観葉植物

100均のミニ観葉植物フィロデンドロンがよく育って新株が増えてきた!

どうも、yumeです。

キッチンや部屋の窓辺に緑の観葉植物が置いてあるとホッとして癒されますよね。

緑には人の気持ちを癒したりリラックス効果があると言われていますが、私も本当にそうだなと思っていて、いつも我が家の観葉植物に癒されています。

ところで、我が家で育てているフィロデンドロンは2年ほど前に100均のダイソーで購入したものですが、なんと意外とよく育って新しい株が次々と増えてきました。

ところが、、

yume
yume
実は私、観葉植物を枯らしたことが数え切れないほどたくさんあります。

でも、失敗してこそ!植物は生きものなので上手くいかないこともあります。

ところが失敗を重ねていく間に勘が働くようになるというか、失敗しながらコツをつかんでいくことだってたくさんあります。

そこでこの記事では、成長期に新株を増やしているフィロデンドロンの様子や育て方を書いてみようと思います。

フィロデンドロンは種類が豊富

フィロデンドロンの種類は約650種類もあってサトイモ科熱帯性植物の一部を総称してフィロデンドロンと呼ばれています。

フィロデンドロンはつる性と直立性に分けられますが、下記がその代表的な種類です。

  • つる性のもの:オキシカルジューム・アンドレアヌム
  • 直立性のもの:セローム・クッカバラ

フィロデンドロンには、これも本当にフィロデンドロンなの?と疑ってしまうほど葉の大きさや草丈など見た目が全く違うような種類も数多くあります。

フィロデンドロンの葉の特長

我が家で育てているフィロデンドロンは、購入したときには札に「フィロデンドロン」と書かれていただけなので、実は種類まではよくわかっていません(^^;;

ただ、育て始めてからもう2年目なので、つる性でもなければ葉に切れ込みが入るような種類でもないということだけは確かだなと思っています。

それに、今のところ草丈がそこまで高くなっていくような気配もありませんけど、どうなんでしょうかね。

私はこのフィロデンドロンのツヤツヤした葉がオシャレだなと思って気に入っていますが、葉には縦に線も入っています。

大きな葉はまだ最近伸びてきたばかりなのに一番大きくてツヤツヤ♪

 

成長期のフィロデンドロンが育つ様子は?

フィロデンドロンは、春になって成長期に入ってからは毎日のように新しい葉が次々と増えてきました。

5月頃からの成長は?と言うと、、

yume
yume
すごい勢いで頑張ってるね〜!

という感じで、どんどん葉を増やして草丈も伸びてきたので5月に入ってすぐにひと回り大きな鉢に植え替えました。

フィロデンドロンの種類について書いた記事はコチラ!

100均で購入した観葉植物フィロデンドロンの種類は?葉に模様が入ってきた! 100均で購入した我が家のフィロデンドロン。 初めは100均の観葉植物だし多分ちゃんと育たないだろう、、 ...

フィロデンドロンが新しい株を次々と増やし始めた!

気が付いたら新しい株が増えていたので、植え替えと同時に新しく増えた株を他の鉢に分けました。

まだ株を分けてから2ヶ月ほどしか経っていないので小さくて弱々しいですが、新しい葉が次々と増えてきています。

購入した時は、確かこれくらいの大きさだったような、、、

yume
yume
これからの成長が楽しみ。

そして、よく見てみると隣にまた新しい株が増えていました!

こちらもまた、次の植え替えのタイミングで株分けすることにします。

フィロデンドロンは5月頃から成長期に入ったため、次々と新しい株が増えてきています。

yume
yume
放ったらかしって感じなのに凄い!

フィロデンドロンの育て方のポイントを解説!

私は2年間ほどフィロデンドロンを育ててきましたが、実は育てるのが難しいと感じたことは一度もありませんでした。

もちろんフィロデンドロンは種類がたくさんあるので一概には言えないと思いますが、

我が家で育てている種類のフィロデンドロンは、そんなに手間を掛けなくても丈夫でよく育っています。

ということで、次はフィロデンドロンの育て方のポイントを書いていこうと思います。

日当たり・置き場所

フィロデンドロンは日当たりの良いところを好みますが、直射日光に当てると葉焼けをおこすことがあります。

できるだけ、レースのカーテン越しなどの柔らかい日差しの当たる場所に置いて育てましょう。

春から秋は外で育てても構いませんが、外なら強い日差しが当たらない明るい日陰に置いた方が良いです。

また、フィロデンドロンは寒さに弱い種類が多いので、冬場は10℃以上の温度が必要になります。

温度管理のためにも、冬場は温度が下がり過ぎる場所に置かないようにしましょう。

yume
yume
我が家ではフィロデンドロンをキッチンの明るい窓辺に置いてありますが、よく育っているということは、多分ちょうど良い環境なんだと思います。

水やりの仕方

春から秋の成長期のフィロデンドロンは、ビックリするほどよく育ちます。

成長が旺盛な時期の水やりは、土の表面が乾いたタイミングでたっぷりとしましょう。

冬場は休眠期に入るので、水やりは夏場よりも控えめにします。

頻繁に水やりをしていると根腐れするので、冬場の水やりは土が完全に乾いてからでも十分間に合います。

yume
yume
冬場の水やりは慎重に!

肥料の与え方

フィロデンドロンは成長期の5月〜9月頃にはどんどん育つので、すぐに効果が表れる液体肥料を2週間に1回程度与えます。

また、2ヶ月に1回程度の頻度で効き目がゆっくりと表れる緩行性化成肥料を株元に与えるようにします。

観葉植物は冬場は休眠期に入りますが、フィロデンドロンも冬場は休眠期に入り成長がほとんど止まった状態になります。

というわけで、休眠期の冬場は肥料は必要ありません。株に負担がかかるので、与えないようにしましょう。

最後に

我が家で育てているフィロデンドロンは2年ほど前に100均で購入したものですが、成長期には勢いよく育って次々と新しい株を増やしています。

フィロデンドロンは冬場の水やりにだけ気を付けたら、観葉植物の中でも育てやすい方になります。

私は今までに何度も観葉植物を枯らしてしまったことがありますが、

フィロデンドロンは全然手間をかけていないのに、今のところ枯れるような気配は全くありません。

ということで、多分誰にでも安心して育てられると思います。

新しく出てきた葉がツヤツヤでとっても可愛いよ♪

それではまた・・・

オシャレな観葉植物の購入はコチラ。→HitoHana公式サイト

私がHitoHanaで贈り物の植物を購入してみた感想を書いた記事はコチラ!

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想 ところで通販でお花を購入するのは、本当に大丈夫?ちょっと不安だな、、、 そう思っていませんか? ...
フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