ハンドメイド

お墓にお供えする墓花を手作りする方法。花選びや輪ゴムの止め方のコツを紹介!

yume
yume
今度こそは!と近々お墓参りに行く予定をしているyumeです。

お墓参りには、お線香とお供えのお花が欠かせません。

お墓にお供えするお花は、お花屋さんでもう初めから墓花として作られたものを購入することもできます。

墓花とは、こんな風にして作られたものです。

墓花とは?

5種類くらいの切り花をもうそのままお墓にお供えできるように、適当な長さに切って束ねてあるお供え用のお花です。

お花を扱っている職場では、お彼岸やお盆、お正月が近づいてくると、いつもスピード勝負!という感じで、墓花を黙々と大量生産しています。

私も切り花を扱う仕事をしているので、毎年そんな時期になると、墓花を作るのに追われて毎日クタクタになっています^^;

墓花は、そんな風にもう作ってあるのものを購入することもできますが、作り方のコツさえつかんだら自分でも簡単に手作りできます。

そこで、この記事では、墓花の簡単な作り方を実際の画像を使って紹介してみようと思います。

墓花を手作りしてみようと思っていたら参考にしてみてくださいね。

墓花を手作りする時の花選びのコツ

それでは、早速、墓花を手作りするために使っていく切り花の選び方のコツを書いてみようと思います。

墓花を作るのに使うお花は、花持ちのいいものが一番です。基本的には、が定番のお花になります。

他にも、カーネーションやスターチスなども使い、全体的に彩りやボリュームを足していきます。

最近では、墓花にはトゲのあるお花は使ってはいけない、というようなあまり堅苦しい考え方をしなくなってきました。

もし亡くなった方が好きだった、、というお花があったら、是非そのお花を使って手作りしてみてくださいね。

ちなみに、墓花の作り方は、お花屋さんによって違っている、ということもよくあります。

今回は、私がいつも仕事で作っている、簡単に出来上がる墓花の作り方を紹介してみようと思います。

墓花の基本的な作り方として少しでも参考にしてみてくださいね。

墓花を手作りするために選んだ切り花(使った材料)

こちらが、今回、墓花を作るために選んだ切り花です。

上の画像の右から順に紹介します!

  • 白の大輪菊:1本
  • 小菊(黄色):1本
  • スプレーカーネーション:1
  • スプレーマム(ピンク):1本
  • スターチス:1本

墓花は、できるだけ花持の良い切り花で作ると、少しでも長持ちしてくれますよ。

そのため、菊は花持ちの良さから、墓花には必ずと言っていいほどよく使われます。

お墓にお供えする墓花を手作りしてみた

それでは、早速、私が実際に手作りした墓花の作り方を紹介してみることにします。

墓花の簡単な作り方

まず初めに、白の大菊を45cmほどの長さにカットしておきます。

墓花の長さは、お墓にある容器に丁度ぴったり、に合わせて作ってもいいです。

もしも長さで迷ったら、45cmくらいに長めに作っておくと、後から切って長さを調節することもできます。

次は、初めにカットしておいた大菊の葉を下から約20cmほど落としておきます。

下の方の葉は、水に浸かるとすぐに傷んで腐りやすくなります。

墓花を少しでも長く持たせるためにも、できるだけキレイに取り除いておくようにします。

次は、白の大菊よりも少し下の位置に黄色の小菊を添えていきます。

そして、更に下の位置にスプレーマムを添えていきます。

切り花は、少しずつ下にずらしながら重ねていきます。

花と花の間は、ほんの少しで十分。あまり極端に下げすぎても、仕上がった時の見た目が悪くなってしまいます。

墓花はブーケのように、全体的にボリュームを出す必要はありません。切り花を順番に上から重ねていきます。

上からスプレーカーネーションも添えて、少しでも彩り良く、、

スプレーカーネーションの濃いピンク色が墓花全体のアクセントになります。

位置をあまりにも下げすぎると、せっかくのピンク色の花が隠れてしまいます。全体のバランスを見ながら添えていくようにします。

そして、最後にスターチスを添えていきます。ボリュームを足していくと、豪華な印象の墓花が出来上がります。

スターチスは、たった1本でもたくさん枝分かれしています。枝を分けて使えるので、墓花におすすめの切り花です。

さて、上から見たらこんな感じです。どうかな??

