夏の花

夏に人気の切り花|グラジオラスをオシャレに飾るコツや花言葉、水揚げ、花持ちを紹介

どうも、yumeです。

夏によく出回る切り花といえばグラジオラスがあります。

ところでグラジオラスの切り花は、まるで釣竿?

と言いたくなってしまうほど茎が長いので、その長さを生かして大きな花束や大きなフラワーアレンジメントでもよく使われます。

ところで私は、部屋にお花が飾ってあるとついつい見とれしまいます。そして、勝手にニッコリしているらしくて、家族からは「何ニヤニヤしてるの?」とからかわれてしまうことも。

それでも、やっぱり私にとっては、お花が一番の癒しかなと思っています。

この記事ではグラジオラスの切り花をおしゃれに飾るコツや水揚げの仕方、花持ちや花言葉など書いてみることにします。

グラジオラスの切り花がよく出回る時期や詳細

グラジオラスの切り花は、お花屋さんには1年中おいてあります。

たくさん出回る時期は、夏場を中心に6月〜10月頃になります。

グラジオラスの詳細を下記でまとめてみます。

  • 属性:アヤメ科 グラジオラス属
  • 学名:Gladiolus(ラテン語で”剣”という意味)
  • 英名:Gladiolus・Sword lily
  • 和名:唐菖蒲(トウショウブ)

私はいつも冗談でグラジオラスの切り花を釣竿なんて言っていますが、、

グラジオラスの学名Gladiolusはラテン語で尖った葉が”剣”に似ていることから付いたということです。そういう見方もあったんだ、と改めて思いました。

市場から仕入れて来たばかりのグラジオラスは、まだ蕾が硬くて色さえわからないものもあります。水揚げをすると、やっと蕾がふっくらとしてきます。

グラジオラスの切り花をオシャレに飾るコツを紹介!

こちらは、昨日飾ったグラジオラス。レモンイエローの花にたくさん元気をもらえそう♪

グラジオラスは他の葉物を使わずに、葉も一緒に飾ってみました。

グラジオラスには色が赤や白、黄色、オレンジ、ピンク、紫色というようにたくさんあります。

yume
yume
私は黄色のグラジオラスが一番好きかな。

グラジオラスの切り花の長さ

今回用意したグラジオラスの切り花は、長さが1mほどもあります。

このグラジオラスは、茎がそこまで太くありません。そして、茎もクネクネして曲がっています。

もしかしたら値段が安かったのはそのせいかも知れませんね。

きっと伸び伸びと育ったグラジオラスなのでしょうね。お花屋さんでは、ここまで曲がったグラジオラスの切り花は全然見かけませんので。

でも、部屋に飾るなら全然良いと思います。

グラジオの切り花をカットする時のコツ

茎は花瓶の高さに合った長さにカットしていきます。

その時下の葉も一緒に切ってしまうと、葉が極端に短くなってしまいます。

葉も一緒に飾る場合は、初めに茎を葉が付いているところで一回切って、2つに分けておきます。

そうすると葉が短くなり過ぎず、長いまま残せます。

葉が黄色く変色していたら、他の葉物を添えてもいいです。葉の長い”ハラン”がよく合うと思います。

ガラスの花瓶に飾ったらもっとオシャレかも♪

グラジオラスは上の方の蕾まで全部咲くの?

下の方の花はもう満開。花の中心が赤くて可愛い♪

グラジオラスは先の方までたくさん花が付いています。私が飾った切り花には、硬い蕾も入れたら10輪以上も!

ところが、先の方の蕾は咲かないことが多いです。残念だけど(・_・;

咲き終わった花を早めに処理しよう!

グラジオラスは花が下から順番に咲いていきます。切り花として飾る場合は、一番上の蕾まで咲かせるのはなかなか難しいです。

もう咲き切って萎れてきた花があったら、早めに取り除くと上の方の蕾も咲きやすくなります。満開を過ぎた花は次々と摘み取りましょう。

先の方の蕾を折ってから飾る

グラジオラスの上の方の蕾は、黄色くなってそのまま枯れてしまうことが多いです。初めに上の10cmくらいのところを手でポキッ!と折ってから飾る場合もあります。

せっかく蕾があるのに!?

