秋の花

秋の七草オミナエシはどんな花?見頃の時期や切り花としての特徴、花言葉を紹介!

どうも、yumeです。

先日私はオミナエシの切り花を部屋に飾ってみましたが、オミナエシは主役というよりは脇役の方がお似合いだなと思います。

もちろんオミナエシだけで飾っても十分可愛いなとは思いますが、他のお花と一緒に飾るとより可愛らしさが引き立ちます。

そこで今回の記事は、秋の七草としても知られているオミナエシについて書いてみようと思います。

そろそろ秋の花が気になり始めたら読んでみてください。

オミナエシの見頃の時期や切り花として出回る時期は?

オミナエシの切り花は、もうお盆前には出回り始めて7月頃から秋の10月頃までよく見かけます。

また、公園などで栽培されているオミナエシが見頃になるのも同じ時期になります。

私は花の仕事をしていますが、毎年お盆前になると毎日のようにオミナエシの切り花に囲まれるようになるので、

yume
yume
秋の花なのにな、、

と思いますが、花の業界はいつだって季節先取り。そういう点ではファッション業界と同じかも。

最近では、季節に関係なく1年中出回っている切り花が多いので、

お花から四季を感じるという気持ちが失われてしまったようで、ちょっと寂しいような複雑な気持になることもあります。

オミナエシは1年中出回っているというわけではありませんが、夏の初めには花が見頃になって切花としてもよく出回るようになります。

オミナエシはどんな花?基本情報を紹介

ところで、オミナエシを切り花として見たことはあっても基本情報は知らないかも?

雑学として頭の中に入れておくと、もしかしたら何かで役に立つことがあるかも知れませんね♪

そこで、オミナエシの基本的な情報を簡単にまとめてみます。

分類 オミナエシ科・オミナエシ属
学名 Patrinia scabiosifolia
和名 女郎花
英名 Yellow patrinia・Scabious patrinia
原産地 日本・中国・朝鮮半島・シベリア東部
開花期 7月〜10月頃
性質 多年草

オミナエシの別名

オミナエシには次のような別名があります。

  • 粟花(あわばな)
  • 思い草(おもいぐさ)

粟花という別名はオミナエシの小さい花が粟粒のように見えるということが由来となっていますが、思い草という別名の方は由来がよくわかりません。

多分、オミナエシの優しげな花姿が由来となって付いたんじゃないかな?と思いますが、あくまで私の憶測なんだけど^^;

オミナエシを切り花として飾る場合に気になる特徴

オミナエシと同じ時期によく出回るリンドウとトルコ桔梗も一緒に飾ってみました。オミナエシの黄色い小花が可愛い♪

黄色い小花が可愛いオミナエシですが、実は切り花として飾る場合はちょっと気になることもあります。

気になるといっても、それはオミナエシの特徴なのでどうしようもないのですが、とりあえず気になる特徴を書いていくことにします。

オミナエシの香り

まず気になるのは、オミナエシの香り

香りの好みは人によってぞれぞれ違いますが、オミナエシの花の香りは独特なので、、

う〜ん、いい香り♪

という人は、多分いないんじゃないかな?

yume
yume
思わずクサッ!って言っちゃうと思う、、

花の仕事をしているとオミナエシが大量に入荷する時期には、職場のみんなが「くさい臭い」と言い始めます。

yume
yume
オミナエシに失礼だよね〜。

それほどオミナエシの香りは独特だということですが、ただし、まとめて大量に飾らない限りは少しも気にならないのでご安心ください。

私も先日からオミナエシを飾っていますが、部屋に少しだけ飾ったくらいなら全く気にもなりません。

オミナエシの花は散りやすい

もうひとつ気になるのは、オミナエシを飾った場所がこぼれた花で汚れるということです。

というのも、実はオミナエシの花はちょっと触っただけでもすぐにポロポロこぼれ落ちてしまうからなんです。

それが気になるから部屋にオミナエシの切り花を飾りたくないという人もいるくらいなので、

もし飾るなら、いつも清潔にしておきたい食卓にはちょっと不向きかも。すぐに掃除のしやすい場所がおすすめです。

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花の定期便【Bloomee LIFE】

オミナエシの花持ちは?

さて、オミナエシを切り花で飾る場合は、花持ちはどうなの?と気になりますよね。

オミナエシは茎が固くてしっかりとしているので、切り花の中でも花持ちは良い方です。

ところがオミナエシは何しろ夏の暑い頃に出回る切り花なので、花持ちは冬場の切り花と同じように、、というわけにはいきません。

飾りっぱなしではいくら花持ちが良いオミナエシだって、そりゃ〜悲鳴を上げてしまいます。

せっかく飾るなら頻繁に水換えをしたり茎の切り戻しをすることで、切り花を少しでも長持ちさせることができます。

私は夏場の暑い時期は朝と晩に2回水換えをしていますが、水替えのついでに傷んできた花や葉も取り除いてキレイにしています。

こんなちょっとした手入れの仕方ですが、たとえ花の数は減ってしまっても夏場でも1週間くらいは飾って楽しんでいます。

飾った切り花を少しでも長持ちさせるための管理の仕方を書いた記事はコチラ!

長持ちする切り花おすすめ5選!飾った後の管理のポイントも紹介します長持ちする切り花を選んで紹介しています。また、他にも切り花を長持ちさせるための管理のポイントについても書いています。...

オミナエシは秋の七草

夏の暑い時期に花が見頃になるオミナエシは、秋の七草としてもよく知られています。

秋の七草といえば?

  • 萩(はぎ)
  • すすき
  • 葛(くず)
  • 撫子(なでしこ)
  • 女郎花(おみなえし)
  • 藤袴(ふじばかま)
  • 桔梗(ききょう)

ずっと前までは秋の七草が咲く頃にはずいぶん秋らしさを感じていたものですが、最近はいつまでも残暑が厳しくて、秋らしさは何処へやら、、

オミナエシの花言葉

黄色い小さな花が可愛いオミナエシ。

オミナエシの花言葉は?

  • 美人
  • はかない恋
  • 親切

どの花言葉も、オミナエシの花姿によく合って奥ゆかしさを感じますね。

最後に

今回の記事では、オミナエシの切り花の出回り時期や切り花として飾る場合に気になる特徴、花言葉など色々と書いてみました。

オミナエシは私も大好きな秋の花。決して主張し過ぎず、他の花を引き立てる名脇役♪

秋の七草としてもよく知られていますが、切り花としては夏の初めの7月頃から10月頃までと長く出回ります。

花持ちが良いので、手入れが良ければ夏場の暑い時期でも長く飾って楽しめます。

あッ!そうそう、私もちょっとはオミナエシの奥ゆかしさを見習わねば^^;

それではまた・・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などがたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。

また、旅行などで留守にするは、都合に合わせてスキップもできます。

プロが選んだオシャレなお花が飾ってある暮らしを、体験コース500円から手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかな?と毎回ワクワク。まるで贈り物のお花が届いたような気持ちに♪

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花の定期便【Bloomee LIFE】


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です