観葉植物

育てるのが簡単で人気の観葉植物!オリヅルランを植え付けたので育て方を解説します

どうも、yumeです。

これこそまさに”灯台下暗し”。

私は植物が大好きなのに、あの超メジャー級で人気のオリヅルランをまだ一度も育ててみたことがありませんでした。

あまりにも短にあり過ぎて、返って育ててみようとは思わなかったということになりますかね。

そう言えば、お隣の家の玄関先にも長年オリヅルランの鉢植えが置いてあります。

先日、ホームセンターの園芸コーナーで見かけたオリヅルラン。涼しげな葉がオシャレだなと思って購入してきました。

オリヅルランは冬の寒さにも強くて、育てやすい観葉植物になります。

そしてすぐに植え付けたので、今回の記事はオリヅルランの植え付け方や育て方など書いてみようと思います。

もしあなたが観葉植物オリヅルランについて色々と知りたいなと思っていたら読んでみてください。

オリヅルランの植え付け時期

オリヅルランは、春から秋の成長期の5〜10月が植え付けるのに良い時期になります。

とはいえ真夏は株が弱るので、できるだけ真夏の暑い時期を避けて植え付けた方が上手く根付きます。

ところで今回植え付けたオリヅルランは、まだまだ夏の厳しい暑さが残る時期だったけど大丈夫かな?ちょっと不安^^;

オリヅルランを植え付けるための用土

オリヅルランを植え付ける場合は、水はけの良い土を使います。

もちろん土は自分でブレンドしても構いませんが、花用の培養土観葉植物の土ならそのまま使えるので手軽です。

ちなみに自分で土をブレンドする場合は、赤玉(小粒)5:腐葉土3:川砂2の割合がおすすめです。

オリズルランの葉が茶色に変色してしまう原因は?

こちらが購入したオリヅルラン(ナカフヒロハオリヅルラン)。よく見てみると茶色に変色している葉がありました。

yume
yume
そんなの気が付かないで購入したからちょっとショック。

オリヅルランの葉が茶色に変色する原因は色々あるので、一概にそうだと言えない場合もありますが、

まず原因として考えられるのは、次のような場合です。

  • 直射日光に当てたため葉焼けを起こした。
  • 根詰まりしていて水を吸収できなくなっている。
  • 肥料やけを起こした。

原因がはっきりしない場合は、思い当たることから探っていくしかありません。

ひとまわり大きい鉢に植え替えることで、意外と解消していく場合もありますので。

オリヅルランの茶色に変色した葉をカット!

茶色く変色してしまった葉をハサミで斜めにカットしました。

茶色くなった葉をカットする場合は、まっすぐに切るよりも斜めに切った方が見た目も違和感がなくて良いと思います。

ということで悪いところはサッパリと切り落としたので、これから様子を見ながら育てていこうと思っています。

オリヅルランの日当たり

オリヅルランは日陰でもよく育つので、室内でも育てやすい観葉植物です。

オリヅルランを室内で育てる場合は、明るい日差しが入る窓際がおすすめの場所です。

オリヅルランは夏の暑さにも強く真冬以外は外で育てることもできますが、直射日光に当てると葉やけを起こしてしまう場合もあります。

オリヅルランを外で育てる場合は、風通しの良い明るい日陰で育てるようにしましょう。

もしも、うちにはそんな場所なんてないよ〜(^^;;

