夏の花

初心者でも簡単!キキョウの植え付けや育て方・花言葉も紹介します

キキョウは秋の七草としてもよく知られています。夏の暑さにも強く、花が夏から秋まで咲きます。

ところで、キキョウと言えば、私の祖父は大のお花好きだったので、実家の庭には草丈が1mくらいになる昔ながらのキキョウが毎年夏になるとたくさん咲いていました。

私の記憶では、確か実家のキキョウは植えっぱなしだったような・・

それでもキキョウは、毎年夏になると必ず花をたくさん咲かせていたので、キキョウは私にとって簡単に育てられる植物というイメージがあります。

先日私も園芸店で矮性キキョウの苗を見かけて、えッ!この時期に?と思いましたが、すぐに購入して鉢植えで育て始めました。

そこでこの記事では、矮性キキョウの育て方や花言葉について書いてみようと思います。

古くから秋の七草としても親しまれてきたキキョウを育ててみたいなと思っていたら読んでみてください。

キキョウの花が咲く時期は?

キキョウは秋の七草としてもよく知られていて、日本人にとっては馴染み深いお花です。

キキョウの開花時期は6月〜10月頃。

ところで、キキョウは秋の花というイメージが強いと思いませんか?

ところが、花の咲く時期から言っても、キキョウは夏の花なのかも・・

私が購入したキキョウは茎がヒョロっとしていたので、大丈夫かな?とちょっと心配でしたが、もう時期的に苗がお値打ち品になっていたので早速購入してみました。

今年はキキョウの花の時期も、もうすぐ終わりですが、これからも元気に育って、また来年も真っ白な花をたくさん咲かせて欲しいなと思っています。

キキョウは、元気に育ったら毎年美しい花を咲かせます。翌年のキキョウの開花を紹介した記事はコチラ!↓

矮性キキョウの開花時期や特徴を解説!今年も八重咲きの美しい花を咲かせています矮性キキョウの開花時期や、今年から突然まだら模様が入って絞りになった特徴を解説しています。 ...

初心者でも育てやすいキキョウの特徴

こちらが植え付けたばかりの矮性キキョウ。今にも咲きそうな蕾や、他にも小さな蕾があります。

キキョウはキキョウ科の宿根草。暑さや寒さにも強くて丈夫でよく育ちます。

毎年夏になると次々と花を咲かせるので、園芸に慣れていない初心者向きの植物ということになります。

最近は、園芸用の八重咲きや矮性などというように色々な品種がありますが、

山野草として自生していた本来のキキョウは、今では絶滅危惧種に指定されているということです。

キキョウの種類

白い八重咲きのキキョウ。清楚さが半端ない♪

私が育て始めたキキョウは丈が10cm〜30cmくらいまでにしかならない矮性キキョウですが、

コンパクトサイズなので、寄せ植えとしてもよく合います。

また、園芸用のキキョウには、花の色が白の他にもピンク色や柄の入ったものもあります。

確か、昔は紫と白色しか見たことがなかったような気がするんだけどな^^;

キキョウの苗を植え付けるための用土

キキョウの花は、後ろ姿が何となく色っぽい♪蕾がふっくらと膨らんできています。

前日に膨らんでいた蕾が、次の朝にはもう咲いていました。他の蕾も大きくなってきています。

他にも蕾がたくさん付いていることだし、初めから咲いていた花はもう切った方が良いんだろうな、、

と、思うけど、なんかまだもったいなくて(^^;;

キキョウの苗の植え付けには、次のような水はけの良い土を使います。

  • 花用の培養土
  • 赤玉土小粒7:腐葉土3で配合

花用の培養土は手軽に使えて便利なのですが、購入するにしても値段がまちまちなのが悩みどころかな^^;

でも、せっかく育てるなら、その後も順調に育つためにも、培養土にはなるべくお金をかけた方が良いと思います。

例えばポット苗なら数百円くらいで購入できますし、肥料もひとつ買っておけば結構長く持ちますので。。

ということで、せめて土ぐらいは、少しぐらい値段が高くても良い土を選んで欲しいなと思います。と言っても、ほどほどの値段のもので十分ですけど。

そういう私も、つい値段が気になって、少しでも安い培養土を購入してしまうこともあります(・_・;

当然ですが、値段が安い培養土を使った場合は、その後の植物の育ちもあまり良くない結果になってしまうことが多いなと感じています。

せっかく育てるなら、美しい花をたくさん咲かせたいですよね。

キキョウだけに限らず他の植物でも同じですが、植物を元気に育てるためには、できるだけ良い土を使うことが一番重要かなと思います。

ちなみに、私はいつも、手間がかからなくてそのまま使っていける花用の培養土を使っています♪

花用の培養土は、軽くて水はけの良いコチラがおすすめです!

