ハンドメイド

ちょっとした御祝事に贈るブーケを簡単に手作りする方法を紹介

yume
yume
気楽な贈り物のブーケなら自分で手作りしているyumeです。 

贈り物のブーケはお花屋さんで作ってもらうもの。自分で作るなんて無理でしょ、、

と思っていませんか?

ところがそんなに豪華じゃなくても気楽な感じのブーケで良いという場合は、自分でも簡単に手作りできます。

自分の家の庭で育てたお花やお値打ちに買ってきたお花で、自分でブーケが作れたら楽しいですよね。

気楽な感じの手作りブーケは家族の誕生日や友人のお祝いごとなどの贈り物としてもピッタリ。

自分が楽しみながら作ったブーケなら、気持ちが伝わる最高の贈り物になります。

そこで今回は、私が作ってみた気楽な感じのブーケの簡単な作り方を画像入りで紹介してみようと思います。

手作りブーケに使った材料

まずは、今回私がブーケを作るために使ったお花を紹介します。

  • ひまわり1本
  • スプレーバラ2本
  • 一本ばら7本
  • ソリダゴ1本
  • かすみ草2本
  • レモンバーム2本

ブーケに使うお花は自分の感性で選んでみてください。

また、かすみ草と葉物のレモンバームは花や葉の付き方が物によってバラバラなので、付き方によって使う本数を変えてみましょう。

材料の花は自分のセンスで自由に選ぼう

初めはお花を選ぶのさえ難しいなと思うかもしれませんが、そのうちだんだんとセンスが磨かれていくので自分の好きなお花でどんどん手作りに挑戦してみてください。

お花選びだけはどうしても経験やセンスと関係しますが、何度も作っていく間にセンスの良いお花の組み合わせ方が出来るようになっていくと思います。

例えば、ブーケを贈る相手の方のイメージに合わせてお花を選んでみても良いと思います。

材料の花選びで気をつけた方が良いことは?

ブーケに使うお花は自由に選ぼう、、

とはいえ、あまりにも色々な色のお花をたくさん使うのは上級者でも難しいことなので、避けた方が無難です。

自分で手作りする場合は、お花の色を同系色にするのが失敗しないコツです。

例えばピンク系のブーケを作るという場合は、濃いピンクや淡いピンクの花を選んで作ると全体的にまとまりが出ます。

初めは雑誌に載っている花束の写真を見て、自分なりに真似をして作ってみてもセンスを磨くことができます。

お花の教室とかで習ったことがなくても、ある程度は作り慣れていくことも大事だと思います。

手作りブーケの作り方

中心になる花を決めて周りに他の花を添える

今回のブーケはひまわりを中心にして作っていきます。

まずは、ひまわりを中心にして周りに薔薇の花をバランス良く添えていきます。

ブーケを作る時には何度も上から見て、中心のひまわりと他の花の高さが合っているか確認しましょう。

隙間の空いたところに他の花を添えていく

かすみ草やソリダゴ、スプレーマムを、花と花の隙間を埋めるようにバランス良く添えていきます。

できるだけフンワリと仕上がるように、花どうしが窮屈そうになっていないか必ず上から見て確かめましょう。

かすみ草はどんなお花とも相性が良いので、他の花を引き立てるためにもよく使われる小花です。

特に薔薇とかすみ草の相性は抜群。私も大好きな組み合わせです。

最後に葉物を添える

葉物を添えることで、ブーケの見た目が一段と良くなります。

花の高さを揃えて茎を切りそろえたら、茎を輪ゴムで縛ります。

これでブーケが完成!

今回は茎を輪ゴムで縛りましたが、茎が弱いお花を使う場合は輪ゴムでは強すぎるので、麻ひもなどで縛った方が良いです。

ブーケを手作りする場合に意識して欲しいコツ

ブーケは中心のお花の周りに他のお花を添えて作っていきますが、茎は上の写真のように斜めに重ねていくとお花が安定します。

慣れないと、ちょっと大変だな〜

と感じるかもしれませんが、ボリュームが少ないブーケならそこまで難しくないので意識してコツを掴むようにしてみましょう。

出来上がったブーケを可愛くラッピングする方法

出来上がったブーケは、ラッピングをすると見違えるほどオシャレになります。

ラッピングに必要な材料

ラッピングには次のような材料が必要です。

  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • アルミホイル
  • ラッピングペーパー2色
  • ラッピング用のセロハン
  • セロテープ
  • 輪ゴム
  • リボン

最近の100円ショップは何でもあるので、ラッピングの材料も全て揃います。

気楽な贈り物のブーケに使うなら、100円ショップで可愛いものを探してみても良いと思います。

yume
yume
でもやっぱり材質が良くない物もありますね。

ブーケをラッピングする手順

ブーケの茎の足元に水で濡らしたキッチンペーパーを巻きつけます。

上からラップとアルミホイルを巻きつけます。

ラッピングペーパーをフンワリと巻きつけたら、茎の足元にくびれを作ります。

上から見たらこんな感じ。ラッピングペーパーは、上の10cmくらいを内側に折り曲げてあります。

まだまだこれで完成ではありません。

更にもう一枚別のラッピングペーパーを上から二重に巻いていきます。

ラッピングペーパーの2色使いで、オシャレさが増します。

ラッピングペーパーの上からセロハンを巻きます。

ラッピングペーパーとセロハンをクルクルと2回巻いてからセロハンテープで止めます。

ふっくらと丸くなるようにすると、見た目が可愛い感じに仕上がります。

くびれのところにリボンを結んだら、ブーケが完成!!

ブーケはラッピングでよりオシャレな印象になるので、ラッピングも大切です。

ラッピングの方法は他にも色々ありますが、今回やったラッピングはコロンと丸い形になって可愛い仕上がりになります。

ここまでやるのにかかった時間は約30分。意外に短い時間で簡単にできます。

これなら誕生日プレゼントやちょっとした気楽な贈り物として十分使えるんじゃないかな?

手作りしたブーケなら、心を込めて楽しく作った気持ちもお花と一緒に届けることができると思います。

ツイッターで気になったブーケに関するツイート

お花の人気は相変わらず。お花好きの私としてはとても嬉しく思います。

終わりに

今回は、簡単にできる手作りブーケの作り方を紹介してみました。

ブーケを自分で作るのは難しそうだなと思うかも知れませんが、コツさえ掴めば意外と簡単です。

慣れるまではちょっと大変かもしれませんが、経験を重ねたらセンスの良いブーケがパパッと簡単に作れるようになると思います。

楽しく作ってみてくださいね♪

それではこの辺で・・・

講座数が多いユーキャンなら、あなたの趣味や資格取得ための講座が必ず見つかりますよ。学びたい講座を今すぐチェック♪

↓     ↓     ↓

ユーキャンの全講座一覧



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です