春の花

ツルニチニチソウの簡単な増やし方。実際にやってみた挿し木(挿し穂)の手順を紹介

yume
yume
どうも、yumeです。

うちでは、今年も4月の初め頃から、ツルニチニチソウがブロック塀の隙間に勢いよく育ち始めました。

そして、薄紫色の優しげな花を咲かせています。ツルニチニチソウは、3月の終わり頃から6月頃を中心に花を咲かせます。

たまに、晩秋まで咲いていることもありますけど。

ツルニチニチソウは薄紫色の花も可愛いのですが、ツルが地面を這うようにどんどん伸びので庭のグランドカバーにもぴったりです。

ツルニチニチソウは繁殖力が旺盛なので、もし、新しい株を増やしたいなという場合は、挿し木で簡単に増やせます。

今回の記事は、先日私が実際にやってみたツルニチニチソウの挿し木の手順を紹介してみることにします。

ツルニチニチソウの簡単な増やし方。挿し木の手順を紹介します

ツルニチニチソウは、春から秋頃までは生育が最も旺盛な時期になります。庭に地植えにした場合は、凄い勢いでツルを伸ばしてどんどん広がっていきます。

新しい株は挿し木で簡単に増やせるので、庭のあちこちに植えてグランドカバーとして楽しみたいなという場合は、伸びたツルを切って挿し木してみて欲しいなと思います。

先日私も、ツルニチニチソウの長く伸びたツルを短く切って挿し木してみました。私がやってみた挿し木の手順を紹介してみようと思います。

ブロック塀の隙間から伸びてきたツルニチニチソウの長いツル。

春になるといくらでも広がるので、惜しげも無く根本からバッサリと切り取りました。

挿し木には、ツルの根本の方のなるべく太くて固い部分を使います。

よく切れるハサミで5〜10cmくらいの長さになるように、茎を斜めに切ります。今回私は、大体5cmくらいの長さにしました。

下の方の葉は、土の中に入ってしまうので落としておきます。そして、葉を上の方の2枚だけ残します。

水分の蒸発を少しでも抑えるために、葉を半分くらいの大きさになるようにハサミで切ります。

準備した挿し木は、数時間ほど水に浸けて十分水を吸わせます。私は半日ほど浸けておきましたよ♪

私はいつも、こちらの挿し木や挿し芽専用の土を使っています。毎回うまく発根するので、発根率も良いですよ♪

挿し芽や挿し木専用の土を用意します。「挿し木の土」は、初めに水で十分湿らせてから使っていきます。

水で湿らせ土に、水に浸けてあった挿し木を挿していきます。

初めに割り箸で土に穴を開けてから挿していきます。今回私は、挿し木をするために、ツルの固くて太い部分を使ったからかな?割と挿しやすかったです。

挿し木は、水やりをした時にうっかりと倒れてしまわないように、なるべく鉢の端の方に挿しました。

ということで、ツルニチニチソウを増やすための挿し木の手順はここまでで終了。とっても簡単です♪

ところで、挿し木に夢中になっていてふと気が付いたら、いつの間にか気温がグングン上がっていました。まるで夏のような暑さに^^;

ガーデニングも、5月頃からはこまめに水分を摂りながらやらないと、ぶっ倒れる〜(・_・;

特に午後の西日が当たる時間帯は、日差しが強いので十分気をつけましょうね。

ツルニチニチソウの挿し木の管理の仕方

こちらは、たった今挿したばかりのツルニチニチソウの挿し木です。根が生えてくるまでには、まだしばらく時間がかかります。

ところで、挿し木がどんな風になってきたら、ちゃんと根が生えてきて順調に育ってるってこと???

と、根が見えないと、挿し木の成長がよくわからなくて困りますね^^;

挿し木は、若い新芽が育ってきたら、ちゃんと根が生えてきて順調に育っているという目安になります。

挿し木から新芽が育ってくるまでは、待ちきれなくなっても触ったりしないで、じっと我慢、我慢(^^;;

次は、ツルニチニチソウの挿し木のその後の管理の仕方を書いてみようと思います。

挿し木の置き場所

挿し木は、挿してからすぐにいきなり強い日差しに当てないようにしましょう。

挿し木にはまだ根が生えていないので、強い日差しが当たるとすぐに弱って枯れてしまいます。

もしその後も挿し木が順調に育ったら、そのうちちゃんと新芽が育ってきますよ♪

私も、ツルニチニチソウの挿し木が根を生やしてちゃんと新芽が育ってくるまでは、挿し木の鉢を日陰に置いて、成長の様子を見守っていきたいなと思います。

挿し木の水やり

挿し木の水やりは、口が細い水挿しなどを使って挿し木が倒れないようにそっと丁寧にします。

土が常に湿っているように、毎日水やりをして土が乾かないようにします。

挿し木にはまだ根が生えていないので、土が湿っていないとすぐに挿し木が弱ってしまいます。

ちなみに、挿し木にぴったりな時期は初夏の5〜6月頃になります。その頃は、だんだんと気温が上がってきて、たまに夏のような暑さになることも。

そして、土も乾きやすくなってきます。挿し木が枯れないように、土が乾いていないかどうかを毎日でもチェックした方が良いと思います。

挿し木の肥料

挿し木には、まだ根が生えていないので肥料は必要ありません。

そもそも、挿し木には、水はけがよくて肥料分が入っていない土を使います。

今後、ツルニチニチソウの挿し木は、新芽が育ってきた頃に挿し木を鉢に植えて(鉢上げ)いきます。まだ、1ヶ月ほど後になるかな?

私がやってみたツルニチニチソウの挿し木も、今後も順調に育つようなら鉢上げをしていきたいなと思っています。

yume
yume
うまく発根して欲しいな〜。

その後、挿し木から育った苗を鉢上げしてみたことを書いた記事はコチラ!

ツルニチニチソウの挿し木で増やした苗を鉢上げしました。コツやタイミングを解説ツルニチニチソウの新しい苗を挿し木で増やしました。苗の鉢上げのコツや、ちょうどいいタイミングを解説しています。実際にやってみた体験談の記事です。...

最後に

ツルニチニチソウは、繁殖力が驚くほど旺盛です。新しい株を増やすなら、挿し木で簡単に増やせます。

挿し木の手順は簡単ですが、その後の管理には十分注意が必要です。これからの時期は、気温が上がってきて土が乾きやすくなってきます。

私も、挿し木の土を乾かさないように気を付けながら、日陰で新芽が育ってくるのを楽しみに待っていようと思います。

ツルニチニチソウの挿し木は割と簡単です。5月は挿し木にちょうど良い時期なので、よかったらやってみてくださいね♪

それではまた・・

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などがたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。

また、旅行などで留守にするは、都合に合わせてスキップもできます。

プロが選んだオシャレなお花が飾ってある暮らしを、体験コース500円から手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかなと毎回ワクワク。まるで贈り物のお花が届いたような気持ちに♪→お花のある暮らしを体験してみる


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です