夏の花

蓮の開花時期や見頃は?見た目がよく似ている蓮と睡蓮の違いも紹介!

どうも、yumeです。

夏の花と言えば!

太陽に向かってまっすぐに伸びていく、元気そうなイメージのひまわりを思い浮かべることが多いと思います。

yume
yume
あれッ?もしかしたら、私の偏見?

もちろん、ひまわりは夏の花の代表という感じですが、蓮も夏らしさを感じさせてくれるお花としてすぐに思い浮かびます。

今回の記事は、蓮の開花時期や花の見頃、よく似ている蓮と睡蓮の違いについて書いてみようと思います。

蓮の詳細情報

科・属名 ハス科・ハス属
英名 Lotus
学名 Nelumbonaceae nucifera
原産地 インド亜大陸とその周辺
開花期 6〜9月頃
性質 多年性水生植物

蓮は夏の季語にもなっています。

私は、蓮の花を見るたびに、まるで吸い込まれてしまいそうな不思議な魅力があるな、と思っています。

蓮の開花時期や見頃は?

蓮の花の開花時期や見頃の時期は、下記のようになります。

  • 蓮の花の開花時期:6〜9月頃
  • 花の見頃の時期:7月中旬~8月中旬頃

ちなみに、開花時期や見頃の時期は、地方によっても多少違ってきます。一般的には、学校が夏休みの頃にちょうど見頃を迎えます。

最近は、蓮の開花の時期も、温暖化による気候の変化から、ずいぶん早まっているように思います。

ところで、我が家でも、子供達がまだ幼い頃、夏休みになるとよく蓮の花を観に行っていました。

蓮の花が池いっぱいに咲く風景は、まるで現実を忘れそうになってしまうほど幻想的な雰囲気が漂っています。

そういえば、まだわんぱく盛りだった子供達でさえ、アッ!と驚くほどだったな〜、と当時のことを懐かしく思い出します。

蓮の花の性質

蓮の花には、下記のような性質があります。せっかく観にいくなら、時間帯を選びましょうね。

蓮の花は、早朝から咲き始めて、午後になるとだんだん閉じてしまいます。

それを3日ほど繰り返した後に、花が終わっていきます。

蓮池は、全国でも、夏の観光スポットとしてたくさんの人に親しまれています。

私が実際に蓮の花を観に行ってみたことを書いた記事はコチラ!こちらの記事も読んでみてくださいね。

岐阜県羽島市にある「大賀ハス園」のハスの開花状況・見頃の時期を紹介岐阜県羽島市にある大賀ハス園の7月中旬頃の「大賀ハス」の開花状況を紹介しています。毎年の見頃の時期についても書いています。...

最近は、インスタ映え!を狙って、蓮の花の写真を撮りに出かける方もたくさんいるようです。

蓮の花は、朝の9時頃になると一番大きく開きます。

蓮と睡蓮の違いは?特徴を紹介!

蓮の花とよく勘違いされて、一体どこが違うの?というほどよく似ている花に睡蓮があります。

ところが、蓮と睡蓮は、それぞれの特徴さえ知っておけば簡単に見分けられます。早速、下記でまとめてみます。

蓮の特徴

  • 葉:円形でツヤがある。撥水性があ理、水を弾く。
  • 花:水面から高く茎を伸ばし葉よりも高いところで咲く。
  • 地下茎の蓮根を食べることができる。

蓮は、葉が水を弾くので、水をかけた時にコロコロとした水の塊ができます。

また、蓮の花は咲き終わった後に花托を残します。

花托には、穴がたくさん空いています。まるでシャワーヘッドのようです。

蓮の花托は、ユニークな姿が生け花やドライフラワーにも人気でよく使われます。

睡蓮の特徴

  • 葉:円形で大きな切れ込みが入る。ツヤがなく水を弾かない。
  • 花:水面に浮かぶように咲く。
  • 根っこは球根やワサビのような形をしていて食べることができない。

睡蓮の茎は、蓮のように上の方まで高く伸びることはありません。

また、咲き終わった花は、花托を残すこともなくそのまま閉じて沈んでしまいます。

蓮と睡蓮は見た目はとてもよく似ていますが、上で書いた特徴の違いから簡単に見分けることができると思います。

蓮根(レンコン)は蓮のどの部分?

地下に埋もれている茎を地下茎と言いますが、蓮根は蓮の地下茎です。

レンコンは、縁起の良い食べ物としてお正月のおせち料理では欠かせないものですが、普段の食卓でもきんぴらにして食べたらシャキシャキッ!とした食感がたまりませんね。

そんな蓮根は、粘土質の泥沼の中に腰のあたりまで浸かりながら収穫します。

私は以前レンコンを収穫している姿をドライブ中に車の中から見かけたことがありますが、本当に大変な作業だなと思いました。

yume
yume
神秘的な蓮の花と泥沼はあまりにもイメージがかけ離れているよね。

世界最古の蓮として話題の「大賀ハス」とは?

千葉県千葉市の落合遺跡では、約2000年以上前の弥生時代後期のものと推定される蓮の実が見つかっています。

蓮の実は、1951年に理学博士の大賀一郎氏によってピンク色の大きな蓮の花を咲かせて、海外メディアでも大きく取り上げられました。

今では、大賀ハスとして千葉市の花に制定されています。

千葉公園には、蓮の花が見頃に時期になると、毎年、写真を撮影するためにたくさんの人が訪れるそうです。

蓮の花の花言葉は?

蓮の花には次のような花言葉がついています。

  • 清らかな心
  • 神聖
  • 離れゆく愛
  • 雄弁

蓮の花は、仏教では極楽浄土に咲く花とされています。そういえば、お釈迦さまの台座も蓮ですね。

蓮の花は、泥水の中でも清らかな花を咲かせます。そんな美しい花を見ているだけでも、気持ちが癒されます。

最後に

蓮の花の咲く時期は、地方によってもかなり差があります。一般的には、6〜9月頃までですが、一番の見頃の時期は7月中旬〜8月中旬頃まで、です。

ちなみに、蓮と睡蓮は、円形の葉に切れ込みがあるかないか、ですぐに見分けられます。

蓮池は、全国にも、観光地として人気な場所がたくさんあります。花の見頃の時期になったら、神秘的な花に癒されてみてくださいね。

それではまた・・・

お花のある暮らしで少しでも癒されましょう。お花の定期便の詳細やお得な情報はこちらからチェック!→お花の定期便【Bloomee LIFE】



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。