秋の花

赤葉センニチコウの育て方。植え付け方や鮮やかな赤い葉の色で育てるためのコツを紹介!

yume
yume
どうも、yumeです。

今年の危険レベルの暑さの中で夏の花もよく頑張ってくれたなぁ、、と、しみじみ。

夏の花が終わっていく時期になると、今度はどんな花を植えようかな?

と、秋の花が気になってきますね。

私も、もう秋向きの花の苗が出回りだしたので、つい先日赤い葉が美しい赤葉センニチコウの苗を購入してきました。

家の玄関周りにお花が植えてあると、帰ってきた時も気持ちが安らぎますね。

そこで今回の記事では、赤葉センニチコウの育て方や鮮やかな赤い葉の色で育てるためのコツを紹介してみようと思います。

赤葉センニチコウの育て方の参考にしてみてください。

赤葉センニチコウの苗の植え付け

赤葉センニチコウは、もう花の咲いている苗を購入してすぐに植え付けいきました。

赤葉センニチコウは、下記が苗の植え付けにぴったりな時期になります。

  • 春なら4月~5月中旬頃
  • 秋なら9月~10月中旬頃

また、花の鑑賞期間は8月〜12月頃までです。可愛い花を長く楽しめますね。

ちなみに、上で書いた花の鑑賞期間は、もう初めから花を咲かせてある苗を植え付けてわざわざ冬越しさせなかった場合になります。

あくまで目安として参考にしてみてくださいね。

わ〜お!!やっぱり思った通り根がビッシリ。

根があまりにもよく張っていたので、この前観たYouTubeを参考にハサミで十文字に切り込みを入れてみました。

横側にも4ヶ所ほどハサミで切り込みを入れます。

赤葉センニチコウは丈夫でよく育つので、やっぱり根の張り方も凄いですね〜^^;

赤葉センニチコウだけの鉢植えの出来上がり!

寄せ植えも良いですが、単品で植えた方が後々のお手入れも簡単です。

赤葉センニチコウは、苗の植え付けに水はけの良い土を使います。

私はいつも花用の培養土を使っています。

「失敗しない。失敗させない。」という言葉が心強い花ちゃん培養土!何もしなくてもそのまま使えて便利ですよ。

赤葉センニチコウの育て方のポイント!

赤葉センニチコウは、ヒユ科・ツルノゲイトウ属の多年草です。

早速、育て方のポイントを書いてみようと思います。

日当たりや置き場所

植物の育て方と言えば、一番最初に気になるのが日当たりや置き場所です。

植物はそれぞれ本来の性質が違うので、日当たりの良さは一番の悩みどころです。

赤葉センニチコウは日当たりの良い場所を好みます

日当たりが悪いと花付きが悪くなってしまいます。花をたくさん咲かせるためにも、日光がよく当たる場所で育てるようにしましょう。

水やりの仕方

赤葉センニチコウは、鉢植えなら水やりは土の表面が乾いたらたっぷりとします

また、冬場は水やりを控えて乾燥気味にします。

また、花壇などに地植えにした場合は、日照りが続かない限り水やりは必要ありません。雨だけで十分です。

肥料の与え方

鉢植えは、春から秋に液体肥料を2週間に1回、緩効性化成肥料なら月に1回の頻度で与えるようにしましょう。

また、地植えなら肥料は特に必要ありません。

肥料は与えすぎても良くありません。育ち方をよく観察しながら与える頻度を調節してみてくださいね。

液体肥料はすぐに効き目が表れます。

緩効性肥料は土に撒いておくだけで効き目が長く続きます。

赤葉センニチコウの葉が鮮やかな赤い色で育たない原因は?

赤葉センニチコウは、葉の裏側がこんな風に鮮やかなピンク色をしています。

秋になると、葉が暗い赤紫色からもっと明るい赤色に紅葉します。

ところが、葉が鮮やかな赤い色で育たなかったり、秋になっても紅葉してこないことも、、

もしそうなったら

yume
yume
えッ!なんで?

