観葉植物

人気の多肉植物を室内で育てる時の4つのポイント!代表的な品種も紹介

yume
yume
多肉植物に毎日癒されているyumeです。

最近は、多肉植物が大人気。自分で育てているという人も増えてきています。

ふっくらとした姿は見ているだけでも癒されるので、それも人気の秘密なのかも?

多肉植物は、割と育てやすいので、植物を育てたことがなくても手軽に育てることができます。

最近は、多肉ブームということもあって、今まで見たこともなかったような珍しい多肉植物もよく見かけるようになってきました。

yume
yume
私も珍しいのを見つけると、ついつい買っちゃうんだよね。

もちろん、多肉植物は育てやすいといっても、放ったらかしで良いというわけにもいきません。

そこでこの記事は、多肉植物を室内で育てる時の4つのポイントを解説します。

多肉植物の特徴

まずは、多肉植物の特徴を書いてみることにします。知っているようであまり知らないかもしれませんので。

多肉植物ってどんな植物?

葉や茎、根にも水を蓄えている、ふっくらとした肉厚の植物。

サボテンも多肉植物。

多くは、砂漠や海岸などの乾燥したところに自生している。

数万種もあり、サボテン科・ベンケイソウ科・ハマミズナ科などに分類される。

水やりが控えめで育てやすい。

多肉植物にハマる人が増えているは、育てるのが簡単だからというのはもちろん、見た目の可愛らしさに癒されるからという理由からだと思います。

多肉植物を室内で育てる時の4つのポイント

多肉植物は、初めてでも育てやすいということで人気ですが、全然手入れをしなくても良いというわけではありません。

部屋で育てる場合は、次のような4つのポイントに注意して育ててみてください。

置き場所を選ぶ時のポイント

日当たりの良い明るい場所に置く。

直射日光を避ける。

置き場所を変える時は、徐々に慣らすようにする。

多肉植物の置き場所は、基本的に日光がよく当たるところがベスト。

直射日光に当てると、葉が焼けて茶色の斑点がでることがあります。

窓際に置くなら、日差しをレースのカーテンなどで和らげるようにしましょう。

水やりのタイミングのポイント

多肉植物は、あまり水やりの必要がないと言われていますが、もちろん、全然しなくてもいいわけではありません。

次は、水やりのタイミングを書いてみることにします。

土が完全に乾いているとき。

葉の張りが少なくなったとき。

多肉植物の水やりは、寒い時期なら半月に一回程度、暑い時期でも1週間に一回程度を目安にします。

ところが、水やりの頻度は、多肉植物のどんな種類でも同じというわけではありません。

水やりのタイミングは、育てる場所や鉢の大きさによっても違ってきます。

土の乾き具合をよく観察しながら、ぴったりなタイミングを掴むようにしましょう。

むしろ、水のやり過ぎにならないように注意しましょう。

多肉植物は水分を蓄えています。乾燥にも強いので、少しぐらい水やりをしなくても大丈夫です。

他の植物と同じような感覚で水やりをしてしまうと、すぐに腐って枯れてしまいます。

また、受け皿に溜まった水は、そのままにしないで捨てるようにしましょう。

多肉植物の水やりには、水が少しづつ出てくるこんな水差しが便利!

肥料を与える時のポイント

肥料は与えなくても良い。

植え替える時は、量に気を付けて少なめに与える。

多肉植物は可愛いからといって肥料を与えると、「肥料やけ」を起こすこともあります。それが原因で枯れてしまうことも。

私は、以前、多肉植物に液体肥料を与えたところ、見事に枯らしてしまった残念な経験があります。

多肉植物は元々栄養の少ない土でもよく育つ性質です。可愛いからといって、普段から定期的に肥料をあげる必要はありません。

温度管理のポイント

多肉植物は、約2万種類もあります。大きく分けると次の3つの型に分かれます。

そこで、型による生育期と育てる時の適温を下記でまとめてみます。

型の種類 生育期と育てる時の適温
夏型 生育期は5〜9月。適温は20〜30℃。冬に休眠する。
冬型 生育期は11〜4月。適温は5〜20℃。夏に休眠する。
春秋型 生育期は春と秋。適温は10〜20℃。真夏と真冬に休眠する。

多肉植物を育てるなら、まずは自分が育てたいものがどの型なのかを把握しておくといいです。

人気があって代表的な多肉植物の種類

多肉植物は種類が多過ぎて選ぶのにも迷ってしまうほですが、その中でも人気の代表的な種類を紹介してみます。

夏型の多肉植物の種類

夏型の多肉植物
  • アロエ
  • カランコエ
  • アガベ
  • 子持蓮華錦 
  • アデニア・スピノーサ

アロエはよく家庭で育てているお馴染みの多肉植物です。

最近は多肉植物がブームになっていますが、意外と多肉植物と知らずに育てていることもあるかも・・

冬型の多肉植物の種類

冬型の多肉植物
  • コノフィツム・セラタム
  • アボニア・アルストニー
  • オトンナ・ユーフォルビオイデス
  • ユーフォルビア・エクロニー
  • リトープス 青磁玉
yume
yume
思いがけず花が咲いたら嬉しいよね。

春秋型の多肉植物の種類

春秋型の多肉植物
  • クラッスラ 紀の川
  • クラッスラ 数珠星
  • グラプトベリア ピンクシフォン
  • グラプトペタルム・パキフィルム
  • パキフィツム 星美人

最近は多肉植物の寄せ植えも人気があります。誕生日などの贈り物にもいいかも。

https://twitter.com/3o00m2o/status/1173922724437053446?s=20

yume
yume
みんな多肉植物、愛してますね〜。

最後に

ふっくらとした姿が可愛い多肉植物。大人気でブームにもなっています。

室内で育てる時には、この記事で書いた4つのポイントに気を付けて育ててみてくださいね。

多肉植物のふっくらとした姿にきっとメロメロに♪

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・・

お花を趣味として楽しんだり、資格を取得して人生を少しでも豊かにしませんか?あなたにぴったりなガーデニング講座をいますぐチェック!→ユーキャンの全講座一覧

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などがたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。

また、旅行などで留守にするは、都合に合わせてスキップもできます。

プロが選んだオシャレなお花が飾ってある暮らしを、体験コース500円から手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかな?と毎回ワクワク。まるで贈り物のお花が届いたような気持ちに♪

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花のある暮らしを体験してみる



yumeのブログを読みにきてくださった方へ

いつもyumeのブログを読みにくださってありがとうございます。

この度、新たにyumeが新記事を更新するたびにあなたのパソコンやスマートホン、タブレットなどに新記事の通知が届く便利な機能を追加しました。

その名も、Push7!

「Push7」とは?

  • ブログ側と読者を繋ぐ無料のツール。
  • アプリを取得する必要がない。

料金が発生するわけではありませんので、安心して利用してくださいね。

yumeの新記事が気なるな〜という方は、下のボタンをポチッ!とするだけで新記事のお知らせが届くよ♪

↓    ↓    ↓    ↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です