観葉植物

ゴムの木の剪定体験談。どこを切るの?切り口の処理は?コツを解説します

yume
yume
どうも、yumeです。

ゴムの木は、生育が旺盛なため、あっという間にどんどん成長していきます。

そのため、剪定や植え替えも、1〜2年に1回のペースでやっていくのが理想的です。

葉がたくさん繁ってくると、風通しが悪くなって病気にかかりやすくなってしまいます。

剪定は、ゴムの木を元気に育てるためにも、なるべく定期的にやるようにしましょう。

うちのゴムの木も、つい先日、植え替えをしたばかりです。ところが、剪定は、今年はもうしなくても良いかな、と思ってその時にはやりませんでした。

せっかくこんなに背が伸びたのに、、と思うと、なかなか思い切りがつかなくて(・_・;

ところが、しばらく経ってから、やっぱり剪定もしておくことにしました。いつも、迷ってばかり、返って二度手間になってしまいました。

yume
yume
こんなことなら、やっぱり植え替えと同時にやっておけば良かったな、、

そこで、この記事では、私が実際にやってみたゴムの木の剪定体験談を紹介してみようと思います。

ゴムの木の剪定は、どこを切ったらいいの?と困っていたら読んで参考にしてみてくださいね。

剪定前のゴムの木の成長の仕方

こちらが、うちのゴムの木です。まだ、一週間ほど前に植え替えが終わったばかりです。

ゴムの木の植え替えの仕方は意外と簡単!今年もよく成長したゴムの木を植え替えました。根の処理など手順を解説!の記事で実際の体験談を紹介しています。

意外と簡単!今年もよく成長したゴムの木を植え替えました。根の処理など手順を解説!ゴムの木は、今年も、成長期に入ってから凄い速さで成長しています。この記事は、成長して背が高くなったゴムの木の植え替えの手順を解説しています。...

ゴムの木の剪定は、昨年の5月にもやっています。

その後も、どんどん育って、背もずいぶん高くなりました。最近では、もう75cmくらいの高さにまでなっています。

上の方の一番大きな葉は、大きさが縦25cm×横13cmくらいあります。凄い!Σ(゚д゚;)

ゴムの木は、5月の初め頃になると、成長期ということで新しい葉を毎日のように次々と増やしていきました。

実は、置き場所さえあったら、もっと大きな鉢に植え替えて、どんどん大きくしてみたいな、という気持ちもあります。

でも、狭い我が家では、なかなかそうも言ってられなくて、、

そこで、ゴムの木を、やっぱり思い切って短く剪定することにしました。

ゴムの木を剪定しました。どこを切るの?

ゴムの木の剪定は、切るところを決めたら、もう迷わずに思い切ってバッサリ!!と。

もし迷ったりしたら、スパッ!と1回で切れなくなってしまうかも知れませんし(・・;)

うちのゴムの木は、ちょうど真ん中あたりで、半分くらいに短く剪定しました。今度の剪定は、昨年やったところから7cmほど上あたりから。

ゴムの木の剪定は、これから先もあまり大きくしないためにも、また来年の春にもやるつもりです。

というわけで、今回の剪定は、春までに伸びる分を予想した上で、どこを切るか、を決めていきました。

ゴムの木の枝には、指で触るとポコッ!と出っ張ったように感じる節のようなところがあります。

そこは、新しい葉が出てくるところです。剪定は、そこを潰さないように残すようにします。

それ以外は、形を整えたり風通しが良くなるように、基本的に好きなところで切ればいいです。

うちのゴムの木は、昨年の剪定から、背が1年で50cmほど伸びています。今回の剪定は、その分を考えた上で切るところを決めていきました。

ちなみに、ゴムの木は、背が今年も昨年と同じように伸びるとは限りません。あくまで目安と考えましょう。

ゴムの木は、もうずいぶん太くなっています。剪定にも、力がいりました。とはいえ、1cm程度ですけど。

ゴムの木の剪定は、枝をよく切れる清潔な剪定バサミで、1回でスパッ!と切るようにします。

もし、切り口がギザギザになると、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

yumeが長年使っている剪定バサミはコチラ!硬い枝も、スパッ!とよく切れます。軽くて使いやすいですよ♪

剪定したゴムの木の切り口の処理

ゴムの木が見事に真っ二つに!我ながら、思い切りの良さにビックリです(゚o゚;

ゴムの木は、一番太い幹をバッサリと短く剪定してしまっても、また枝が出てどんどん伸びていきます。

今回のように、思い切って大胆に剪定できたのも、昨年の経験があったからこそ。これでも、初めての時は、ずいぶん緊張しました(・_・;

