春の花

【ナデシコの切り戻し】ぴったりな時期や簡単なやり方のコツ・夏越しも解説します

どうも、yumeです。

5月の中旬に新しい土に植え替えをしたばかりのナデシコ。

やっぱり予想通り、植え替えた後は、花を鉢から溢れかえるほどたくさん咲かせました。

あまりにも見事な咲きっぷりに、思わずビックリ!でした。

こちらが、満開のピークの頃のナデシコ。どうかな。凄いでしょ〜。

やっぱり、鉢植えの植物は植え替えが大事だな〜、とつくづく思い知らされました。そして、たくさん咲いてきた花に、毎日毎日心から癒されました。

その頃のことは、ナデシコの植え替え方や花がら摘みのやり方は?実際の画像で解説しますの記事で書いています。

ナデシコの植え替え方や花がら摘みのやり方は?実際の画像で解説します寄せ植えにしてあったナデシコを植え替えてみた体験談の記事です。植え替え方や花がら摘みのやり方など、お手入れの仕方も、実際の画像で解説しています。...

そして、そんな風にたくさん花を咲かせていたナデシコも、そのうちだんだんと、新しく咲いて来る花の数が減っていきました。一旦花が咲き終わったようです。

そこで、それならば!とスッキリと短めに切り戻ししておきました。

この記事では、ナデシコの簡単な切り戻しの仕方やコツなど、について解説してみようと思います。私が実際にやってみた体験談になります。

ナデシコの切り戻しにピッタリな時期は?

ナデシコの切り戻しは、あれ?もう新しい花が咲いてこなくなったような、、と感じるようになってきた、5月の終わり頃にやっておきました。

それまでは、花がら摘みに毎日のように追われていましたが、そのうち、だんだん花が咲かなくなってくると、やっぱり寂しいものだな〜、、な〜んて思ったりもして(・・;)

切り戻しをする時は、まだ美しいままの花もチラホラとありましたが、もうこの際なので、茎を半分くらいに短くしておきました。

もともと梅雨入り前には短めに切り戻しておくつもりだったので、もうなんの迷いもなく思い切ってバッサリ!と潔く。

ナデシコは梅雨の時期になると、株元の繁った葉が蒸れて、病気にかかりやすくなってしまいます。

切り戻しは、もう花が咲かなくなってきた頃を見計らって、必ず梅雨入り前までにやっておくといいです。

株元の風通しを少しでも良くするためにも、、

ナデシコの切り戻しを解説!【実際にやってみた体験談】

うちのナデシコは、これでも思い切って、全体的に半分くらいの高さまで切り戻したつもりです。

花が一輪だけ残っていますが、もう今にも咲きそうな感じだったので、やっぱりどうしても切れなくて、、全然、潔くなんかないじゃないか!ってね(^^;;

その後2週間ほどしたら、切り戻したところから、またたくさん蕾が付いてきました。

ナデシコの成長、恐るべし!!もう第二弾の花が咲いてくるってことなの!?もちろん花は嬉しいですけどね。

ナデシコの切り戻しのコツは?

切り戻しは、まだ小さい株なら、茎を1本づつ切っていっても、そんなに手間がかからないと思います。上の写真のように、節の少し上のところからバシッと!

それとも、株全体の形を整えながら、ザクザク切り戻していってもいいです。植木鉢を回転させながら、がやりやすいです。

切り戻しには、よく切れる清潔なハサミを使うようにしましょう。茎の切り口に雑菌が繁殖するのを、少しでも防げますよ。

そういえば、前にもナデシコの切り戻しを、そんな風に鉢を回転させながらやっているのを、YouTubeで見たことがあったような??

