春の花

蕾も可愛い!ワックスフラワーの育て方や開花時期、花言葉も紹介します

yume
yume
どうも、yumeです。

先日お花屋さんで、ピンク色の蕾を枝いっぱいに付けたワックスフラワーの鉢植を見かけました。

ワックスフラワーは切り花ではよく見かけますが、鉢植えは珍しいな、と思ってすぐに購入してきました。

さて、どんな花が咲いてくるのかな?きっと蕾と同じように薄いピンク色の可愛い花が咲いてくるに違いない。そう思って今から楽しみにしています。

ワックスフラワーは蕾の期間が長く続きます。でも、蕾のままでも十分可愛いです。私もそんなまん丸な蕾に、毎日のように癒されています。

そこで今回の記事は、ワックスフラワーの開花時期や育て方、花言葉について書いてみようと思います。

ワックスフラワーの育て方

ワックスフラワーはオーストラリア原産のフトモモ科の常緑低木です。オーストラリア西部の砂漠に自生しているそうです。

次は、ワックスフラワーの育て方を解説してみることにします。

日当たりや置き場所

ワックスフラワーは寒さに弱い性質です。

冬場は室内に移動して、温度が5以下にならない場所で管理をしていきます。そのためにも、鉢植えにした方が育てやすいです。

日光が不足すると葉が落ちてしまうこともあるので、日差しがたっぷりと入る窓辺などに置いて育てます。

春に気温が上がってきたら、再び外に出して日光にたくさん当てて育てるようにします。

とはいえ、直射日光に当てると葉焼けをしてしまうこともあります。真夏は半日蔭の風通しの良いところで育てるようにします。

ワックスフラワーは、日本の夏の高温多湿の気候が苦手です。夏場の管理にも注意が必要です。

水やりの仕方

ワックスフラワーの水やりは、土の表面が乾いてからタップリとします。

もともと砂漠に自生しているので、湿気の多いジメジメした環境が苦手です。あまり水をやり過ぎないように気をつけましょう。

肥料の与え方

ワックスフラワーの肥料は、春の5月〜6月頃と秋の9月〜10月頃に固形の緩効性肥料を月に1回程度与えます。

粒状の緩効性肥料は効き目がゆっくりと表れて長く続きます。

夏場は暑さで根も弱るので、肥料を与えないようにしましょう。返って株に負担をかけないためにも、、

冬場は株が休眠するので、成長もゆっくりになります。冬場は肥料は必要ありません。

ワックスフラワーの開花時期

ワックスフラワーの蕾はまん丸でコロンとしています。そして、艶もあります。

こんなにも可愛かったの!?と私も改めて蕾の可愛さに魅せられてしまっています。

ワックスフラワーの開花時期は、4月中旬〜6月中旬までです。

蕾も十分可愛いなと思いますが、やっぱり花が咲いてくるのが待ち遠しくて仕方がありません。一斉に咲いたら、それはそれは美しいのでしょうね。

でもその前に、まずは上手に冬越しさせなければ(・・;)

ワックスフラワーの剪定や植え替えのやり方は、こちらの記事で実際の体験談を紹介しています。

ワックスフラワーの剪定や植え替え体験談を紹介!花が咲かなかった原因も考えてみました ワックスフラワーはせっかく蕾を付けても、花がなかなか咲いてきません。蕾のままの期間がずっと長く続きます。 ...

その後、ワックスフラワーに自然に蕾が付いてきたことは、こちらの記事で紹介しています。冬越し対策についても参考にしてみてくださいね。

ワックスフラワーに蕾が付いてきました|寒さに弱い植物の冬越し対策の仕方は?冬前にワックスフラワーに待ちに待った蕾が付いてきました。この記事では、ワックスフラワーの蕾の様子や、寒さに弱い植物の冬越し対策の仕方について書いてみました。...

ワックスフラワーの花や葉の特徴

こちらは、ワックスフラワーの鉢植えに付いていた札です。もし札の通りなら、やっぱりピンク色の花が咲くようなので、もう今から待ち遠しい気持ちで一杯です。

ワックスフラワーは、切り花としては輸入がほとんどです。なので、お花屋さんにはほとんど一年中と言ってもいいほどよく出回っています。

ワックスフラワーの花は、梅の花を小さくしたような形をしています。名前からも連想できるように、花びらがワックスをかけたようにツヤツヤしています。

葉は針のように尖っていてトゲトゲしています。

yume
yume
手で触るとちょっとチクチクします。

ワックスフラワーの香り

ワックスフラワーは、葉をちぎったり茎を折ると柑橘系の香りがします。独特の香りがするので、この香りが苦手、という人もよくいます。

香りの感じ方は人それぞれですからね。私は爽やかな癒し系の香りだな、と思います。

どちらかと言うと、個性的な香りかな??

ワックスフラワーの花言葉

次は、ワックスフラワーの花言葉を紹介します。

  • 気まぐれ
  • 繊細
  • 可愛らしさ
  • まだ気づかれない長所

「可愛らしさ」という花言葉は、小さくて可愛い花をたくさん咲かせるワックスフラワーにあまりにもピッタリ!

また、「繊細」や「気まぐれ」という花言葉はワックスフラワーが夏場の蒸し暑さで枯れることが多いことからつけられたのかな??なんて勝手に想像しています(・・;)

ワックスフラワーは、花束にもよく使われます。小さい花が脇役としての力を発揮して、あっという間に可愛い花束が出来上がります。

もしお花を贈る機会があったら、上で書いた花言葉も参考にしてみてください。

最後に

つい最近、ワックスフラワーの鉢植えを購入して育て始めました。

購入した時にはもう蕾がたくさんついていましたが、花が咲いてくるのはまだまだずっと先になりそうです。

ワックスフラワーは、日本では冬越しよりも夏越しの方が難しいそうです。

うちのワックスフラワーも、これからも元気に育ってくれたら嬉しいです。そして、春に可愛い花をたくさん咲かせて欲しいな、と今から期待満々です。

ワックスフラワーは蕾も十分可愛いですよ。楽しく育ててみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・・

趣味や資格取得の通信講座が100以上!学ぶのが楽しくなる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの「学びたい」という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪講座の詳細やお申し込みはこちらから↓

\新たにデビューした講座もチェック!/

今までなんとなくや、自己流でやっていた園芸やガーデニング。改めて基礎から学んだら、一段と楽しくなってきますよ♪

「学びたい」という気持ちに年齢なんて関係ありません。

趣味を基礎から学んだり、資格を取得して少しでも充実した人生を送っていきましょう。

資料請求はこちらから生涯学習のユーキャン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。