ゴムの木は、剪定した切り口から白い樹液が出てきます。

樹液はすぐに固まって、切り口を保護する役目をします。拭き取らないで、そのままにしておきましょう。

ただし、葉についてしまった樹液は、拭き取っても良いです。

もし、切り口が大きくて心配、、という時は、切り口に癒合剤(植物の傷口を保護する薬)を塗っておく、という手もあります。

ゴムの木の切り口から出てくる白い樹液は、手で触ってみるとネバネバしています。

樹液は、肌につくとかぶれてしまうこともあります。剪定は、手袋をつけてからやったほうが安心です。特に、肌が弱い方は気をつけましょう。

手袋は園芸の必需品。ひとつあったら、ずっと長く使えます。

樹液が服につかないように、エプロンも必需品です。ポケットがたくさんついていたほうが何かと便利♪

これで、剪定終了!!剪定後のゴムの木は、背が27cmくらいになりました。

切り口の白い樹液は、剪定の翌日には、もうすっかり乾いていました。

樹液が固まって、切り口に膜を張ったようになっています。

ゴムの木は、まだ秋までは成長期です。きっと、これからも、新しい葉をどんどん増やしていくはずです。

これから枝がどんな風に伸びていくのかな?今から楽しみです。

剪定後のゴムの木の成長は、コチラの記事で書いています。さて、どんな感じになったかな??

ゴムの木が剪定後に枝分かれしてきた!成長の様子を紹介します 今年の6月に剪定したゴムの木。 バッサリと短く剪定した後も、まるで何事もなかったかのように元気に育っていき...

ゴムの木の葉は、こちらの洗浄剤でお手入れすると、眩しいほどツヤツヤ、ピカピカになります。

おしゃれな観葉植物の購入は送料無料のこちらから→午前12時までの注文で最短翌日配送。100品種から選べる観葉植物【HitoHana(ひとはな)】

剪定したゴムの木の枝を水挿しに!

剪定で切り落としたゴムの木は、短く切って水挿ししておきました。また新しいゴムの木を増やすためです。

水挿ししたゴムの木は、根が生えてくる様子をまた別の記事で書いてみようと思っています。

追記:水挿ししたゴムの木は、その後、すぐに根が生えてきました。

水挿ししたゴムの木の発根の様子を書いた記事はコチラ↓

ゴムの木の増やし方。水挿しのコツや発根の仕方を紹介します剪定で切り落としたゴムの木の枝を水挿しにしてみた体験談を書いています。水挿しのコツや発根の仕方を紹介しています。...

最後に

ゴムの木の剪定は、ゴムの木がどんどん育つ、春から秋までの成長期(5月〜9月頃が目安)の間にやっておきましょう。

うちのゴムの木は、昨年もそうだったように、剪定した後も葉を次々と増やして元気に成長していくはずです。

ところで、今年の夏も相変わらず暑さが厳しくなりそう、、

今回バッサリと短く剪定したゴムの木には、再びぐんぐん成長してくることを願って、頑張れ〜!ファイトー!と毎日声をかけています。

この記事が伸び過ぎたゴムの木を剪定するための少しでも参考になれば嬉しく思います。

それではまた・・

毎日、たくさん出る生ごみ。捨てたりしないで園芸やガーデニングに活かしませんか?

生ごみ処理機ナクスルの詳細はこちらから



臭わない・手間がない・音がない 生ごみ処理機ナクスル(NAXLU)

 

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味でお花や観葉植物を購入するならHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などが希望の値段から簡単に選べます。

私が通販サイトHitoHanaで実際にお花を購入してみた感想を書いた記事はコチラ!→HitoHana(ひとはな)レビュー!お花を購入してみた感想や口コミも紹介します

通販サイトHitoHanaなら、イメージにピッタリなお花や観葉植物が必ず見つかりますよ。今すぐチェック!

↓     ↓     ↓

HitoHana公式サイトの詳細を確認してみる

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

色んなお花を楽しみたいなら、毎回違ったお花が定期便で届くbloomeeがオススメ!

bloomeeの詳細やお得な情報はこちらから確認できます。早速、チェックしてみてくださいねお花の定期便【Bloomee LIFE】



お花のある暮らしって癒される〜♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果からも証明されています。お花のある暮らしで少しでも癒されましょう♪

bloomee公式サイト、お花の定期便の詳細はこちらから確認できます。

↓     ↓     ↓

Bloomee LIFE

yumeのブログを読みにきてくださった方へ

いつもyumeのブログを読みにくださってありがとうございます。

この度、新たにyumeが新記事を更新するたびにあなたのパソコンやスマートホン、タブレットなどに新記事の通知が届く便利な機能を追加しました。

その名も、Push7!!

「Push7」とは?

  • ブログ側と読者を繋ぐ無料のツール。
  • アプリを取得する必要がない。

特に料金が発生する、ということもありません。安心してご利用くださいね。

yumeの新記事が気になる〜、と思ったら、下のボタンをポチッ!としておくだけで、記事新更新のお知らせが届くよ♪

↓    ↓    ↓    ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。