キキョウの育て方のポイント

もう9月だというのに思わず購入してしまったキキョウ。

白いキキョウの清楚な美しさに惹かれちゃって、つい^^;

キキョウは宿根草ということなので、今後も育て方のポイントを抑えて元気に育てていきたいなと思います。

次は、キキョウの育て方のポイントを書いてみようと思います。

日当たり

キキョウは日当たりの良いところで育てるようにします。

とはいえ西日が強く当たるような場所はできるだけ避けるようにしましょう。

キキョウは、もともとは山野草です。日当たりの良い野原に自生していました。そのため、日陰で育てると花付きが悪くなってしまいます。

水やりのタイミング

鉢植えのキキョウは土が乾いたら、鉢底から水が流れ出るほどタップリと水やりをします。

花壇や庭に地植えにする場合は、水やりは、よほど日照りが長く続かない限り必要はありません。

鉢植えにした場合は、水のやり過ぎで根腐れを起こすことが多いので、水やりのタイミングに注意しましょう。

私は、鉢を持ち上げてみて、軽くなっているなと感じた時を水やりのタイミングの目安にしています。

水やりのタイミングがよくわからなくて迷った時は、目安として参考にしてみてくださいね。

ちなみに、水やりは、どの植物を育てる場合でも一番と言っていいほど難しいポイントになります。

植物をたくさん育てていく間に、そのうち、ちょうど良いタイミングが掴めるようになっていくと思います。

yume
yume
私もいっぱい失敗してきました〜。

根腐れが心配なら、土に混ぜ込んでおく根腐れ防止剤もあります♪

肥料の与え方

キキョウを鉢植えにする場合は、植え付ける時に初めに土に緩効性肥料を混ぜておきます。

また、花がたくさん咲き始めたら、即効性のある液体肥料を1〜2週間に1回ほど与えます。

花が次々と咲く時期には、たくさん栄養が必要です。肥料を与えることで、花数がびっくりするほど増えます。

yumeおすすめの液体肥料はコチラ!誰でも知ってるほど人気♪

苗を植え付ける時に土に混ぜ込んでおく緩効性肥料はコチラ!その後、追肥としても使っていけます。

キキョウの冬越し

寒さに強いキキョウは、冬越しでダメージを受けるというような心配はほとんどありません。

ただし霜が強い場合は、霜対策をした方が安心です。

キキョウは秋になると地上部は枯れてしまいますが、それでもう終わりというわけではありません。

キキョウは宿根草なので、うまく冬越しできた場合はまた春に新芽が出てきます。

追記:その後11月の初め頃には、見事に全部枯れてしまいました〜^^;

春になったら、また新芽を出して欲しいなと思います。

冬越しが終わったキキョウが新芽を出す時期や成長記録を紹介した記事はコチラ!↓

冬越しが終わったキキョウが発芽する時期は?新芽の育て方や成長記録を紹介します うちでは昨年の秋から、丈が短い矮性キキョウを育て始めました。 そして、11月の終わり頃には、地上部の葉や茎...

キキョウの花言葉

私が育て始めたキキョウは丈が低い矮性ですが、丈が高くなる種類のキキョウは切り花としても楽しめます。

生け花にもよく使われますが、さて、キキョウの花言葉は?

  • 永遠の愛
  • 気品

私が育てている白いキキョウには、「清楚」という花言葉も付いています。

yume
yume
可憐な花を咲かせるキキョウのピッタリな花言葉だね。

最後に

キキョウは暑さや寒さにも強く、育てるのも簡単です。

花の時期は6月〜10月頃までですが、うちのキキョウは時期が少し遅めの9月になってから植えてみました。

それでも、美しい花をまだしばらく楽しめると思います。

キキョウは宿根草です。

来年も花がたくさん咲くように今後も頑張って育てていきたいなと思います。

う〜ん、、それにしても、キキョウの真っ白な花がこんなに美しかったなんて・・

是非育ててみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・

お花を趣味として楽しんだり、資格を取得して人生を豊かにしませんか?あなたにぴったりなガーデニング講座をいますぐチェック!→ユーキャンの案内資料のご請求はこちら

フラワーギフトや胡蝶蘭・観葉植物・スタンド花が全て揃う【HitoHana】
yume
yume
ギフトや趣味で一度お花を買ってみたい方にはHitoHanaが断然オススメ!

HitoHanaでは、オシャレでハイセンスな花束やフラワーアレンジメント、観葉植物、胡蝶蘭、お供えのお花などがたくさん揃っています。

注文した観葉植物や胡蝶蘭は、生産者から直接最短で翌日までに送料無料で届きます。立て札やメッセージカード、ラッピングも無料

注文したお花や観葉植物は、発送前に送られてくるメールの写真で確認できるので安心です♪

私が実際に購入してみた記事もあるので詳しく知りたい方は参考にしてください。

↓↓↓↓

花や植物の通販サイトHitoHana(ひとはな)レビュー!贈り物のリースを購入してみた感想お花の通販サイトHitoHanaで贈り物のお花を購入してみた感想を書いたレビュー記事です。注文の仕方やお花が届くまでの流れもわかりやすく紹介しています。...

オシャレなお花や観葉植物の購入はコチラがおすすめ♪

毎回ワクワクするポストに届くお花の定期便bloomee(ブルーミー)

yume
yume
定期便で色んなお花を楽しみたい方にはbloomeeという選択肢がオススメ!

お花のある暮らしって素敵♪

お花の癒しやリラックス効果は、研究結果から証明されています。ほんの少しのお花で十分。お花が飾ってある暮らしで少しでも癒されましょう♪

最近話題のお花の定期便はお花が家のポストに届くので、お店に買いに行く手間がかかりません。

また、旅行などで留守にするは、都合に合わせてスキップもできます。

プロが選んだオシャレなお花が飾ってある暮らしを、体験コース500円から手軽に始められますよ♪

今度はどんなお花が届くかな?と毎回ワクワク。まるで贈り物のお花が届いたような気持ちに♪

お花を飾って少しでも癒されましょう。お花のある暮らしはコチラから→お花の定期便【Bloomee LIFE】


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です