワフワしていて手触りがいいので、私も、つい触ってみたくなってしまいます。

ユニークな形をしているので、私も初めて見た時から、面白い花だな〜、と興味津々に。

キャットテールは育てやすいので、植物をあまり育てたことがなくても簡単に育てられます。

今回の記事は、キャットテールの育て方や花穂のお手入れの仕方について書いてみることにします。

キャットテールの育て方

キャットテールは西インド諸島原産の多年草です。

茎や花穂が、鉢から垂れ下がるように伸びていきます。私は、キャットテールの猫のしっぽのような花穂が可愛いな、と思ってとても気に入っています。

それでは、キャットテールの育て方のポイントを解説してみようと思います。

植え付ける用土

キャットテールは水はけの良い土に植え付けるようにしましょう。花用の培養土でもよく育ちますよ。

土は自分で配合するなら、赤玉土7:腐葉土3の割合がおすすめです。

yumeがいつも使っている培養土はコチラ!フワフワで水はけも抜群です!

日当たりや置き場所

キャットテールは花をたくさん咲かせるためにも、日光にたくさん当てて育てるようにしましょう。

日光が不足すると茎が徒長してヒョロッとしてきたり、本来は鮮やかな赤い花穂の色もだんだん悪くなってきます。

夏の暑さに強く、春から秋までは外の日光がよく当たる場所で育てると、花穂もタップリと付けます。

反対に、冬の寒さには弱いです。気温が下がってきたら室内に入れて管理します。

また、雨に当てると、せっかくの可愛い花穂が黒くなってしまいます。雨の多い時期は、屋根のある場所に移動させた方がいいです。

もし、雨に当てなかったら、花穂を1ヶ月ほど鮮やかな色のまま楽しめます。

水やりの仕方

キャットテールの水やりは、土の表面がしっかりと乾いてから、鉢底から流れ出るほどたっぷりとします。

花穂に水がかかると、傷んで黒くなってしまいます。水やりは茎を持ち上げて、株の根元からします。

水やりが多すぎると、根腐れを起こすこともあります。水やりは、土の乾き方をよくみてから、にします。

水やりは、育て方の中でも割と難しいポイントです。

毎日決まったように定期的にしないで、いまだ!というタイミングを掴んむようにしていきましょう。

肥料の与え方

キャットテールの肥料は、植え付ける時に元肥として固形の緩効性肥料を土に混ぜ込んでおきます。

緩効性肥料は効き目がゆっくりと表れて効果が長く続きますよ。

肥料は、花穂をたくさん付ける4〜10月頃になったら、追肥として液体肥料を2週間に1回程度与えます。

緩効性肥料なら、株の周りに2〜3ヶ月に1回ほど撒いておきます。

液体肥料は即効性があって、効き目が早く表れます。花の時期の肥料不足解消にもピッタリ♪

もっと元気に育てたいなら、こちらも↓

≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

もしも、下葉が黄色くなっていたら、肥料不足になっている、というサインかも知れません。

キャットテールの開花時期

まだ蕾なのに、もう赤く色づいています。花穂は、5〜10cmくらいの長さになっていきます。

キャットテールは開花時期が長く、花穂を4月〜10月頃までたくさん付けます。

花穂は、温度が10℃以上あれば一年中付けることもあります。

ただし、冬の寒さには弱く、気温が5℃までしか耐えられません。

冬場は室内で育てた方が安心です。窓際に置いて、日光にタップリと当てて育てると、可愛い花穂を冬場でも楽しめますよ。

キャットテールの花穂が落ちる時の原因について書いた記事はコチラ!

キャットテールの花穂が落ちる!思い当たる2つの原因を考察してみました うちのキャットテールは、最近になって、花穂がちょっと触るだけでポロッと落ちるようになってきました。 ...

キャットテールの花穂のお手入れ

キャットテールの花穂は、雨に濡れたり終わってくると、そのうちだんだん黒くなってしまいます。

黒くなった花穂は、見つけ次第こまめに切り取っておきましょう。花穂のお手入れは、他の花穂が元気に育つためにも大切です。

そのままにしておくと、見た目も良くないですし^^;

1年後に大株に育ったキャットテール。花穂のお手入れもいよいよ大変に!

こちらは、育て始めてから、1年ほど経った頃のキャットテール。

育てている途中で、切り戻しや植え替えをしながら、かなり大株まで育ちました。

昨日からの雨で、傷んで真っ黒になった花穂がたくさん目立ちます。

大株になって花穂をタップリとつけるので、お手入れにも追われます。でも、嬉しいです(^^;;

黒くなってしまった花穂は、上の写真のように、もう元から切り取っておきます。

春の成長が旺盛な時期は、茎がどんどん伸びて、株の形もすぐに乱れます。その頃なら、茎をもっと下の方から切り取って、短く切り戻してしまってもいいかな、と思います。

その方が、花穂もつきやすくなります。

キャットテールの花言葉

赤いフワフワの花穂が、猫じゃらしや猫のしっぽとよく似ているキャットテール。

キャットテールの花言葉は?と気になったので、早速調べてみました。

キャットテールの花言葉を紹介します
  • 気まま
  • 愛撫
  • 上機嫌
  • とまどい
  • 陽気

キャットテールの可愛い花にピッタリな花言葉ばかりですね。中でも「陽気」という花言葉とかが。

最後に

キャットテールは育ててみたら、意外と簡単に育てられるな、と思っています。

ただし、冬の寒さには弱いので、気温が5℃以下になる日が続くと、冬越しできずに枯れてしまうこともあります。

冬場は室内に入れて窓際でたくさん日光に当てて管理すると、冬場でも花を咲かせることができます。

うちのキャットテールはまだ株が小さいですが、春になって気温が上がってきたら、もっと大株に育つかも?と期待しています。

これからも、植え替えや新しい株を増やすための挿し芽もやっていくつもりです。

育て方も簡単なので、初心者向きですよ。気楽に育ててみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・

通信講座が100以上!学ぶのが楽しくなる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

通信講座の内容は、こちらから簡単に確認できます。

↓     ↓     ↓

今まで、なんとなくや自己流でやっていた園芸やガーデニング。改めて基礎から学んだらもっと楽しくなってきます♪

学びたいという気持ちに年齢なんて関係ありません。

自分の好きな趣味を基礎から学んだり、資格を取得して少しでも楽しい充実した人生を送っていきましょう。

あなたにぴったりな講座の詳細や今だけのお得な情報もこちらからチェック!

↓     ↓     ↓

生涯学習のユーキャン

こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。