春の花

蕾も可愛い!ワックスフラワーの育て方や開花時期、花言葉も紹介します

yume
yume
どうも、yumeです。

先日、お花屋さんでピンク色の蕾がたくさん付いたワックスフラワーの鉢植を見かけました。

ワックスフラワーは切り花ではよく見かけますが、鉢植えなんて珍しいなと思ってすぐに購入してきました。

私が購入したワックスフラワーは、まだどんな色の花が咲くのかよくわかりませんが、多分、蕾と同じで薄いピンク色の花が咲くと思います。

蕾はまだ全然開く気配がありませんが、まん丸でコロンとした可愛い蕾を毎日のように覗き込んでは癒されています。

花が咲くのはまだまだ先になりそうなのですが、ワックスフラワーは蕾でも可愛いので長く続く蕾の期間も十分楽しめます。

そこで今回の記事は、ワックスフラワーの開花時期や育て方について書いてみようと思います。

ワックスフラワーの育て方

ワックスフラワーはオーストラリア原産のフトモモ科の常緑低木。オーストラリア西部の砂漠に自生しています。

それでは、ワックスフラワーの育て方を書いてみることにします。

日当たりや置き場所

ワックスフラワーは寒さに弱いので、冬場も温度管理がしやすいように鉢植えにした方が良いです。

冬場は家の中に入れて、温度が5以下にならないように管理しましょう。

ところが、たとえ家の中でも日光が不足すると葉が落ちてしまうことも・・

家の中でも日差しがよく入る窓辺などにおいて、できるだけたくさん日光に当てるようにします。

そして、十分暖かくなってきたら、外でタップリと日光に当てて育てるといいです。

ちなみに、真夏は直射日光に当てると葉焼けするので、半日蔭の風通しの良いところで育てるようにしましょう。

ワックスフラワーは日本の夏の高温多湿の気候に弱いので、うまく夏越しできずに夏に枯らしてしまうこともあります。

yume
yume
ワックスフラワーは初心者向きじゃないかも。

水やりの仕方

ワックスフラワーの水やりは、土の表面が乾いたらタップリとします。

ワックスフラワーは、もともとは乾燥したところに自生しています。ジメジメとした環境が苦手なので、水をやり過ぎないようにしましょう。

yume
yume
問題なのは蒸し暑い夏越しの時期だね。

肥料の与え方

ワックスフラワーは春の5月〜6月頃と秋の9月〜10月頃に、緩効性肥料を月に1回程度少しだけ与えます。

粒状の緩効性肥料は、効き目がゆっくりと表れて長く続きます。

また、夏場は暑さで根が弱るので、肥料を与えないようにしましょう。株に余計な負担をかけなくて済みます。

冬場は株が休眠して成長がゆっくりになるので、肥料は必要はありません。

ワックスフラワーの開花時期

ワックスフラワーは蕾がこんなにまん丸だったかな?

切り花ではよく見ますが、今まで蕾はあまり気にしていませんでした。

ワックスフラワーの開花期は、4月中旬〜6月中旬まで。

ワックスフラワーは蕾もツヤツヤです。

蕾のままでも十分可愛いなと思いますが、やっぱり花が咲くのが待ち遠しくて仕方がありません。一斉に咲いたら綺麗だろうな・・

でも、その前にまずはちゃんと冬越しさせないと。

その後やってみたワックスフラワーの剪定や植え替えの体験談はこちらの記事で紹介しています。

ワックスフラワーの剪定や植え替え体験談を紹介!花が咲かなかった原因も考えてみました ワックスフラワーは蕾がついても、なかなか花が咲いてこない期間が長く続きます。 一体いつになったら咲くの!?...

ワックスフラワーの花や葉の特徴

鉢植えに上の写真の札が付いていました。ピンク色の花が咲くようなので、今からとっても楽しみ♪

ワックスフラワーの切り花は輸入が多いので、切り花としてはほとんど一年中出回っています。

花は梅の花を小さくしたような形をしていますが、花びらが名前の「ワックス」からも連想できるようにツヤツヤしているのが特徴です。

そして、葉は針のように尖っていてトゲトゲしています。

yume
yume
触るとチクチクするよ!

 

ワックスフラワーの香り

ワックスフラワーは葉をちぎったり、茎を折ると柑橘系の香りがします。独特の香りなので、苦手な人もよくいますよ。

私は、爽やかで癒される香りだなと思っています。香りの感じ方は人によってそれぞれですね。

個性的な香りなので、香りに敏感ならあまり好きになれないかも・・

それこそ一度嗅いでみないと一概には言えません。ぜひ香りを嗅いでみてくださいね。

ワックスフラワーの花言葉

次は、ワックスフラワーの花言葉を紹介します。

  • 気まぐれ
  • 繊細
  • 可愛らしさ
  • まだ気づかれない長所

「可愛らしさ」という花言葉は、小さくて可愛い花をたくさん咲かせるワックスフラワーのイメージにピッタリ。

また、「繊細」や「気まぐれ」という花言葉は、ワックスフラワーが夏場の蒸し暑さで枯れることが多いことから付いたのかな?

と、あくまで私の憶測ですが、本当のところはどうなのでしょうね。知りたいですね。

ワックスフラワーは花が小さくて他の花とも合わせやすいので、切り花として花束にもよく使われます。

もし、お花を贈り物にする機会があったら、上で書いた花言葉も参考にしてみてください。

最後に

最近、ワックスフラワーを鉢植えで育て始めました。

購入した時にはもう蕾がたくさんついていましたが、花が咲くのはまだまだ先になりそうです。

ちなみに、ワックスフラワーは、日本では冬越しよりも夏越しの方が難しいそうです。

今後も元気に育つかな?

とにかく頑張って育ててみます。そして、春には可愛い花をたくさん咲かせて欲しいです。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・・

通信講座が100以上も!【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

たくさん揃った通信講座の内容は、こちらから確認できます。

↓     ↓     ↓

今までなんとなくや、自己流でやっていた園芸やガーデニング。改めて基礎から学んだらもっと楽しくなってきますよ♪

学びたいという気持ちに年齢なんて関係ありません。

自分の好きな趣味を基礎から学んだり、資格を取得して少しでも楽しい充実した人生を送っていきましょう。

あなたにぴったりな講座の詳細や、今だけのお得な情報もこちらから確認できます。

↓     ↓     ↓

生涯学習のユーキャン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。