確か、全然迷わずに、手際よくザクザク切ってたな〜。

ナデシコなら、茎を思い切って短くしても、またあっという間に伸びてくるもんね。そりゃ〜、こんな風にバッサリと切れるはずだよ、ってその時思った。

ナデシコは、切り戻した時に全体をドーム形にしておくと、次に花が咲いてきた時に可愛いと思います。

そして、上の写真のように、黄色くなった葉があったら、全部キレイに取り除いておきます。

傷んで黄色や茶色くなった葉は、葉が混み合っている株元によくあります。葉をかき分けて、よくチェックしましょうね。

傷んだ葉はそのままにしておくと、腐って病気の原因になってしまいます。

ナデシコに限らず、植物は元気に育てようと思ったら、いろいろと手間ひまかかりますね。でも、それが案外楽しいのですけど、、

追記:切り戻した後のナデシコの成長は?

今日は雨です。ナデシコもこんなに濡れちゃって(^^;;

切り戻した後のナデシコは?
  1. 2週間ほど経った頃:切り戻したところに蕾がたくさん付いてきた。
  2. 1ヶ月ほど経った頃:再び花を咲かせるようになってきた。

ナデシコは、春から夏の生育が旺盛でどんどん成長する時期なら、こんな風に何度でも切り戻しができます。

ある程度思い切って切り戻しても、またあっという間に復活してきますよ。

株が大きくなって風通しが悪くなってきたな、と感じるようになってきたら、是非やってみてくださいね。

ナデシコの夏越しのさせ方を解説!

ナデシコは梅雨の時期や、夏場の高温多湿が苦手です。

とはいえ、夏場の管理さえ気を付ければ、全く夏越しできない、というわけではありません。

夏場の置き場所は、とにかく風通しのいい直射日光が当たらないところがおすすめです。

鉢植えなら移動させておきましょう。

家の東側は、午前中は朝日がたっぷりと当たり、午後からは日陰になります。大体はそうだと思います。

ナデシコには、夏場はそんな置き場所が一番です。

ナデシコは、乾燥には強い性質です。水やりは、土が完全に乾いてから、でも全然遅くありません。土が乾きやすい夏場でも、です。

ただし、あまりにも乾かし過ぎて、水切れさせてしまってもいけません。

水はあまり頻繁にやり過ぎても、今度は根腐れを起こし、ついにはナデシコが枯れてしまうことも(^^;;

もう切り戻しを済ませたナデシコ。いまは家の南側で育てています。

夏になってもっと暑くなってきたら、今度は家の東側に移動かな〜。早めにやっておかないと。

ところが、うちは西玄関なので、家の東側は、普段は家族もあまり行き来しません。なんか、水やりをうっかり忘れそうで、それがちょっと心配(^^;;

いまは、まだ梅雨入り前ですが、もうすぐ来る梅雨のジメジメした時期を、何とか無事に乗り切ったら、今度はいよいよ夏越し!

絶対に枯らすものか!これからも愛情たっぷりで見守っていきます。

最後に

ナデシコの花が一旦咲き終わってきたので、梅雨入り前に、株全体を短く切り戻しておきました。

ナデシコは夏の高温多湿が苦手です。梅雨入り前に、茎を思い切ってバッサリと短く切り戻しておくといいです。

株の風通しも良くなって、ナデシコが苦手とする梅雨のジメジメとした時期も、無事に乗り切ってくれると思います。

ところで、うちのたった一輪だけ切り残した、未練たっぷりのナデシコも、もう少ししたら、今度こそバッサリ!と切ります。

ナデシコは生育が旺盛なので、実は切り戻しなんて、あまりにも簡単過ぎて何のその、、なんですよ。またすぐにグングン伸びてきます。

というわけで、あまり難しく考えないで、思い切って半分くらいの高さでザクザク!と潔くどうぞ、、

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ではまた。

多彩な通信講座が100以上!あなたにぴったりな講座が必ず見つかる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

ユーキャンの全講座一覧



家にいながら好きなことが学べるって楽しい!ワクワクや好奇心を一生持ち続けましょう。

今まで自己流でやっていたガーデニング、ちゃんと基礎から学んだら、もっと楽しくなりますよ♪

資格を取得して、新しい人生の第一歩を!!

学びに年齢なんて関係ありません。あなたの学びたい、という気持ちを大切に。

あなたにぴったりな講座の詳細はこちらから確認できます。今だけのお得な情報もチェック!

↓     ↓     ↓    ↓

生涯学習のユーキャン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。