お役立ち情報

木に寄生するヤドリギを発見!実や花の時期や特徴、花言葉を紹介します

yume
yume
最近は、もうすっかりウォーキングが日課になってきたyumeです。

ウォーキングは、健康のためや運動不足の解消のためにと思って始めたのですが、

意外と気分転換にもなっているので、三日坊主どころか、毎日のように楽しく続けられています。

ところで、私がいつもウォーキングをしているのは、桜並木がある川沿いの土手なのですが、

先日、桜の木の枝にヤドリギ(宿り木)かな?と、迷ってしまうような植物がついているのを見つけました!

そこで、最近になって、やっとヤドキリの存在を知った私は、これは絶対にヤドリギに違いない!

と、張り切って写真を撮ってきたので、早速この記事で紹介してみようと思います。

木に寄生するヤドリギについて少しでも参考になれば嬉しく思います。

丸い植物の塊は木だったの?!木に寄生するヤドリギを発見!

実は、私は、もうずっと前から桜の木に丸い植物がついているのを知っていましたが、

てっきり鳥の巣だと信じ込んでいたので、

yume
yume
上手に作ったなぁ

というくらいにしか、思っていませんでした^^;

木に寄生する植物のヤドリギの存在は、最近になって初めて雑誌で知ったのですが、

yume
yume
もしかしたら、あれもそうかも!

と、ウォーキングの途中で見つけた桜の木についていた丸い植物の塊が気になってきました。

そこで、先日、立ち止まって改めてよ〜く見てみたら、

私が、ずっと鳥の巣だと思っていた、まん丸な植物の塊は、間違いなくヤドリギだということがわかりました。

こちらは鳥の巣。よく見たら、枝ばかりで全然ヤドリギとは違っていました(^^;;

ということで、もし私が、あのままずっとヤドリギという植物の存在を知らずにいたら、

きっと私は、木についたまん丸な植物の塊を、一生、鳥の巣だと思っていたに違いない。やばい^^;

ヤドリギの特徴

ヤドリギは、次のような植物です。

  • ビャクダン科
  • 常緑性の低木
  • 多年生植物

ヤドリギは、他の木に「寄生根」と呼ばれる根を張って、木の栄養を吸収して成長する寄生植物ですが、

自ら光合成もするので、半寄生植物といえます。

ヤドリギは、冬にヤドリギの実を食べた鳥が木の枝にフンをつけて、その中にあった種子が、かなり低い確率で木に根を生やし寄生し始めます。

ヤドリギが寄生している木の種類

私がヤドリギを見つけたのは桜の木でしたが、ヤドリギは桜の木の他にも、次のような木によく寄生しています。

  • エノキ
  • クリ
  • アカシデ
  • ヤナギ類
  • ブナ
  • ミズナラ
  • クワ
  • シラカバ

ところで、ウォーキングの途中で見つけたヤドリギは、木の上の方に、たったひとつだけしか付いていませんでしたが、

1本の木に、もっとたくさん寄生して育っていることもあるみたいですよ♪

本当は、せっかくだし、もう少し近くでじっくりと観察してみたいなと思ったのですが、

ヤドリギがついた桜の木は、土手の急な斜面に植えられているので、残念ながら、遠くから眺めたり写真を撮ることぐらいしかできませんでした(^^;;

ところで、ヤドリギは、普段は気が付いていないだけで、近くの公園の木にも寄生しているかも。

木に寄生するヤドリギを見つけやすい時期

他の桜の木も探してみたら、小さいのを2個見つけました。

また、他の木にも!こちらは、まん丸じゃないけど、間違いなくヤドリギです。

ところで、私が見つけたヤドリギは、冬の初めには遠くからでもハッキリと目立つようになっていたので、

木が落葉する秋の終わりから冬場が、ヤドリギを最も見つけやすい時期ということになります。

ヤドリギは、ボールみたいにまん丸なので、簡単に見つかりますよ♪

木に寄生するヤドリギの大きさ

こちらは、私が見つけたヤドリギの、どアップ!(ω)

私が見つけたヤドリギは、遠くから見ただけで、実際に大きさを測ってみたわけではありませんが、

大きさは、直径が約50cmはあると思います。

ちなみに、ヤドリギは、大きなものだと、直径が約1mになるものもあるそうですよ♪

私も、是非そんな大きなヤドリギを見てみたいなと思っています。

木に寄生するヤドリギの花の時期や特徴

ヤドリギは、2月〜4月頃に直径が2cmくらいの黄緑色の花を咲かせます。

小さくて目立たない花なので、ほんの近くで見ないと、気がつかないかもしれませんね。

木に寄生するヤドリギの実がなる時期や特徴

日本産のヤドリギは、秋から冬の初めに淡黄色や赤色の実をつけます。

ちなみに、実が赤色に熟すものは、「アカミヤドリギ」という品種として区別されています。

ヤドリギの実は、冬鳥のヒレンジャクやキレンジャク鳥が好んで食べるので、見つかるとすぐに食べられてしまいますが、

もし食べられてしまっても、ヤドリギの実の中にある種子は粘り気が強い膜で覆われているので、

その種子が、鳥のフンの中にネバネバのまま残り、また、違う木の枝にしっかりとくっ付きます。

ところで、ヤドリギは、高い木の枝に育つことが多いので、自然の中で採るのってなかなか大変じゃないかな?と思いますが、

ヤドリギの実は、最近人気の、クリスマスリースなどのハンドメイドにもよく使われます。

https://twitter.com/mintmomosaku/status/1329039319873449984?s=20

 

ヤドリギの花言葉

色々なことを知れば知るほど興味が湧いてくるヤドリギ。

次は、ヤドリギの花言葉を紹介します。

  • 困難に打ち勝つ
  • 忍耐

ヤドリギの花言葉は、他の植物に寄生して逞しく育つヤドリギにピッタリ♪

最後に

桜の木にくっ付いていたまん丸な植物の塊。

私は、もうずっと前から鳥の巣だと思っていましたが、実は、それは、ヤドリギという寄生植物だということがわかりました。

知らなかったことを知るって、なんだかワクワクしてくる〜(*^^)v

ヤドリギは、意外と近くの公園でも見つかるかも。

冬の初めになったら見つけやすくなるので、落葉した木があったら見上げてみてね♪

それではまた・・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