ハンドメイド

花束のリボンの結び方を紹介!簡単なコツでラッピングが一段と素敵に

最近はハンドメイドが大人気。

ハンドメイドのサイトにも、よくクオリティの高い素敵な作品がたくさん出品されています。

yume
yume
ハンドメイドが大好きで、スワッグやリースなどをよく手作りしているyumeです。

ハンドメイドの作品では、仕上げにリボンを結ぶ機会も多いと思います。

ところで、ハンドメイドが好きなあなたは、リボンがキレイに結べなくて困っていませんか?

リボンの結び方でよく見かけるのは、一般的な「リボン結び」です。

「リボン結び」は単純な結び方なので簡単そうに見えますが、少しでもキレイに!と思うとなかなか難しいものですよね。

私は、仕事がらリボンを結ぶ機会もたくさんあります。

ところが、慣れない間はなかなかキレイに結べなくて、いつも四苦八苦していました。

それでも、一般的な「リボン結び」は、コツさえ掴んだら意外と簡単にキレイに結べるようになります。

そこでこの記事では、ハンドメイド作品などで結ぶ機会の多いリボンのキレイな結び方を紹介してみようと思います。

リボンの結び方のコツ。裏表のあるリボンを簡単に!

ところで、リボンといっても種類が色々あります。

そこで今回は、裏表のあるリボンのキレイな結び方「リボン結び」のコツを紹介してみます。

裏表のあるリボンは、結び終わった時に全ての面が表向きになるように結ぶとキレイに仕上がります。

今回は、ハンドメイドしたドライフラワーの花束にリボンを結んでみることにします。

まず初めに、リボンを結ぶところを輪ゴムで留めておくと結びやすいですよ。ラッピングの上から・・

今回は、裏表のあるシックな黒色のリボンを結んでいきます。

裏表があるリボンは、だいたい表がツルツルで裏がザラッとしたものが多いです。

ということで、裏表はもし柄がなくても簡単にわかることが多いです。たまに、あまりよくわからないものもありますけど。

リボンは上になっている方をひねらずにそのまま下から通します。そして、1回結びます。

1回結んだらリボンがこんな風になります。リボンは左側が表で右側が裏向きになります

ここまでは、いつもの結び方と同じだと思います。多分^^;

次は、左側のリボンを輪にして指でしっかりと押さえます。そして、リボンの輪を右側に持っていきます。

右側のリボンをさっき作ったリボンの輪の上から軽めに巻いていきます。リボンは常に表向きです。

その上から、右側のリボンを同じように更にもう1回巻いていきます。

2回目に巻いたリボンは、輪を作ってから左手の親指のところに入れていきます。この時は緩めに巻いておきます。

リボンは、全ての面が表向きになっているようにします。

次は、2回目に巻いたリボンを輪にしながら左手の親指が入っているところにそのまま入れていきます。

リボンが全て表向きになっているかを確認します。そして、最後にギュッ!ときつく結びます。

リボンは、1回結んだらもうやり直しが効きません。慎重に^^;

もしやり直すことにでもなったら、せっかくのリボンがシワシワに|ω·`)そんなの残念

リボンの輪の中に親指を入れて強めに結びます。

輪の下側をギュッ!と引っ張ると、結び目がきつく締まります。そして、左右のバランスを整えていきます。

垂れさがったリボンの両端を斜めに切ります。これでリボン結びの完成!!

ドライフラワーの花束も、リボンを結んだらなかなかオシャレ♪リボンが上手く結べていると、ハンドメイド作品のクオリティも上がると思います。

その後、自分で作った花束に裏表のあるリボンを結んでみました。こちらの動画も参考にしてみてくださいね。

動画の方が細かいところまでわかりやすいかも♪

今回私がリボンを結んでみた、ドライフラワーの作り方はこちらの記事で紹介しています。

バラとかすみ草のドライフラワーを簡単に手作り!美しく仕上げるための5つのコツを紹介バラとかすみ草のドライフラワーを手作りする時に自分でもキレイに出来るコツについて書いた記事です。吊るしておくだけの手軽なハンギング法で作ってみたら、その仕上がりは思っていた以上の出来栄え!...

リボンの結び方は、慣れないとなかなか上手に結べないこともあります。でも、慣れたら意外と簡単に結べるようになってきますよ。

私もそうだったのでよく分かります^^;

一般的な「リボン結び」は、リボンを始めから長めにしておいたほうが結びやすいです。

長めなら、結んでいる途中でリボンがうっかり抜けてしまうこともありません。

ハンドメイド作品は、リボンがキレイに結べているだけで一段とオシャレになります。そして、作品のクオリティーも上がると思います。

裏表のあるリボンは、全部の面を表にして結ぶために、上で書いたようなちょっとしたコツがあります。

それでも、コツさえ掴んだら誰にでも簡単に結べます。結び方のコツを掴んで、少しでもキレイに結んでみてくださいね。

最後に

今回の記事は、リボンの結び方の中でも一般的な「リボン結び」のやり方を裏表のあるリボンを使って紹介してみました。

もしかしたら、自分のやり方とちょっと違う??と思ったかも、、

もしそうなら、右利きか左利きかでリボンの重ね方が反対になるのかも知れません。

どちらにしても、裏表のあるリボンは結び終わった時に全ての面が表向きになるように結ぶと、キレイな仕上がりになることは間違いありません。

コツさえ掴んだら、とっても簡単です。早速試してみてくださいね♪

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・

多彩な通信講座が100以上!あなたにぴったりな講座が必ず見つかる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンには、趣味・特技・資格取得など、100以上の通信講座が揃っています。

あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

好きなことを学ぶって楽しい!

今まで自己流でやっていたガーデニングを基礎から学んだり、資格を取得して人生を少しでも豊かにしませんか?

あなたにぴったりな講座の詳細はこちらから確認できます。今すぐチェックしてみてくださいね!→ユーキャンの全講座一覧

今だけのお得な情報はこちらから

↓    ↓    ↓    ↓



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です