冬の花

プリムラ・ジュリアンの苗の選び方や冬場の育て方。花をたくさん咲かせるコツは?

yume
yume
どうも、yumeです。

最近うちでは、玄関先で冬の寒さに強いお花ばかり色々と育てています。

その中に、また新しくプリムラ・ジュリアンが仲間入りしました。

プリムラ・ジュリアンは、毎年冬前から園芸ショップなどにもう花の咲いた苗がたくさん並び始めます。

花の色も本当にたくさん!もしかしたら、もう無い色がないのでは?と思ってしまうほど豊富です。

プリムラ・ジュリアンはカラフルな花が冬の玄関先の彩りとしてはもちろん、冬の寒さでギュッ!と固まってしまった気持ちまで明るくしてくれるように感じます。

ところで、プリムラ・ジュリアンの育て方や、花があまり咲かなくなったことで困っていませんか?

期待していた通りに育たないと、「どうしてなの?」と、頭の中が心配や疑問でいっぱいになってしまいますよね。

植物の栽培は、何が正解なのかがはっきりしないことも多々あります。ということで、私もいつも何かと四苦八苦してばかり^^;

そこで、今回の記事はプリムラ・ジュリアンの苗の選び方や冬場の育て方、花をたくさん咲かせるコツについて書いてみることにします。

プリムラ・ジュリアンの苗の選び方。いい苗はここが決め手!

こちらは、まだ植え付けたばかりのプリムラ・ジュリアン。まだつい最近の12月になってから育て始めました。

苗は、花がたくさんついているものを選んでしまいがちですね。私もつい・・

他にも、下記のようなこともよくチェックして選ぶようにしてみてくださいね。

  • 葉がたくさん付いているか?
  • 茎がヒョロッと徒長してないか?

もし、どの苗がいいの?と迷った時は、全体が少しでも生き生きとした苗を選ぶといいですよ。

もちろん、自分が思う範囲で十分なので。。

苗は下の方の葉が黄色くなったものもよく見かけます。そういう苗はせっかく植え付けてもあまり元気に育たないことも・・

元気な苗は、割と見た目でわかります。せっかくなので、できるだけいい苗を選んでくださいね。

プリムラ・ジュリアンの冬場の管理の仕方は?

プリムラ・ジュリアンは冬の寒さに強い性質です。真冬でも、気温が5℃以上あれば外で管理できます。

ところが、反対に日本の夏の暑さにはあまり強くありません。夏越しができなくて、夏前に枯れてしまうことが多いです。

というわけで、本来は花を毎年楽しめる宿根草ですが、日本では一年草として扱われてしまうことも・・

霜に注意!

プリムラ・ジュリアンは冬場も外で管理できるとはいえ、霜には非常に弱いです。

霜に当たると、根まで凍って枯れてしまうことも・・^^;気をつけよう

もし外で育てるなら、冬場は霜や雪よけのできる軒下で管理したほうが安心です。

もし急に気温が下がる日があれば、その都度、夜だけでも室内に入れたほうがいいです。

また、関東より北の寒さが厳しい地方では、冬場は初めから室内で管理したほうがいいと思います。

うっかりして霜や雪に当てないためにも、そのほうが安心かと。。

冬場の生育温度は?

