秋の花

赤葉センニチコウの育て方。植え付け方や鮮やかな赤い葉の色で育てるためのコツを紹介!

yume
yume
どうも、yumeです。

最近は夏の暑さがようやく落ち着いてきたので、今年は危険レベルという暑さの中で夏の花も本当によく頑張ってくれたなぁ、、と、しみじみ。

夏の花が終わっていくこの時期には、次はどんな花を植えようかな?

と、今度は秋の花が気になり始めますよね。

ところであなたもそろそろ秋の花が気になり始めて今度は何を植えようかな?と楽しみにしているのではないでしょうか。

最近はもう秋向きの花の苗が出回りだしたので、先日私は赤い葉がキレイな赤葉センニチコウの苗を購入してきました。

玄関周りにお花を絶やさないような暮らしは、お花から元気をもらえて気持ちも安らぎますよね。

そこで今回の記事では、秋から冬まで鑑賞できる赤葉センニチコウの育て方や鮮やかな赤い葉の色で育てるためのコツを紹介してみようと思います。

玄関周りの彩りにぴったりな赤葉センニチコウを育ててみようと考えていたら参考にしてみてください。

赤葉センニチコウの苗の植え付け

先日購入した赤葉センニチコウの苗は、ポットの中が根でいっぱいになっていると思ったのですぐに植え付けることに。

赤葉センニチコウの苗を植え付けるのに良い時期は、

  • 春なら4月~5月中旬頃。
  • 秋なら9月~10月中旬頃。

花を鑑賞できるのは8月〜12月頃までと長く楽しめます。

わ〜お!!やっぱり思った通り根がビッシリ。

根は少しほぐしても良いけど、この前観たYouTubeを参考にしてハサミで十文字に切り込みを入れてみました。

横側にも4ヶ所ほどハサミで切り込みを入れます。

赤葉センニチコウは丈夫でよく育つので、やっぱり根の張り方も思った通り凄かった〜^^;

赤葉センニチコウだけの鉢植えにしてみました。

寄せ植えもオシャレだなとは思いますが、単品だと後々手入れがしやすいんですよね。別に面倒だなんて全然考えていませんけども^^;

赤葉センニチコウの苗の植え付けには、水はけの良い用土を使いましょう。

私も使いましたが、花用の培養土なら手軽に使えます。

赤葉センニチコウの育て方のポイント!

赤葉センニチコウは、ヒユ科・ツルノゲイトウ属の多年草です。

次は育て方のポイントを書いてみようと思います。

日当たりや置き場所

植物の育て方と言えば一番最初に気になるのが、日当たりや置き場所。

植物はそれぞれで本来の性質が違うため、育てるための日当たりの具合は一番の悩みどころなのですが、赤葉センニチコウはバッチリ日当たりの良い場所を好みます

日当たりが悪いと花付きも悪くなってしまうので、たくさん花を咲かせるためにはよく日が当たる場所で育てるようにしましょう。

水やりの仕方

赤葉せんにちこうを鉢植えで育てる場合は、水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと

また、冬場は水やりを控えて乾燥気味で育てます。

花壇に植えた場合はあまりにも日照りが続かない限りは、水やりをしなくても雨だけでも十分よく育ちます。

肥料の与え方

鉢植えの場合は、春から秋に液体肥料を2週間に1回ほど与えます。緩効性化成肥料の場合は月に1回の頻度で与えるようにしましょう。

また、花壇に地植えした場合は特に肥料は必要ありません。

肥料は与え過ぎてもよくないので、よく観察しながら育ち方に応じて与える頻度を調節してみても良いと思います。

赤葉センニチコウが鮮やかな赤い葉の色で育たない原因は?

葉の裏側をチラッとめくってみると、こんなに鮮やかなピンク色をしています。

赤葉センニチコウの葉は、秋になると赤色や暗い紫色から明るくて鮮やかな赤色に紅葉します。

ところが思ったように葉が鮮やかな赤い色にならなくて、なぜか緑色になってしまうという場合もあります。

もしそうなったら、

yume
yume
赤い葉が素敵だなと思って育て始めたのに、、なんで!?

