ハンドメイド

ユーカリの簡単な手作りスワッグを紹介!ドライフラワーになりやすいお花は?

yume
yume
どうも、yumeです。

先日、部屋の模様替えをしていたら、新しいスワッグが欲しくなってしまいました。

そこで、作り方が簡単なスワッグを自分の好きなお花を使って手作りしてみました。

スワッグは出来上がるまでにあまり時間もかかりません。

私はどちらかと言うと、むしろリースよりも簡単に作れるんじゃないかな?と思っています。

最近はメルカリやハンドメイドサイトなどでも手作りのスワッグがよく出品されていますが、センスの良い素敵なものばかりですね。

ところで、スワッグを手作りするのは難しいだろうな、、、と思っていませんか?

もちろん、スワッグといっても、豪華なものからシンプルなものまで色々あるので一概には言えませんが、

私は、自分のセンスで好きなように作るのが手作りならではの良さではないかな?と思っています。

そこで、この記事では、スワッグを作るのに向いている花材や私が手作りしたユーカリのスワッグを紹介してみようと思います。

スワッグを手作りする時の参考にしてみてください。

ユーカリのスワッグを作るのに使った材料

こちらは、スワッグを手作りするために用意した花材です。右から順に紹介していきます。

  • レモンバーム
  • ユーカリ
  • スターチス・ブルーファンタジア
  • カスミ草
  • ガーベラ

自分の家に飾る用の簡単なスワッグなら、少ない材料でも十分可愛い仕上がりになります。

もし手作りのスワッグを贈り物にするなら、もう少し花材を足してもっとボリュームを出した方がいいかもしれませんね。

その方が、もっと豪華な感じになって贈り物らしくなると思います。

スワッグに向く花材。ドライフラワーになりやすいお花は?

手作りスワッグには、ドライフラワーなりやすいお花を使うと綺麗に仕上がります。

ちなみに、使いたいお花がドライフラワーになりやすいかどうか?は、経験していく間にだんだん感でわかってくるようになってきます。

もし迷ったら、水分が多いお花か?ということで少しは判断できます。

今回のスワッグに使ったお花は、ほとんどドライフラワーになりやすいものばかりです。

ところが、ガーベラはドライフラワーになりやすいのかな?と少しだけ悩みました。

私は以前にもガーベラをドライフラワーにしてみたことがありますが、割と良い仕上がりになったはずなので今回のスワッグにも思い切って使ってみました。

ガーベラはドライフラワーにすると花びらがクシャッとした感じになってしまいますが、私はそれも返って可愛いなと思います。

また、そのお花がドライフラワーになりやすいか?ということは、季節によっても違ってきます。

これは無理かも?と思っていたお花でも、乾燥している時期なら意外と簡単にドライフラワーにできることもあります。

もし失敗してもいい経験になります。自分の好きなお花でどんどん試してみて欲しいなと思います。

作り方が簡単!スワッグの手作りを楽しもう

どこにどのお花を、、というように、あれこれ考えながら楽しく作るのが手作りの醍醐味。

全体のバランスがまあまあ整っていたら、それで十分。手作りは、自分が楽しむのがなによりです。

茎を束ねたら、崩れないように輪ゴムで留めておきます。

私は茎を揃えて切りましたが、あえて不揃いにしても自然な感じになります。

手作りしたスワッグについて書いた他の記事もあります。

季節のお花で簡単に手作り!生花を使ったスワッグの作り方を解説します スワッグは葉物やドライフラワーにしやすいお花を花束のように束ねて、できるだけ風通しのいい場所に吊るしておくだけで出来上が...
愛情たっぷり!手作りスワッグの簡単な作り方や手入れの仕方を紹介します最近人気のスワッグを簡単に手作りする方法や手入れの仕方また、保存期間についても書いています。...

スワッグを麻ひもで縛ってナチュラルな仕上がりに!

束ねた茎に留めた輪ゴムが隠れるように上から麻ひもを巻きつけます。

リボンを結んでもオシャレな感じになりますが、私はナチュラルな仕上がりにしたかったので麻ひもで結んでみました。

スワッグの裏側に壁にかけるための輪を作っておきます。

他にも、細いワイヤーやS字型のフックを使っても良いと思いますよ。

ユーカリをメインにして作った簡単スワッグの完成!

麻ひもで作った輪をフックに引っ掛けて壁に飾ってみました。

yume
yume
ガーベラどうなるかな?楽しみ!

今回のスワッグはまだフレッシュなまま作ったので、壁に飾っている間にだんだんドライになっていく様子も楽しめます。

私は出来上がったスワッグを、エアコンの風がよく当たるところに吊り下げて飾っておきました。

エアコンやヒーターの風が直接当たる場所は乾燥しやすいので、生花があっという間にドライフラワーになっていきます。

ドライフラワーの作り方のコツを紹介した記事もあります。

バラとかすみ草のドライフラワーを簡単に手作り!美しく仕上げるための5つのコツを紹介バラとかすみ草のドライフラワーを手作りする時に自分でもキレイに出来るコツについて書いた記事です。吊るしておくだけの手軽なハンギング法で作ってみたら、その仕上がりは思っていた以上の出来栄え!...

生花は時間をかけてジワジワと乾かすと、カビが生えてしまうこともあります。

できるだけ風通しの良い場所に吊り下げておくと、綺麗なドライフラワに仕上がります。

スワッグは、完全にドライになると出来上がった時にボリュームが減ってしまいます。

もしかしたら、イメージと違ったな、、、ということになるかも^^;

ところが、ボリュームの減り方はお花によっても全然違ってきます。色々なお花で自分なりに試してみてくださいね。

最後に

スワッグはリースよりも手間がかからなくて、あっという間に簡単に作れます。

ただし、材料をよく選ばないと綺麗に仕上がらないので、使うお花はできるだけドライフラワーになりやすいものにしましょう。

今回のスワッグに使ったユーカリは、葉がドライにしてからでも爽やかで良い香りがするので、ナチュラルスワッグの材料として人気でよく使われます。

手作りスワッグはあまり難しく考えないで、自分の好きなようにアレンジしながら手作りを楽しんでみてくださいね。

ところで、私がスワッグに使ったガーベラは綺麗なドライフラワーになるかな?ちょっと心配(^_^;)

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・・

トップクリエーターから学べるオンラインレッスン【CLASS101】

「CLASS101」なら、好きなレッスンがオンラインでいつ、どこでも受けられます。

レッスンの詳細はこちらから確認できます→あなたのやりたいことが見つかる!趣味のオンラインレッスン【CLASS101】



趣味のオンラインレッスン「CLASS101」はこんな方にオススメ!

新しい趣味を始めたい方。

絵やクラフトなどが好きな方。

おうち時間で何か始めたい方。

受講できるクラスは、ほぼ毎日のように増えています。早速、趣味や副業のために好きなレッスンを始めてみませんか?

今なら5,000円OFFクーポンプレゼント中!

今だけのお得な情報もコチラから確認できます。

↓     ↓     ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。