プリムラ・ジュリアンは、温度が515程度あれば冬場も生き生きと元気に育つということです。

最近は、時々急に気温が下がる日もあります。朝晩は、思いがけず冷え込むことも・・

ところが、うちのプリムラ ・ジュリアンは、最低気温が5℃くらいまで下がっても玄関先で元気に花を咲かせています。

https://twitter.com/yume_tukisabo/status/1470180408587595776?s=20

上でも書いたように、プリムラ・ジュリアンは寒さには強いほうですが、反対に高温には弱いです。

もし家の中で育てるなら、暖房があまり効いているところに置かないようにしましょうね。

部屋の温度が高すぎると、株もだんだん弱ってきます。

プリムラ・ジュリアンの育て方のポイント

カラフルな花が冬の玄関先を明るくするプリムラ・ジュリアン。

次は、育て方のポイントを解説してみることにします。

日当たり

プリムラ・ジュリアンは、日当たりや風通しの良い場所で育てるようにします。

日光にたくさん当てると、下から花芽が次々と上がってきますよ。

反対に、日光にたくさん当てないと、あまり花が咲かなくなったり茎も細くなってしまいます。そして、だんだん元気のない株になってしまいます。

水やりの仕方

水やりは鉢が軽くなったと感じた時や、土の表面が乾いてきた頃を目安にたっぷりとします。

また、花に水がかからないように、葉を持ち上げて株元からします。

鉢植えは、水やりをした後に鉢皿に水を溜めておかないようにしましょう。そのままにしておくと、根腐れを起こす原因になってしまいますので・・

ちなみに、水やりの仕方は、植物の育て方の中でも割と難しいポイントです。

可愛がりすぎて、水を毎日決まったようにやらないようにしましょうね。

私も、今まで水のやり過ぎでいっぱい失敗してきました〜(^^;;とほほ

水やりの仕方は、たまに失敗してもそのうちだんだんコツを掴んでいくものなのですが、、

それでも、せっかく育てているプリムラ・ジュリアンです。できれば、そうそう簡単に枯らしたくないですよね。もちろんそれは私も・・

冬場は気温も低いので土もあまり乾きません。もし表面が乾いていても、まだ下の方は湿っていることが多いです。

冬場はあまり水をやり過ぎないように、くれぐれも気をつけて欲しいなと思います。

プリムラ・ジュリアンに花をたくさん咲かせるコツは?

プリムラ・ジュリアンは葉をよけて株元を覗いてみたら、もう花芽がたくさん上がってきていました!ほら、こんなに♪

日光にたくさん当てる

プリムラ・ジュリアンは株が元気なら、株元から花芽が次々と上がってきます。そして、花をこんもりとたくさん咲かせます。

プリムラ・ジュリアンは、花をたくさん咲かせるためにも日光にたくさん当てる必要があります。

特に株の中心にたっぷりと。

もし室内の窓際で育てるなら、昼間は意外と温度が上がっていることも・・

プリムラ・ジュリアンは、何度も書いたように高温が苦手です。あまり暖かいと株も元気がなくなり、もう花芽がつかなくなります。

昼間はできれば外の風通しのいいところに出して、外の日差しにたくさん当てるようにしたほうがいいですよ。

それだけで、花がたくさん咲くようになる可能性が十分あります。

花があまり咲かなくなったことで困っていたら、早速試してみてくださいね♪

肥料不足に注意!

開花期間の長いプリムラ・ジュリアン。

花をたくさん咲かせるには、栄養もたくさん必要になります。肥料が不足すると、花もあまり咲かなくなってきます。

そのうち、あれ?もう花芽が上がってこなくなったんだけど??

な〜んてことにも、なり兼ねません。そんなの寂しいですよね^^;ちょっと無理

プリムラ・ジュリアンは花をたくさん咲かせるためにも、肥料を定期的に与えるようにしましょう。

下記は、プリムラ・ジュリアンが花を最もたくさん咲かせる時期の秋〜翌年の春頃までの肥料の与え方になります。

プリムラ・ジュリアンの肥料の与え方!

  • 鉢植え:液体肥料を10日に1回程度与える。または、緩効性肥料を月に1回程度与える。
  • 庭植え:たまに緩効性肥料を株の周りに撒いておく。

液体肥料ならメジャーなコチラがおすすめ!

株元に撒いておくだけで効果が長く続く固形の緩効性肥料はコチラ!

もし葉の色が薄くなったり、あまり花が咲かなくなってきたら肥料が不足しているのかも??

プリムラ・ジュリアンは花をたくさん咲かせるためにも、肥料不足にならないように十分気をつけましょうね。

ちなみに、粒状の緩効性肥料は、冬場は気温が低いためかいつもより解けにくいような??

冬場はどちらかと言えば、液体肥料のほうがいいと思います。効果も早く表れてくると思いますよ。

あくまで私の勝手な見解ですけど、、

肥料は、上で書いた「肥料の与え方」を参考に与えてみてくださいね。

花がら摘みのお手入れをこまめに!

