春の花

保存しておいたチューリップの球根。秋に植え付けて2度目の栽培に挑戦!

yume
yume
どうも、yumeです。

今年の春に黄色と白色の2色の色が混ざった、可愛い花を咲かせたチューリップ。

エンジェルウィシュという品種らしいのですが、

花を楽しんだ後は、また秋に植え付けるために球根を掘り上げて、しっかりと保存しておきました。

そして、最近はそろそろ紅葉の時期になってきたので、秋の日差しが暖かい日を選んで保存しておいた球根を再び植え付けることにしました。

それにしても、春から秋まで軒下に吊るして大切に保存しておいた球根には、なんか特別の愛情が湧いてしまいますね。

昨年のように可愛い花を咲かせて欲しいな〜。

と、来年の春にチューリップの花が咲くのを今からとっても楽しみにしています。

ところで、今回植え付けたチューリップの球根は一度花を咲かせたので、またちゃんと花が咲くのかな?と少し不安もあります。

ということで、今回の記事は春に花を咲かせてから保存してあったチューリップの球根の植えつけについて書いてみることにします。

チューリップの球根を植え付けるための参考になれば嬉しいです。

保存してあったチューリップの球根。保存状態は?

花が咲き終わったチューリップの球根は、確か今年の6月に掘り上げて保存を開始しました。

掘り上げた球根は、保存のためにずっとネットに入れて家の軒下に吊るしてありました。

球根は5ヶ月間ずっと軒下に吊るしてありました。

うちの東側の軒下は日当たりは良くないけど風通しが良いので、最高に良い場所を見つけたな!と思っていました。

チューリップの球根の掘り上げや保存の仕方はチューリップの球根を掘り上げました!秋になったら植え付けるよ!それまでの保存の仕方は?の記事で書いています。

まずは、軒下に吊るして保存してあった球根を初めて降ろしてみました。

左側が普通の大きさの球根で、右側が分球で増えた小さい球根です。

保存しておいた球根は、ネットから出してどうなっているのか保存状態を確認してみます。

まあまあ良い状態で保存できたみたい♪

もう先の方が緑色の新芽が出てきている球根も2個あります。

最近は秋らしい気候になってきたので、保存しておいたチューリップの球根をいつ頃植えようかな?と迷っていましたが、

もう新芽が出てきていたとは!

早めに植え付けることにして、本当に良かったなと思っています。

ところが、ひとつだけこれは多分ダメだろうな!という見た目が良くない球根もありました。

これは明らかに腐って干からびた球根に違いない^^;

見た目も良くないし間違いなく植えても無駄な球根だと思ったので、中を見てみたいという好奇心から球根を割ってみました。

やっぱり球根の中も乾いてカチカチ。

実はもし良い球根だったら残念だな、、という気持ちもありましたが、やっぱり思った通り良くない球根でした。

他の4個の球根は問題なく育ちそうなので、ダメな球根が1個だけで良かったなとホッとしました。

保存してあったチューリップの球根を植え付けました

保存しておいたチューリップの球根は、5個あったうち育ちそうな球根は4個だけという結果になってしまいましたが、

早く植え付けた方が良さそうなのですぐに植え付けることにしました。

まずは、普通の大きさの球根から植え付けていきます。

プランターに並べた球根の後ろの4個は保存してあった球根ですが、手前の3個の球根は新しく購入しました。

同じプランターに一緒に植えていきます。

球根の平らな面が、全部外側になるように向きを揃えます。

チューリップの球根の植え付け方は花が咲くのが楽しみ!チューリップの球根を植え付ける時のポイントを解説の記事で書いています。

球根をバランス良く並べたら、上から土をかぶせていきます。

プランターに植え付けたので、球根の上にかぶせる土は2cmの浅植えにします。

今回私は球根を植え付けるのに花用の培養土を使いましたが、球根を育てるための専用の球根の土もあります。

土選びは植物を元気に育てるためにとても重要ですが、チューリップの球根を植え付ける場合はどちらの土を使っても大丈夫です。

ところで、今回新しく購入した3個のチューリップの球根は八重咲きです。

花びらがたっぷりで、まるでバラの花のよう♪

八重咲きの球根も、私が保存しておいた球根と同じくらいの大きさです。

今回植え付けたチューリップの球根はこれから冬の寒さを体験して、少しでも良い球根に育って欲しいなと思っています。

yume
yume
これからの成長が楽しみ!

お花の癒しやストレス解消効果で少しでも安らぎを感じる暮らしを♪お花が定期便でポストに届くワクワクを体験したい場合はコチラから。


そして、捨て切れずに保存してたおいた小さい球根も、やっぱり植えておくことにしました。

チューリップは6月の初め頃に球根を掘り上げてみたら、分球して小さい球根がたくさん増えていました。

あまりにも小さい球根は、思い切って捨ててしまったのですが、まあまあという大きさの球根は捨て切れずに一応保存しておきました。

yume
yume
今更捨てるのも、なんだかなぁ。

ということで、どこまで育つのかはよくわかりませんが、小さい球根も別の鉢に植え付けて実験的な感じで成長を観察して観たいなと思っています。

もちろん、こちらの小さい球根も植え付けは浅植えにしました。

植え付けが終わったら、タップリと水やりをして日当たりの良い場所に置いておきます。

その後よく調べてみたら、どうも小さい球根は葉だけが育って花は咲かないことが多いみたい^^;

ということですが、どっちも大切に保存しておいた愛情タップリの球根なので、

これからも土が乾いたタイミングで水やりをしながら、そのうち芽が出てくるのを楽しみに待ちたいなと思います。

追記:球根を植え付けた後、もう12月の初め頃には芽が出てきていました!最近は暖かい日が続いていたので、早く芽を出したのだと思いますが、何もしないでそのまま見守っていくことにします。

小さい球根の方も、ちゃんと芽を出しています。これからの成長が楽しみ〜♪

そして、こちらが2月の終わり頃。順調そうで何より♪緩効性肥料を撒いておきました。

最後に

春に可愛い花を咲かせたチューリップの球根。

また植え付けるために秋まで大切に保存してありましたが、秋の紅葉の頃の球根の植え付けに良い時期になってきたので、暖かい日を選んで再び植え付けました。

チューリップのような秋植えの球根は、秋に植え付けて冬の寒さを体験させることで美しい花を咲かせる良い球根に育ちます。

保存してあったチューリップの球根を再び植え付けるのは今回が初めての経験なので、また順調に育ってくれるかな?

と、もう今から芽が出てくるのが待ち遠しくてワクワクしています♪

また前回のように、可愛い花を咲かせてくれたら嬉しいなと思います。

それではまた・・・

チューリップの栽培について書いた他の記事はコチラ!

チューリップの球根が芽を出す時期は?早く発芽してしまった場合の対処の仕方も紹介!

球根から育て始めたチューリップの成長を紹介!若葉からの育て方は?

チューリップの開花時期や咲く期間は?蕾を付けてから開花までの成長をレポート!

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭などたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみたHitoHanaのレビュー記事はコチラから。

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