という場合は、スダレや遮光ネットを使って影になるように工夫してみてもいいと思います。

とにかく直射日光には弱いので、1日中強い日差しがガンガン当たるようなところには置かないようにしましょう。

オリヅルランの水やり

苗をポットから出してみたら、こんなに太い根が生えていました。

オリヅルランは太い根があり乾燥に強い性質なので、毎日決まったように水やりをする必要はありません。

鉢植えで育てる場合は、土が乾いてからたっぷりと水やりをしましょう。

もし水やりのタイミングで迷ったら、「葉がちょっと萎れてきたかな?」というタイミングでも十分間に合います。

とはいえ成長期はよく水を吸うので、すぐに土が乾きます。油断していると、うっかり水切れしてしまうことも。

また冬場は成長が止まるため、水やりを控えて土が乾燥した状態で育てます。

冬場は根腐れを起こさないためにも、土が十分乾いてから水やりをしましょう。

yume
yume
水やりは土や葉の状態を見ながら、ちょうど良いタイミングを掴んでいってくださいね。

オリヅルランの肥料の与え方

オリヅルランは、植え付けるときに元肥として緩効性肥料を土に混ぜ込みます。

その後成長期の5〜9月頃までは緩効性肥料と液体肥料のどちらでも良いので、2ヶ月に1回ほどの頻度で与えると生き生きとよく育ちます。

ちなみに、冬場は成長が止まるので肥料を与える必要はありません。

オリヅルランを育てるのが簡単な理由をまとめて解説!

長い葉がキレイ♪やっぱり吊り鉢じゃないと無理だったかな?置くための台が必要みたい^^;

観葉植物の初心者でも育てるのが簡単で、ほとんど失敗しないと言われているオリヅルラン。ユリ科の多年草で南アフリカ原産の植物です。

次はオリヅルランを育てるのが簡単な理由をまとめてみます。

  • 夏の暑さや冬の寒さにも強い。(ただし霜対策は必要)
  • 日陰でもよく育つので、観葉植物として室内でも育てやすい。
  • 繁殖力が旺盛でどんどん増えて逞しく育つ。

たくさんある観葉植物の中には温度管理が必要な繊細な植物もありますが、オリヅルランはその中でも逞しくて育てやすい方になります。

今回植え付けたオリヅルランの苗は、まだ昼間は残暑が厳しいから大丈夫かな?とちょっと心配もありますが、なんとか元気に育って欲しいなと思っています。

その後、オリヅルランの花が咲くまでの成長を書いた記事はコチラ!

観葉植物オリヅルランに花が咲いた!植え付けた後の成長記録を紹介します 今年の夏に観葉植物としてお馴染みのオリヅルランを植え付けましたが、あれから約3ヶ月。 現在12月に入ったと...

オリヅルランの植え替え

オリヅルランは成長が早いので、すぐに鉢の中が根でいっぱいになります。

もしそうなったら成長の妨げになるので、毎年1回くらいのペースで植え替えるのが理想的です。

オリヅルランを植え替える時期は5〜9月土をよく落としてから古い根を少し切り落とし、一回り大きな鉢に植え替えます。

また、オリヅルランは植え替えのタイミングで株分けをしたり、ランナー(長く伸びた茎)の先に育った子株で簡単に増やすこともできます。

通販で観葉植物を購入するなら産地直送で届くひとはな公式サイトから。

オリヅルランの花言葉

涼しげな葉が素敵なオリヅルランには、次のような花言葉が付いています。

  • 子孫繁栄
  • 集う幸福

繁殖力が旺盛なオリヅルランらしい花言葉ですね。結婚祝いの贈り物としても喜んでもらえると思います。

最後に

オリヅルランは観葉植物の中でも育てやすい方なので、そんなに観葉植物を育てた経験がなくても元気に育てることができます。

涼しげな葉がオシャレで、ランナーの先に子株が付く姿もとっても可愛いです。

またオリヅルランは繁殖力が旺盛なので、私もこれから成長していくのを楽しみにしています。

もしこれから先どんどん増やしていったら、家中がジャングルみたいになるかも♪

それではまた・・・

オリヅルランの購入はひとはな通販サイトから。

私が通販サイトひとはなで植物を購入した感想を書いた記事はコチラ!

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想 ところで通販でお花を購入するのは、本当に大丈夫?ちょっと不安だな、、、 そう思っていませんか? ...
フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