春の花

初心者向きで超簡単!ガーベラの育て方や植え付け、冬越しの仕方を解説!

yume
yume
どうも、yumeです。

花の色が豊富なガーベラ。茎が弱くて繊細そうなので、自分で育てるは難しいかも?と、思っていませんか?

ところが、ガーベラは、園芸の初心者向きというほど育てるのが簡単な植物なんですよ♪

ところで、先日私は、ガーベラの改良品種のミニガーベラの苗を植えてみましたが、もちろんミニの場合も、育て方は普通のガーベラと同じです。

yume
yume
ミニガーベラは、普通のガーベラよりも花が小ぶりです。

そこで今回は、ガーベラの育て方や植え付け、冬越しの仕方などについて書いてみることにします。

もし、ガーベラを育ててみようかなと思っていたら参考にしてみてください。

ガーベラの苗の植え付け

こちらは、まださっき買ってきたばかりのミニガーベラの3号ポット苗です。花の色は、元気をもらえそうなオレンジ色と私の好きな赤色を選びました。

ガーベラは、苗が出回る時期の春と秋に植え付けます。

春の植え付け:3月〜5月。

秋の植え付け:9月の中旬〜11月。

ガーベラは多年草なので、上手に育てると毎年花を咲かせます。

苗を植え付ける前に、培養土に元肥として緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

ガーベラを植え付ける場合は、苗をポットを外したら、土を崩さないようにそのまま植え付けます。

yume
yume
根を傷めないようにしましょう。

良い根が張っています。

ガーベラは、大きく広げた葉がすぐに混み合ってくるので、苗の間隔を少し空けて植え付けていきます。

苗と苗の間にも、葉を持ち上げながら培養土を入れます。

苗の植え付けが終わったら、たっぷりと水をやっておきます。ガーベラを置いたら、玄関先がパッと明るくなりました。

ガーベラの苗は、まださっき買ってきたばかりなのですが、もう初めから全体が濡れていました。

苗を購入したホームセンターでは、葉や花にも水をかけていたみたい(^^;;

yume
yume
ガーベラは傷みやすいので、できるだけ花や葉には水をかけないでね。 

ちなみに、ミニガーベラを地植えで育てる場合は、少しだけ土を盛り上げるような感じで植え付けると、水はけが良くなりますよ♪

ガーベラを植え付けるための用土

今回私は、ガーベラの苗の植え付けに、何もしなくてもそのまま使える「花用の培養土」を使いましたが、自分でブレンドした培養土に植え付けても良いですよ♪

用土をブレンドする割合は?

赤玉土(小)6:腐葉土3:パーライト1が理想的。

ガーベラは多湿を嫌うので、できるだけ水はけの良い用土に植え付けましょう。

花用の培養土なら、ちょうど良い割合に配合されているので手軽に使えます。

ところでうちのご近所の家では、ガーベラを庭に地植えにしてありますが、よく株を太らせて毎年可愛い花をたくさん咲かせているので、いつも私は、とっても羨ましいなと思っています。

ということで、ミニも含めてガーベラは、栽培環境さえ良ければ毎年花をたくさん咲かせてくれます。

初心者でも超簡単!ガーベラの育て方のポイント

次は、ガーベラの育て方をポイントごと書いていきます。

育て方は、基本的にミニの品種も普通のガーベラと同じです。

日当たりや育てる場所

ガーベラは、風通しや日当たりが良い場所を好みます。

日当たりが悪いと、あまり花が咲かなくなるので、半日以上は日光が当たるようにします。

また、夏場は、西日や強い日差しに当てないように場所を移動させましょう。

水やりの仕方

温暖な気候の南アフリカが原産地のガーベラ。

ガーベラの水やりは、頻度を控えめにして、土が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいタップリとします。

ちなみに、花や葉に水がかかると傷んでしまうので、水やりは葉を持ち上げて株元にします。

また、ガーベラは、土が絶えず湿っている状態だと根腐れしてしまうことも。

とはいえ、水切れで乾燥し過ぎても、成長が止まってしまいます。

水やりは、どの植物を育てる場合でも一番難しいポイントなので、土の乾き具合を実際に手触って確かめながら、ぴったりなタイミング掴むようにしましょう。

ちなみに私は、水やりのタイミングを、鉢を持ち上げてみた時の鉢の重さでも判断していますよ。

肥料の与え方

ガーベラのは、植え付ける時に元肥として土に緩効性肥料を混ぜ込んでおきますが、春と秋の花がたくさん咲く時期にも必要です。ゆっくりと効き目が表れる緩効性肥料を株元に与えましょう。

ガーベラの開花時期

ガーベラは、春と秋に2回花を咲かせます。

春の開花時期:4月から6月。

秋の開花時期:10月から11月。

生育が旺盛な時期は、葉が茂り過ぎると日光が株元に当たらなくなるので、花数が減ってしまいます。

花をたくさん咲かせるためにも、時々、古くなってきた葉をちぎってスッキリさせると、花がたくさん咲くようになります。

ガーベラは、花の色がたくさんあるので、玄関先の彩りとしてもぴったり♪

花が小ぶりなミニガーベラは、他の花と一緒に寄せ植えにしても可愛いですよ。

育てたガーベラを切り花に!花持ちや茎の摘み方は?

ガーベラは鉢植えはもちろん、切り花としても結構長持ちします。

花持ちの良さは、季節や室温によっても違ってきますが、冬場なら、水替えをしっかりとやった場合で1週間くらい持ちます。

もし、育てているガーベラを切り花として飾る場合は、茎を途中から切らずに株元からクルッとひねるとキレイに取れます。

株元からキレイに取れると、こんな感じ♪

是非、ハサミを使わずにやってみてくださいね。

ガーベラは茎が弱いので、切り花で飾る場合は花瓶の水はほんの少しにします。茎が1cmくらい浸かれば十分です。

疲れたなと思った時は、明るい色のガーベラで癒されて欲しいなと思います♪

お花のある暮らしで少しでも癒されましょう。ポストに届くお花の定期便はコチラから。



ガーベラの冬越し

ところで、最近は急に寒くなってきたので、そろそろガーベラの冬越しのことも気になりますね。

ガーベラは、よほど寒さが厳しい地方じゃない限りは、冬場も外で冬越しができます。寒さには強いですが、霜が当たらないような軒下やベランダに移動させた方が良いです。

たとえ冬場に葉が枯れてなくなってしまっても、根が元気な場合は、また春になったら新芽を出し始めます。

茎や葉が枯れてなくなってしまっても、根は冬場も生きているので、土が乾いていたらたまに水やりをしましょう。

yume
yume
水をやり過ぎると、根が腐るので気をつけましょうね

ガーベラの花言葉

次は、ガーベラの先般の花言葉を紹介します。

  • 希望
  • 前進

どちらの花言葉も、明るい雰囲気のガーベラによく合います。贈り物のお花を選ぶ時の参考にしてみてください。

最後に

明るい雰囲気を感じさせるガーベラ。

切り花として飾っても素敵ですが、玄関先で育てても可愛い花に癒されます。

ガーベラは茎が弱いので育てるが難しそうな気がしてしまいますが、水やりさえ気をつけたら育てるのは意外と簡単です。

花の咲く時期が長いので、玄関先の彩りにもなります。ぜひ育ててみてくださいね♪

それではまた・・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