夏の花

オジギソウが花を咲かせました。苗を植え付けてから2ヶ月目の成長や花の特徴を紹介!

yume
yume
どうも、yumeです。

今年の5月にオジギソウの苗を植え付けたのですが、早いもので、もうあれから2ヶ月目になります。

そして、植え付けた後は花が咲くのをずっと楽しみにしていましたが、ようやく最近になって可愛い花を咲かせました。

この記事では、苗を植え付けてから2ヶ月目のオジギソウの成長の仕方や花の特徴を紹介してみようと思います。

オジギソウの成長の仕方や花の特徴が知りたいなと思っていたら読んで参考にしてみてください。

オジギソウがやっと花を咲かせました。花の特徴は?

オジギソウの花は、苗を購入した時についていた札の写真で見た通りまん丸でフワフワです。

朝早くに、いつものように外で育てている植物の様子を見にいってみたら、、

えッ、オジギソウに花が咲いてる!?

それは、7月の初めの雨が降った日の翌朝のことでした。オジギソウがピンク色の可愛い花を咲かせていました。

オジギソウの花は?

  • 丸い形。
  • 直径が約2cmほど。
  • フワフワでまるでタンポポの綿毛のよう。

私は、オジギソウに花が咲いてくるのをもうずっと楽しみにしていたので、思わず褒めてあげたい気持ちになってしまいました^^;

よく咲かせたね、って(笑)

でも、まだ花がたった一輪しか咲いていません。

ちなみに、オジギソウは花がまだ10月頃まで咲くということなので、次の花が咲いてくるのを毎日まだかな、まだかな?と楽しみにしています。

どの枝にも、先の方に花芽らしき?ものがたくさん付いています。どうか花芽でありますように、、

花がたった一輪で終わるなんて、そんなの絶対に嫌だ〜!!てね(^_^;)

追記:その後私の期待通り、オジギソウは可愛い花を次々とたくさん咲かせていきました。一つ咲き終わったら、また次が咲いてくるというように、、↓

まだ花芽がたくさん付いているので、これからも可愛い花を秋までたくさん咲かせて欲しいです。

オジギソウの苗を植え付けてから2ヶ月目の成長を紹介します

オジギソウの苗は、植え付けてからどんどん大きくなってきました。一番長い枝は、2ヶ月目で長さがもう30cmほどになっています。

午後になると暑さが厳しすぎて、オジギソウが葉を閉じて干からびそうになっています。そんな中で写真を撮っている私の方も干からびそう(・_・;

また夕方になったら、たっぷりと水やりしないと、、

オジギソウは、暑さでヨレヨレになっていても、水やりをした途端、すぐにシャキッ!と復活してきます。

たったの2ヶ月でこんなにも大きく育ったのかと思うと、改めて成長の早さにびっくりしています。

ちなみに、こちらが購入したばかりの頃のオジギソウの苗です。

初めは、まだこんなに小さくて、苗の高さがほんの10cmほどしかありませんでした。

オジギソウは縦に伸びるというよりも、枝がどんどん横に広がるように伸びていきました。

オジギソウの植え付け方や育て方についてはこちらの記事で書いています。

育てるのが簡単!オジギソウの苗を植え付けました。手順や育て方を解説オジギソウ植え付けの手順を紹介した記事です。育て方、葉や花の特徴についても書いています。...

オジギソウはトゲに注意!

オジギソウの枝には産毛が生えていてトゲがあります。

トゲは苗がまだ小さかった頃には気が付かなかったほどでしたが、最近は成長とともにトゲが鋭くなってきました。

うっかりしてトゲで手を傷つけないように気をつけています。

それでも、つい触ってしまって、痛ッ!ってなることもありますけど^^;

小さいお子さんがいる場合は、怪我をしないように枝を触らないように注意してあげて欲しいなと思います。

オジギソウがうっかり枯れそうになったことも

今年は梅雨に入ってから不安定な気候が長く続いていました。最近は、日によってかなり暑さが厳しい日もあります。

ところで、たまには良いかな、、な〜んて、やっぱり油断をしていてはいけませんね。

オジギソウは、水やりをたった1日サボっただけで、気が付いた時にはもうカラカラに乾いていました。もうすでに半分枯れた状態に(・_・;

それで、お願い少しでも回復して〜!と、祈るような気持ちで慌ててたっぷりと水やりをしてみました。

その甲斐あって、オジギソウはなんとか一命はとりとめたものの、やっぱり思った通り半分くらいの枝が枯れてしまいました。悲しい^^;

これも、いい勉強になったなと反省しています。

鉢植えの植物は少ない土の中で育っているので、真夏は水やりを怠ると、水切れで致命傷になってしまいます。

それでもオジギソウは強い方なので、今回は間一髪!半分でも助かって本当に良かったなと思っています。

枯れた枝は切り取ってしまいましたが、残った他の枝は、まるで何事もなかったかのようにその後も元気に育っています。

鉢植えのオジギソウの水やり。夏場は頻度を多めに!

鉢植えにした植物は、真夏の猛暑の時期にうっかり水を切らすと、あっという間に枯れてしまいます。

というわけで、夏場は少しぐらい水道代が上がっても仕方がないかな〜、と(・・;)

うちのオジギソウは、夏場は水やりを朝と夕方に2回ほどやっています。水道代は、少し高くなってしまいますけど、、

夏場の気温が高い時期は、土がカラカラに乾きます。水やりの頻度も、少し多めにしましょう。最低でも、1日に1回は必ず、、

地植えにした植物は、水やりの心配をしなくても良いところが羨ましいな〜。暑さが厳しい時期でも、そこまでグッタリとしていませんものね。

私は時間に追われると、たまに水やりが夜になってしまうことも、、

枯らしてから後悔したって、もう遅いし(^^;;

オジギソウの花言葉

オジギソウに突然可愛い花が咲いたので、急に花言葉が気になってきました。

そこで、早速調べてみたところ、オジギソウには下記のような花言葉がたくさん付いていました。

  • 繊細な感情
  • 感受性
  • 感じやすい心
  • 敏感
  • 謙虚

どの花言葉も、葉がちょっと触っただけでもすぐに閉じてしまう、という特徴が由来となって付けられたと思われます。

葉は、面白いほど敏感に反応しますよ。

最後に

うちのオジギソウは、育て始めてからもう2ヶ月目になります。最近はたった一輪ですが、やっと花を咲かせました。

花は、まだ10月頃までは咲いてくるはずなので、これからも次々とたくさん咲いてくれると嬉しいなと期待しています。

オジギソウは、ピンク色でまん丸な可愛い花を咲かせます。葉には、触ると閉じるという特徴もあります。楽しく育ててみてくださいね♪

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・

通信講座が100以上!学ぶのが楽しくなる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの学びたい、という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪

通信講座の内容は、こちらから簡単に確認できます。

↓     ↓     ↓

今まで、なんとなくや自己流でやっていた園芸やガーデニング。改めて基礎から学んだらもっと楽しくなってきます♪

学びたいという気持ちに年齢なんて関係ありません。

自分の好きな趣味を基礎から学んだり、資格を取得して少しでも楽しい充実した人生を送っていきましょう。

あなたにぴったりな講座の詳細や今だけのお得な情報もこちらからチェック!

↓     ↓     ↓

生涯学習のユーキャン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。