花がら摘みは、できるだけ株元から茎も一緒に・・

私はいつも、花がらを手で摘み取っていますよ。ブチっとこんな風に・・

プリムラ・ジュリアンは忙しさで放ったらかしにしていると、株があっという間に花がら(咲き終わった花)でいっぱいに^^;

花をたくさん咲かせるためには、日光が株の中心の蕾にまでたくさん当たるようにしないといけません。

そのためにも、花がら摘みのお手入れがどうしても欠かせません。

また、花がらはそのままにしておくと、腐って病気の原因になってしまうこともあります。

そう言えばパンジーも同じですね。花がたくさん咲く時期になると、花がら摘みに毎日追われるほどに^^;

花がらは、もう花が終わりかけたら早めに摘み取ったほうがいいです。そうすると、次に咲いてくる花に少しでもたくさん栄養がいくようになりますよ♪

花がらは、株元から茎と一緒に摘み取ります。

手で摘み取っても良いですが、心配ならハサミを使ってもいいですよ。

ところで、同じ仲間のプリムラ・ポリアンサも、花がらをそんな風に摘みます。

花がら摘みのやり方は、ジュリアンも全く同じです。こちらの記事でも紹介しています。チラッと覗いてみてくださいね。

プリムラ ポリアンサの苗を植え付けた体験談。育て方や花がら摘みも解説! この前久し振りに、すこし遠くにある園芸ショップまで足を伸ばしてみました。 そのお店は、大型店ということで苗...

プリムラ・ジュリアンの開花時期

株元の蕾も、日に日に膨らんできました。ふっくらとしてもう今にも咲きそう♪

プリムラ ・ジュリアンは、開花時期が11月頃〜翌年の4月頃までです。

花の時期が長いので、カラフルな花を長く楽しめます。

私は今年は、3号のポット苗をひと株だけで植えてみました。鉢はこれから株が大きくなることも考えて少し大きめの5号鉢に。

他にも、プリムラ・ジュリアンばかりを寄せ植えにしても可愛いと思いますよ。

ちなみに、プリムラ・ジュリアンは葉がパッと横に広がります。

もし寄せ植えにするなら、株と株の間を少し(10cm程度)空けて植え付けたほうがいいですよ。

そのほうが葉も混み合いません。日光も、株の中心にまでタップリとよく当たります。

最後に

冬の寒さに強いお花といえば?やっぱりプリムラ・ジュリアン!

秋から冬の初め頃になると苗がたくさん出回り始めます。私も玄関先の彩りとして毎年恒例のように育てています。

最近は、カラフルな花を咲かせるプリムラ・ジュリアンのお陰で、うちの玄関先も少し明るい雰囲気になったように思います。

ところで、昨日は強い寒波の影響でこの冬一番の冷え込みになりました。

そこで、プリムラ・ジュリアンが霜に当たらないかな?と心配で^^;

でも、その日は玄関の中に入れて強い寒波を無事に回避!

もしまたそんなことがあったら、またそんな風に霜や雪に当てないように気をつけながら大事に育てていくつもりです。

そして、春の4月頃まで花を次々とたくさん咲かせて欲しいなと思います。

プリムラ・ジュリアンは可愛い花をたくさん咲かせます。早速育ててみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ガーデニングを基礎から学んだり、資格を取得して人生を少しでも豊かにしませんか?

あなたにぴったりなガーデニング講座のお申し込みはこちらから→ユーキャンの全講座一覧



 

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などがたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。

また、旅行などで留守にするは、都合に合わせてスキップもできます。

プロが選んだオシャレなお花が飾ってある暮らしを、体験コース500円から手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかな?と毎回ワクワク。まるで贈り物のお花が届いたような気持ちに♪

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花のある暮らしを体験してみる



yumeのブログを読みにきてくださった方へ

いつもyumeのブログを読みにくださってありがとうございます。

この度、新たにyumeが新記事を更新するたびにあなたのパソコンやスマートホン、タブレットなどに新記事の通知が届く便利な機能を追加しました。

その名も、Push7!

「Push7」とは?

  • ブログ側と読者を繋ぐ無料のツール。
  • アプリを取得する必要がない。

料金が発生するわけではありませんので、安心して利用してくださいね。

yumeの新記事が気なるな〜という方は、下のボタンをポチッ!とするだけで新記事のお知らせが届くよ♪

↓    ↓    ↓    ↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です