春の花

花が終わったプリムラ・ジュリアンの夏越しに挑戦!

どうも、yumeです。

プリムラ・ジュリアンは、日本の夏の厳しい暑さや、ジメジメとした湿気が苦手です。そのため、夏になると枯れてしまうことが多いです。

そんなことから、本来は多年草なのに、もう一年草として終わらせてしまうことがほとんど。残念ながら、、

もちろん、全部が全部、そうというわけではありません。

育てている地方の気候や夏場の置き場所、管理の仕方によっては、ちゃんと元気に夏越しできることもあります。

うちのジュリアンは、もう6月中旬で真夏並みの気温になる日もあるというのに、また新しい葉をたくさん繁らせてきました。

そこで、もしかしたら夏越しできるかも、、という期待が膨らんできました。今年は、難しいと言われている、夏越しにも挑戦してみようと思っています。

この記事では、プリムラ・ジュリアンの花が咲き終わった後の様子や、夏越しのコツついて書いてみることにします。

プリムラ・ジュリアンの現在の様子「6月中旬頃」

こちらは、6月15日のジュリアン。なんと!最近になって、また花が咲いてきました。

たった二輪ですけど、まさかの展開にびっくりしています。

振り返ってみると、、

6月8日:あれ?もしかしたら蕾?そんな訳ないよね。だって、もう花はとっくに終わったはずだし、、

でも、やっぱり蕾っぽい。なんで今頃になって??

そんな言葉が一瞬で頭の中を駆け巡りました。ちょっと興奮気味(笑)

6月10日:おっ、花が咲いてきた〜!!

最近は、葉ばっかり繁っていたのに、あれはやっぱり蕾だったんだ。やった〜!

ジュリアンは、昨年の12月に苗を植え付けた後、4月の終わり頃まで花を次々とたくさん咲かせました。

こちらは、今年の2月終わり頃。この頃は、株の中心から蕾が絶え間なく上がってきていました。花の色も少し濃いめですね。

その後、4月の終わり頃にもう蕾が上がって来なくなってきたので、とうとう終わりかぁ〜、と思っていました。

ジュリアンは、多分夏越しまでは無理だろう、ともう初めから、全然期待していませんでした。

それでも、その後も念のため、黄色くなった葉を取り除いたり水やりもいつも通りしてきました。

実は、もしかしたら夏越しできるかも、、という、淡い期待を捨て切れずにいたからでした。

プリムラ・ジュリアンの花が終わった後の様子

ジュリアンは、花が終わった後、5月の初め頃から葉がどんどん黄色くなっていきました。

この頃はもう真夏のような気温の日もあったので、もうこのまま枯れてしまうのかな、と思ったことも何度もありました。

でも、それでも、まだ水やりだけは続けていました。

実は、この頃(5月頃)の写真が全然残っていません。なので、その頃の様子をお見せできないのが残念です。

多分、いまにもダメになりそうなジュリアンの写真なんて撮りたくないよ、という心境だったのだと思います。

植物は、調子がいい時ばかりではありません。育てていく間には、枯れそうになったり、悪い時もたくさんあります。

そんなわけで、調子が悪い時の写真も、やっぱりちゃんと残しておかないと、と反省しています。

ジュリアンは、その後5月後半頃から、また株の中心に新しい葉が育ってきました。そして、青々とした葉がたくさん繁るようになってきました。

なぜか、株が回復してきたようです。

そして、最近は、上でも書いたように再び花を咲かせています。もう、本当にびっくりです!

やっぱり、花が咲き終わった後も諦めずに水やりをしてきて本当に良かったな、と今となっては、つくづくそう思います。

プリムラ・ジュリアンの夏越しに挑戦してみることに・・

ジュリアンはこれから梅雨の時期を迎えると、一体どうなっていくのでしょうね。このまま元気に育っていくのかな??

ジュリアンは、冬の寒さには強いので、冬越しは楽々でした。ところが、夏の暑さやジメジメとした湿気が苦手です。

冬場の育て方について書いた記事も書いています。読んでみてくださいね。

プリムラ・ジュリアンの苗の選び方や冬場の育て方。花をたくさん咲かせるコツは?この記事は、プリムラ・ジュリアンの冬場の管理の仕方や基本的な育て方のポイント、花をたくさん咲かせるコツなどについて書いています。また、いい苗の選び方なども解説しています。...

ジュリアンは、今までは花が咲き終わる4月の終わり頃になったら、もう一年草扱いということで終わりにしていたので、実はまだ梅雨の時期の様子まではよくわかっていません。

十分気をつけながら、無事に乗り切りたいな、と思っています。

やっぱり、置き場所は、雨が当たらない軒下とかがいいですよね。

梅雨が終わったら、今度は夏越しです。今年初めて挑戦してみます。私もジュリアンも、精一杯頑張ります(笑)

プリムラ・ジュリアンの夏越しのコツは?

それでは、夏越しのコツを下記でまとめてみます。

プリムラ・ジュリアンの夏越しのコツ

風通しの良い半日陰(1日の半分くらい日陰になるところ)で管理する。

夏になる前(6月くらいまでを目安に)に新しい土に植え替えておく。

夏場は直射日光に当てない。

土の表面が乾いたら水やりする。

秋になって気温が下がってきたら、日当たりの良い場所に移動させる。

私も上で書いたコツに気をつけながら、必ず元気に夏越しさせたいな、と思っています。もう今からやる気満々(笑)

その前に、まずは、もうすぐにでも新しい土に植え替えないと、ですね。早速やっておきます。

夏越しの様子は、また新しい記事で紹介したいな、と思います。また読みにきてくださいね。

秋頃に記事にできるかな。どうか、いい結果になりますように、、

今度こそ、ちゃんと写真も撮っておきます。たとえ、どんな結果になっても(^^;;

もしプリムラ・ジュリアンを夏越しさせるなら、是非、上で書いたコツに気をつけながらやってみてくださいね。きっと上手くできると思います。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた。

多彩な通信講座が100以上!あなたにぴったりな講座が必ず見つかる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

ユーキャンの全講座一覧



家にいながら好きなことが学べるって楽しい!ワクワクや好奇心を一生持ち続けましょう。

今まで自己流でやっていたガーデニング、ちゃんと基礎から学んだら、もっと楽しくなりますよ♪

資格を取得して、新しい人生の第一歩を!!

学びに年齢なんて関係ありません。あなたの学びたい、という気持ちを大切に。

あなたにぴったりな講座の詳細はこちらから確認できます。今だけのお得な情報もチェック!

↓     ↓     ↓    ↓

生涯学習のユーキャン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。