と、なんとなく勿体無い気もしてしまいますが、蕾の数を減らすことで花を1輪でも多く咲かせることができます。

上の方の蕾はどっちみち咲かないので初めから折ってしまうというわけですが、フラワーアレンジメントなどにはそのまま使うこともあります。

yume
yume
私は家に飾る場合は、折らないことが多いです。

クリザールという切り花延命剤を使うと、びっくりするほど花が長持ちして蕾も咲きやすくなりますよ♪もちろん、私もいつも使っています。

グラジオラスの切り花の水揚げの仕方

グラジオラスの切り花は、飾る前に初めにしっかりと水揚げをすることで少しでも長持ちさせることができます。

グラジオラスの切り花の水揚げには、次の2つの方法があります。

  • 水の中で斜めに切る水切り
  • 切ってから一旦熱湯に浸ける湯揚げ

それぞれの水揚げのやり方を書いてみることにします。

切り花の「水切り」のやり方

水切りは一般的によくやる水揚げの方法です。ほとんどの切り花が水切りという方法で水揚げをします。

水切りのやり方!

  1. 初めに水の中に浸かってしまう茎の下葉を取り除く。
  2. 水の中で茎を2〜3cmほど斜めに切ってから、水に30分くらい浸ける。

水切りのやり方を解説した記事もあります。

萎れたバラの花がシャキッと回復!簡単な水揚げの方法を紹介します お花屋さんでは市場から仕入れてきたお花は、必ず水揚げをしてから切り花として店先に並べています。 水揚げをす...

切り花の湯揚げのやり方

湯揚げという方法は花がたくさん咲くかすみ草、水が下がりやすいマーガレットやひまわりの切り花を水揚げする場合によくやる方法です。

湯揚げのやり方はこちらの記事で書いています。宜しかったらご覧ください。

夏らしい人気のお花!ひまわりの切花を長持ちさせる3つの方法を紹介しますこの記事では、夏の花として人気のひまわりの切花を長持ちさせる方法を紹介しています。また、贈り物のお花の参考として花言葉も書いています。...

グラジオラスの切り花は、水切りでも湯揚げでも、どちらの方法でも同じように水揚げが良くなります。

ちなみに、茎をそのまま切っただけでもしばらく飾って楽しめますが、初めに”水揚げ”に一手間かけることで、切り花の花持ちがずいぶん良くなりますよ。

ぜひ試してみて欲しいなと思います。

グラジオラスの切り花は花持ちが良いの?

グラジオラスは、蕾がたくさん付いています。そして、下から順番に咲いていくという意味では、花持ちが良い切り花ということになります。

ちなみに、私の経験では、グラジオラスの切り花の花持ちは1週間ほどです。

花持ちの仕方は、管理の仕方によっても違ってくるので、あくまで目安ということで参考にしてみてください。

特に夏場は花瓶の水が傷みやすいので、切り花を長持ちさせることが難しくなってきます。

そこで、水替えなどのお手入れが毎日でも必要になってきます。

切り花を長持ちさせるための管理の仕方は、長持ちする切り花おすすめ5選!飾った後の管理のポイントも紹介しますの記事で書いています。

長持ちする切り花おすすめ5選!飾った後の管理のポイントも紹介します長持ちする切り花を選んで紹介しています。また、他にも切り花を長持ちさせるための管理のポイントについても書いています。...

切り花は飾ったままにしておくと、すぐに傷んで枯れてしまいます。毎日でもお手入れして、少しでも長持ちさせてくださいね。

グラジオラスの花言葉

茎が長くて豪華なグラジオラス。見れば見るほどオシャレで思わず見とれてしまいます。

グラジオラス全般の花言葉は?

  • 密会
  • 用心
  • 思い出
  • 忘却
  • 勝利

贈り物のお花は、意外と花言葉を気にすることが多いものです。

もし贈り物のお花を選ぶ機会があったら、上で書いた花言葉も参考にしてみてください。

最後に

夏によく出回るグラジオラスの切り花は、長い茎に花がたくさん咲きます。花束はもちろん、部屋に飾っても豪華です。

花が下から順番に次々と咲いていくので、割と長く飾って楽しめます。

夏場は花瓶の水が傷みやすいので、水替えは毎日でも。

お手入れ次第では、花のもち方も全然違ってきます。また、終わった花があったらすぐに取り除きましょう。

我が家ではグラジオラスの切り花を少しでも長持ちさせたいので、エアコンを使っている時間の長い部屋に飾ってあります。

でも、玄関に飾った方が良いかも、、

風水では黄色い花を玄関に飾ると金運を呼ぶそうなので。

それではまた。

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花の定期便【Bloomee LIFE】



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です