お役立ち情報

フウセントウワタの切り花の特徴や飾る時の注意点。風船のような実がユニーク!

yume
yume
どうも、yumeです。

私はユニークな形をしたフウセントウワタの実が好きなので、切り花としてたくさん出回る時期になるとよく部屋の中に飾っています。

ところで、最近は色々な切り花が一年中豊富に出回っているので、季節感がなくなってしまったと言えばそれはそうなのですが、

私は、いつでも色々なお花を飾って楽しめるのが嬉しいなと思っています。

そこで、今回の記事はたくさんある切り花の中でも、実を飾って楽しむフウセントウワタの切り花の特徴や飾る時の注意点について書いてみようと思います。

フウセントウワタの切り花を飾ってみた!

私がフウセントウワタの切り花を活けたのは、年明け早々の1月。この時期は、実がほんのりと紅葉していてめちゃくちゃ可愛い♪

フウセントウワタの実は、名前のように風船のような独特な形をしていてとっても個性的。フウセントウワタだけで飾っても十分可愛いなと思います。

でもでも、、他の切り花と一緒に飾っても、それもまた可愛い♪

ストックの切り花と一緒に活けてみたら、ボリュームたっぷりで豪華な雰囲気になりました。

そんな感じでフウセントウワタは、単品でも他の花との組み合わせでも、どちらでもOK!というとっても万能な切り花です。

yume
yume
花束にもぴったりです。

フウセントウワタの切り花の特徴

フウセントウワタは南アフリカ原産のガガイモ科・フウセントウワタ属。切り花としては、花ではなく風船のように膨らんだ実を鑑賞します。

フウセントウワタの実は、ほおずきやサンダーソニアのように茎にぶら下がるようにしてついていますが、大きい実は直径が8cmほどもあります。

葉は細長い形をしていますが、傷みやすいのでお花屋さんなどに出回っている切り花にはほとんで葉がついていません。

また、フウセントウワタの切り花は、まるで竿?

という感じで、長い枝のまま販売されていることもあります。もし長過ぎて活け難い場合は、できるだけ実を残すように茎を途中で切ってから飾ります。

フウセントウワタの切り花が出回る時期

フウセントウワタがお花屋さんで切り花としてたくさん出回る時期は、夏から秋の8月〜10月頃。

ちなみに、道の駅などのように地元の畑で採れた野菜やお花を直接販売しているようなところでは、冬場でも販売されていることがあります。

フウセントウワタの実は、夏には薄い黄緑色をしていますが、秋になると紅葉してほんのりと赤く色づきます。

フウセントウワタの切り花を飾る場合の注意点

切り口から白い液体がたくさん出てくるはずなのですが、今回は冬場だからかな?旬の時期のように溢れ出すという感じではありませんでした。

フウセントウワタは茎を切ると切り口から白い液体が出ます。肌につくとかぶれることがあるので、切り口を触らないようにしましょう。

実のところどころにも、白い液体がついていました。

もし白い液体が肌についてしまった場合は、すぐに水で洗い流すようにしてください。

また、白い液体は茎の切り口を塞いでしまうので、フウセントウワタを切り花として飾る場合は、水切りした後に茎の切り口をよく洗い流してから活けるようにしましょう。

フウセントウワタの花

フウセントウワタは可愛い花を咲かせるということなのですが、残念ながら、まだ私は一度も花を見たことがありません^^;

フウセントウワタは6月下旬~9月頃に直径が1.5cmほどの小さなクリーム色の花を咲かせるということです。まるでシャンデリアのように下向きに咲くみたいですね♪

yume
yume
フウセントウワタは花も可愛い!

フウセントウワタの実の特徴。中を覗いてみた!

フウセントウワタの切り花には、実が鈴なりという感じでたくさんついています。

実の表面にトゲが!

実の裏側はこうなっています。

フウセントウワタの実の表面には、針のようなトゲトゲがあります。このトゲのようなものは見た目とは違って柔らかいので、手で触っても全然痛くありません。

実はまるで風船を膨らませたように軽くて、手で押さえてみるとフカフカしています。

実の中の様子は?種は?

フウセントウワタの実は、熟すと中からタンポポのような種が飛び出してくるということなのですが、それまで待ち切れないので割って実の中を見てみることに!

まだ実が若いので、どうやら中から種が自然に飛び出してくるまでには、まだ時間がかかりそうです。

yume
yume
無理やり割っちゃってごめんね。

ところで、種はどこにあるのかな?

多分ここかな?と思って中心の緑色の硬い部分を開いてみると、、、中にはまだ白い種がビッシリ!

この種がだんだんと黒くなってそのうち綿毛と一緒に飛んでいくのかぁ。改めて観察してみると、う〜ん、なかなか面白い♪

こちらは、その後偶然見かけた種が飛び出してしまったフウセントウワタ。切り花にしてからでもこんな感じで弾けてくるんだ〜(≧▽≦)

それにしても、うちの近所では、フウセントウワタを栽培しているのを見たことがありません。種がフワフワと風に乗って飛んでいる様子も、一度は見てみたいなと思います。

 

フウセントウワタの別名

フウセントウワタ(風船唐綿)には、フウセンダマノキという別名もついています。

もちろん、別名も風船を膨らませたようなユニークな実の形からつけられたのでしょうね。見た目そのまんま!というかんじで、別名もまた、わかりやすくてなかなか良い名前ですね。

フウセントウワタの花言葉

次は、フウセントウワタの花言葉を紹介していきます。

フウセントウワタには、花と実で違う花言葉がついています。

  • フウセントウワタの「花」の方に付いている花言葉=隠された能力
  • フウセントウワタの「実」の方に付いている花言葉=たくさんの夢

どちらの花言葉も、良い印象ですね。

花についた「隠された能力」という花言葉は、花の後に切り花として楽しまれるようなユニークな実をたくさんつけることから付いたのかな?

また、実の方の「たくさんの夢」という花言葉は、タネが付いた綿毛が風に乗ってたくさん飛んでいく姿から付いたのかな?

と、もちろんこれは、あくまで私の憶測ですけど♪

お花のある暮らしで少しでも癒されましょう。500円から始められるお花の定期便の詳細はコチラ。

↓     ↓     ↓



最後に

フウセントウワタは実を鑑賞する切り花。トゲトゲのユニークな形をした実は、花瓶に活けても花束にしても個性的な姿が楽しめます。

また、フウセントウワタの実はドライフラワーにもなるので、私も今度はリースを作るのに使ってみたいなと思っています。

フウセントウワタは切ったところから白い液体が出るので、肌につかないように注意しながら飾ってみてくださいね♪

それではまた・・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。留守にする時はスキップもできます。

お花が飾ってある暮らしが手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかなと毎回ワクワク♪お花の定期便のお得なキャンペーンを今すぐチェック!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です