と、残念な気持ちでいっぱいになりますよね。

実は赤葉せんにちこうが鮮やかな赤い葉で育たないという場合には、次のような原因が考えられます。

  • 暗い日陰で育てたため葉が緑色になる。
  • 肥料をやり過ぎたため赤い葉の色が出にくくなる。

もし、「あれ?思っていたような鮮やかな赤い葉にならないよ、、」

という場合は、上で書いたようなことから原因を探ってみて欲しいなと思います。

赤葉センニチコウの別名や品種

赤い葉と白い花が何とも言えないほどエレガント♪

私が植えた赤葉センニチコウには、「レッドフラッシュ」という別名もあります。

私は赤葉センニチコウの赤い葉とコンペイトウのような白い花のコントラストがオシャレだなと思って購入しました。

赤葉センニチコウの赤い葉は花が咲かない期間でも、カラーリーフとして寄せ植えにもよく使われます。

赤葉センニチコウには、私が購入したパールナイトという品種の他にも次のような品種があります。

  • 葉に明るいピンク色の斑が入る品種。
  • 葉の色がダークグリーンの品種。

赤い葉がオシャレな赤葉センニチコウですが、どの品種でも花の色は白色しかありません。

yume
yume
繁殖力が旺盛なヒメツルソバとよく似た花だなと思います。

ヒメツルソバについて書いた記事はコチラ!

【繁殖力が凄い!】ヒメツルソバの特徴や増やし方!花や葉の様子は?繁殖力が旺盛なヒメツルソバの特徴や増やし方、花や葉の様子について書いています。...

赤葉センニチコウは外でも冬越しできるの

赤葉センニチコウは寒さに弱いため、冬場に気温が下がり過ぎたり霜に当ててしまうとすぐに枯れてしまいます。

気温は約2℃までなら耐えられますが、寒くなってきたら室内に入れて冬越しさせましょう。

我が家で育て始めた赤葉せんにちこうは今年初めて冬を迎えるので、枯れないように慎重に冬越しさせたいなと思っています。

赤葉センニチコウが大きくなり過ぎた場合は切り戻しをしよう!

赤葉センニチコウは草丈が30〜50cmほどになります。丈夫でよく育つので、地植えにした場合はもっと丈が高くなる場合もあります。

地植えの場合は横幅も出てくるので、庭のグランドカバーとしてもピッタリです。

あまりにも大きくなり過ぎたなという場合は、思い切って高く伸びた枝の切り戻しをして形を整えましょう。

たくさん花を咲かせてよく育つ時期なら、切り戻しをしたところからまた新しい芽が出てどんどん育ちます。

赤葉センニチコウの花言葉

名前のように赤い葉がオシャレな赤葉センニチコウ。

さて、どんな花言葉がついているのかな?と気になったので早速調べてみましたが、赤葉センニチコウには次のような花言葉が付いていました。

  • 燃え上がった情熱
  • 熱しやすく冷めやすい

赤葉センニチコウの原産地は西インド諸島〜ブラジルということなので、この花言葉でも何となく納得できるかな?と思います。

お花のある暮らしで癒されましょう。



最後に

白いポンポンのような小さくて可愛い花を咲かせる赤葉センニチコウ。

この記事では赤葉センニチコウの苗を植え付けたので、育て方や赤い葉で育てるためのコツを紹介してみました。

赤葉センニチコウは育て方が簡単で丈夫でよく育ちますが、寒さに弱いため冬場は室内に入れて冬越しさせるのがおすすめです。

秋が深まるにつれ赤い葉の色が鮮やかになっていくみたいなので、これからどんどん紅葉していくのがとっても楽しみ♪

また、赤葉センニチコウは大きくなり過ぎたら切り戻しをして形を整えるようにしましょう。

生育旺盛な赤葉センニチコウは切り戻しをしてもすぐに新芽が出てきて、またすぐに育っていきます。

赤い葉がオシャレで素敵なので、ぜひ育ててみて欲しいなと思います。

ところで我が家では、いつの間にか鉢植えがどんどん増えてきたので、もっと置き場所が欲しいよ〜。このままじゃ狭くって^^;

それではまた・・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