春の花

ヒヤシンスの保存してあった球根(水耕栽培済み)の2回目の栽培記録を紹介します

ヒヤシンスの球根が順調に育って、再び花を咲かせました。この球根は、今度が2回目の栽培になります。

ヒヤシンスの球根は、昨年の春に水耕栽培で花を咲かせた後、秋まで大事に保存してありました。そして、今度は土に植え付けてみました。

実はヒヤシンスの球根は、土に植えはしたものの、多分もう花は咲いてこないだろうな〜と、あまり期待していませんでした。

ところが、再び花を咲かせてきたので、予想外のことにもう嬉しいやらびっくりするやら、、

ヒヤシンスの球根の2回目の栽培に挑戦してみた時の内容はこちらの記事で紹介しています。

実験!ヒヤシンスの球根(水耕栽培済み)は再び花を咲かせるのか?今度は土に植え付け 今年は10月になっても暖かい日が続いていたので、秋植えの球根を植え付けるのをまだ早いような気がしてためらっていました。 ...

今回の記事は、秋まで保存してあったヒヤシンスの球根の、2回目の栽培記録を紹介してみることにします。

ヒヤシンスの球根に新芽が!

昨年の12月24日:大事に保存してあったヒヤシンスの球根を土に植え付けてから約1ヶ月。ついに新芽が育ってきました!

どんな植物でも、新芽を出してきた時が一番感動しますね。2回目の栽培にチャレンジした甲斐があったな、とつくづく思いました。

水やりは、相変わらず土の表面が乾いてから、、それだけは十分気をつけていました。

ヒヤシンスの球根に若葉や蕾が育ってきた

2月2日:ヒヤシンスの新芽がだんだん開いてきて、柔らかそうな若葉が育ってきました。

2月22日:若葉の中心から蕾のような?ものが育ってきました。紫色っぽい??

3月5日:紫色っぽいものは、まだ正体不明で「蕾のようなもの」という言い方をしていましたが、ここまで育ってきたら間違いなく蕾だ!とわかりました。

蕾は、すぐにニョキニョキッ!と伸びていきました。

3月13日:蕾の数がたくさん増えてきました。若葉もたっぷり!

3月15日:蕾が日に日に膨らんできました。この頃は、暖かい日が続いていたからでしょうかね。成長もあっという間でした。

ふっくらとしてきた蕾も、「早く咲きたいよ〜」と言いたそう。

ヒヤシンスに再び花が咲いてきた

3月16日:ヒヤシンスに花が咲いてきました。

昨年の水耕栽培でたくさんエネルギーを使った後の球根なのに、凄い!まだ花を咲かせるだけのエネルギーが残っていたなんて!

3月17日:花が下から順番に次々と咲いていきました。春らしいポカポカ陽気になってきた途端でした。

花が咲いてくるのを楽しみにしていたので、もう嬉しくて胸が一杯に。ちょっと大袈裟かな(^^;;

ちなみに、2回目の栽培を始めたヒヤシンスの球根は、昨年水耕栽培で花が咲き終わった後に、肥料を与えて栄養を補ってありました。

それにしても、こんなにたくさん花が咲いてくるなんて!予想外の嬉しい展開です。

ヒヤシンスの花が満開に!

3月20日:ヒヤシンスの花が満開になってきました。

とうとう一番上の花も開いて、もう全部咲き切りました。

今度咲いてきたヒヤシンスは、花穂の長さが9mmほどしかありません。1回目の水耕栽培の時は、20cmほどもあったのに、、

花数も少なくて、貧弱といえば貧弱ですね。でも2回目の栽培と考えたら、これで十分かな、と。

近くに行くだけで花の香りがふわっと漂ってきます。甘い香りを嗅いでいるだけで癒されます。

昨年の水耕栽培で見事なまでの花を咲かせた後の球根なのに、、そう思うと、今年の春に再び花が咲いてきただけでも、嬉しくて仕方がありません。

昨年に行ったヒヤシンスの水耕栽培の記録を紹介した記事はコチラ↓

ヒヤシンスの水耕栽培に挑戦!開花までの育て方・始める時期・成長記録を紹介! 紅葉も見頃になって一段と秋らしくなってきたので、そろそろチューリップの球根を植え付けなきゃ、、、と思っているのですが、 ...

ヒヤシンスの開花時期は?

昨年の秋から、2回目の栽培に挑戦してきたヒヤシンスの球根。

今年の春に無事に花を咲かせたので、これで大成功!と言えるのでは??と我ながら大満足しています。

初めは、もしかしたら葉だけしか育ってこないかも、というような予想もしていましたが、例え小さくても可愛い花が咲いてきたことが嬉しくて仕方がありません。

ところで、ヒヤシンスの花は一体いつまで咲いているのかな?せっかく咲いてきた花なので、少しでも長くもって欲しいです。

ヒヤシンスの開花時期は、一般的に3月〜4月頃になります。

花の時期は、住んでいる地方やその年の気候によっても違ってくるので、あくまで目安として参考にしてみてくださいね。

3月25日:こちらは、まだつい最近のヒヤシンスの様子です。

よく見てみたら、茎が2本も!初めて知りました。びっくりです(・・;)

ヒヤシンスは、花が下から順番に咲いてきて、下から終わっていきます。咲き終わった花柄を摘みながらになりますが、それでも良い香りの花が1ヶ月ほどと長い間楽しめます。

うーん、いい香り♪花が満開になってから、甘い香りに毎日癒されています。

「花の命は短くて・・」と言いますので、今を精一杯美しく咲いてくれたらそれで十分。こんな小さい幸せが尊いな、と。何事も、あまり欲張ってはいけませんものね。

そんなことはさておき、ヒヤシンスの球根は、花が咲き終わったらどうすれば良いの??

掘り上げるべきか!土に植えたままでいいのか!どっちにしたら良いの?迷う〜(・・;)

でも今は、先のことなんて考えずに、せっかく咲いた花をまだまだ十分楽んでいましょうかね。

というわけで、ヒヤシンスの水耕栽培した後の球根は、秋まで保存した後に行った2回目の栽培でも、再び春に花を咲かせることができました。

小さくてもいいよ。花を咲かせたただけで十分、、

この記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。

それではまた・・

趣味や資格取得の通信講座が100以上!学ぶのが楽しくなる【生涯学習のユーキャン】

生涯学習のユーキャンなら、あなたの「学びたい」という気持ちにぴったりな講座が必ず見つかりますよ♪講座の詳細やお申し込みはこちらから↓

\新たにデビューした講座もチェック!/

今までなんとなくや、自己流でやっていた園芸やガーデニング。改めて基礎から学んだら、一段と楽しくなってきますよ♪

「学びたい」という気持ちに年齢なんて関係ありません。

趣味を基礎から学んだり、資格を取得して少しでも充実した人生を送っていきましょう。

資料請求はこちらから生涯学習のユーキャン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。