と、やっぱり残念な気持ちになりますよね。

ちなみに、赤葉センニチコウの葉が鮮やかな赤色で育たなかったり、秋になっても紅葉してこない時は下記のような原因が考えられます。

  • 暗い日陰で育てたため葉が緑色になる。
  • 肥料のやり過ぎで葉の赤色が出にくくなる。

もし、あれ?葉が思っていたような鮮やかな赤色にならないんだけど、、

という場合は、上で書いた原因をよく見直してみてくださいね。

赤葉センニチコウの別名や品種

赤い葉と白い花が何とも言えないほどエレガントですね〜♪

赤葉センニチコウには「レッドフラッシュ」という別名もあります。

赤葉センニチコウは、赤い葉とコンペイトウのような白い花のコントラストがオシャレ。花が咲いていない期間も、カラーリーフとして楽しめます。

花壇や庭のグランドカバー、寄せ植えなどにもよく使われますよ。

赤葉センニチコウには、次のような品種があります。

  • 葉に明るいピンク色の斑が入る品種。
  • 葉の色がダークグリーンの品種。

赤葉センニチコウは、どの品種でも花の色が白しかありません。

yume
yume
小さい花がヒメツルソバの花とよく似ているね。

赤葉センニチコウは外で冬越しできるの

赤葉センニチコウは寒さに弱いため、冬場に気温が下がり過ぎたり霜に当ててるとすぐに枯れてしまいます。

気温が2℃ほどまでは耐えられますが、気温が下がってきたら室内に入れて冬越しさるようにしましょう。

我が家の赤葉センニチコウは今年が初めての冬越しなので、温度管理に十分気をつけながら上手に冬越しさせたいなと思います。

赤葉センニチコウが大きくなり過ぎた場合は切り戻しをしよう!

赤葉センニチコウは草丈が30〜50cmほどになります。丈夫でよく育つので、地植えにした場合は丈がもっと高くなることも。

地植えの場合は、枝がどんどん横に広がって株にボリュームが出てきます。

株があまりにも大きくなりすぎたら、邪魔になってきた枝を切り戻して形を整えるようにしましょう。

アカバセンニチコウは成長が旺盛な時期なら、切り戻したところからまた新しく枝分かれしてちゃんと新芽が育ってきますよ。

赤葉センニチコウの花言葉

赤い葉がオシャレな赤葉センニチコウ。せっかくなのでちょっと絵も描いてみました。

さて、どんな花言葉がついているのかな?と気になって調べてみました。

赤葉センニチコウには下記のような花言葉が付いていたので紹介します。

  • 燃え上がった情熱
  • 熱しやすく冷めやすい

赤葉センニチコウは原産地が西インド諸島〜ブラジルということなので、ピッタリの花言葉だなと思います。あくまでイメージだけど^^;

最後に

白いポンポンのような小さくて可愛い花を咲かせる赤葉センニチコウ。

この記事では赤葉センニチコウの苗を植え付けたので、育て方や赤い葉で育てるためのコツを紹介してみました。

赤葉センニチコウの育て方はとても簡単です。

そんなに手間をかけなくても丈夫でよく育ちますが、寒さに弱いので冬場は室内で冬越しさせるようにしましょう。

また、秋になると鮮やに紅葉していきます。

ところで、うちの赤葉センニチコウはこれからどうなっていくのかな?今から楽しみです。

美しい葉はカラーリーフとして寄せ植えにもピッタリ。ぜひ育ててみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・

お花を趣味として楽しんだり、資格を取得して人生を少しでも豊かにしませんか?あなたにぴったりなガーデニング講座をいますぐチェック!→ユーキャンの全講座一覧

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などがたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。

また、旅行などで留守にするは、都合に合わせてスキップもできます。

プロが選んだオシャレなお花が飾ってある暮らしを、体験コース500円から手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかな?と毎回ワクワク。まるで贈り物のお花が届いたような気持ちに♪

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花のある暮らしを体験してみる



yumeのブログを読みにきてくださった方へ

いつもyumeのブログを読みにくださってありがとうございます。

この度、新たにyumeが新記事を更新するたびにあなたのパソコンやスマートホン、タブレットなどに新記事の通知が届く便利な機能を追加しました。

その名も、Push7!

「Push7」とは?

  • ブログ側と読者を繋ぐ無料のツール。
  • アプリを取得する必要がない。

料金が発生するわけではありませんので、安心して利用してくださいね。

yumeの新記事が気なるな〜という方は、下のボタンをポチッ!とするだけで新記事のお知らせが届くよ♪

↓    ↓    ↓    ↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です