出来上がった墓花は、初めに45cmほどの長さにカットした白の大菊に、他の切り花を少しづつ位置を下にずらしながら順番に重ねて作りました。

全部重ね終わった後に、白の大菊の長さに合わせて、切り花の茎を全部切りそろえておきます。

yume
yume
崩れないように、しっかりと手で握っていてくださいね。

手作りした墓花の輪ゴムの止め方

輪ゴムの止め方は、人によってやり方が違うこともあります。特に決まりがある、というわけではありませんが、私はいつもこんな感じでやっていますよ。

手作りした墓花の輪ゴムの止め方を紹介!
  1. 大菊などの強そうな固い茎に輪ゴムを通す。
  2. 手で握っているところまで引っ張り上げる。
  3. できるだけよく伸ばして上で2回くらい巻いておく。
  4. そのまま下まで巻き下ろす。
  5. 下まで巻いていったら、太い茎に引っ掛けて終わり。

この輪ゴムの止め方なら、せっかく作った墓花の束がしっかりと安定します。簡単に崩れてしまう、ということもありません。

輪ゴムは、巻き下ろした後、初めに通した茎と違う茎に通して終わるようにします。

初めと同じ茎に通すと、せっかく作った墓花が崩れやすくなってしまうからです。

yume
yume
最後に輪ゴムで止める時が一番難しいかも、、

自分で作った墓花には、お店で買ったものにはない、亡くなられた方をしのぶ気持ちが込められています。それが手作りの良さではないかな、と私は思います。

また、墓花は、お盆にはお盆にふさわしいものをお供えするようにしましょう。

お盆にふさわしい墓花の作り方を紹介した記事はコチラ!

お盆のお墓参りにふさわしいお花|お盆用の墓花を手作りしてみたので紹介します 普段は、なかなか時間がなくて、、、 という理由でお墓参りができない場合でも、お盆には、ご先祖様に感謝の気持...

墓花を手作りするメリット

手作りの墓花には、自分が丹精込めて育てたお花を使うこともできます。

墓花を手作りするメリットとは

  • お店で買うよりも安上がり。
  • 季節のお花を使ってオリジナルのものが作れる。
  • 手作りすることで供養の気持ちがより深まる。

もし墓花を自分で育てたお花を使って作るなら、もう間違いなくより心のこもったものが出来上がるはずです。

できるだけ長持ちするお花を使って、自分ならではのオリジナルの墓花を手作りしてみてくださいね。

ツイッターで見かけた墓花の話題

まさに鬼作業。お盆や年末は、墓花の需要が高まる時期なのでそれも仕方がありませんね^^;

終わりに

もしお墓参りに行くなら、今度から手作りした墓花をお供えしてみてはいかがでしょう。

墓花は、コツさえ掴んだら自分でも簡単に作れます。きっと、亡くなられた方や、古くからのご先祖様にとっても、何よりの供養になるに違いありません。

この記事で紹介した墓花の作り方が少しでも参考になれば嬉しく思います。

それではまた・・

トップクリエーターから学べるオンラインレッスン【CLASS101】

「CLASS101」なら、好きなレッスンがオンラインでいつ、どこでも受けられます。

レッスンの詳細はこちらから確認できます→あなたのやりたいことが見つかる!趣味のオンラインレッスン【CLASS101】



趣味のオンラインレッスン「CLASS101」はこんな方にオススメ!

新しい趣味を始めたい方。

絵やクラフトなどが好きな方。

おうち時間で何か始めたい方。

受講できるクラスは、ほぼ毎日のように増えています。早速、趣味や副業のために好きなレッスンを始めてみませんか?

今なら5,000円OFFクーポンプレゼント中!

今だけのお得な情報もコチラから確認できます。

↓     ↓     ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。