ハンドメイド

冬の寄せ植えを手作りしてみた!作り方や使ったお花の育て方も解説します

yume
yume
どうも、yumeです。

私は園芸ショップに出かけると、いつも寄せ植えを作りたくなってしまいます。

冬は花が少なくなってしまうというイメージがありますが、園芸ショップには冬の寒さに強い花がたくさん並んでいます。

ところで、冬になるとそれまで咲いていた花が次々と終わってしまうので、玄関先が急に寂しくなってきませんか?

うちの玄関先も寂しくなってしまったので、冬の寒さに強いお花を使って寄せ植えを作ってみました。

自分で作った寄せ植えを置いたら、玄関先もパッと明るくなりました。

そこで、今回の記事は、寒さに強い花を使った冬の寄せ植えの作り方を紹介してみようと思います。

冬の寄せ植えを手作りしてみたいなと思っていたら読んで参考にしてみてください。

冬の寄せ植えの作り方。玄関先を明るい雰囲気に

こちらは、たった今植え付けたばかりの寄せ植えです。水やりも終了!

今回作った寄せ植えは、鉢の前側を決めておいて丈が高くなる花を後ろに植えてみました。

寄せ植えを作る時に一番悩むのが、苗の配置。

少しでもオシャレな雰囲気にしたいなと思うと、どこにどの花を入れようかな?と、配置で悩みます^^;

と言っても、園芸ショップで苗を購入する時にもう大体のイメージはしてあるんですけど。

まず初めに「鉢底の石」を入れます。

これではちょっと足りないかな?もう少しだけ足します。

鉢の深さにもよりますが、深い鉢を使う場合は、水はけが悪くならないように、鉢底の石を多めに入れます。

私はいつも鉢底が隠れるくらいまで入れていますよ♪

上から培養土を10cmくらい入れて元肥として緩効性肥料を入れておきます。

緩効性肥料を培養土によく混ぜ込みます。

更に培養土を足します。

培養土は、植え付けた時に苗の高さが、鉢の上から2cmぐらい下になるように考えて入れていきます。

ちなみに、2cmくらい下にする理由は、水が溜まるスペースを作り、水やりの時に土が流れ出ないようにするためです。

次は、苗をポットから出して少しだけ根をほぐします。

さすがカルーナ、根の張り方が凄い!

根がつきやすいように、少しほぐします。

苗をバランス良く並べていきます。

デージーも白くていい根が張ってます。

根を少しほぐしてから並べていきます。

苗と苗の隙間に土を入れて隙間を埋めていきます。

葉を上に持ち上げながら入れると、うまく入りますよ。

葉をかき分けながら、狭い隙間にも土を入れていきます。

いつも私は狭い隙間に土を入れる時は、もう使わなくなったスプーンで入れています♪

土を軽く突きながら、鉢の周りにもタップリと土を入れていきます。割り箸を使ってもやりやすいですよ。

植え付けが終わったら、タップリと水やりをしておきます。これで寄せ植えが完成!

真上から見ると、こんな感じです。

1週間もすると、花が生き生きと育って隙間の土が見えないほどになってきます。

ちなみに、水やりをする時は、手で葉を持ち上げて株元からやるようにしましょう。

今回の寄せ植えは、上のような流れで簡単に作れました。

寄せ植えを置いたら、最近花が少なくなって寂しくなっていた玄関先が急に明るくなりました。

おしゃれな鉢を使うと寄せ植えもより引き立ちますね。大きさも寄せ植えにぴったり。

冬の寄せ植えを作るのに使った寒さに強い花を紹介!

それでは、今回作ってみた寄せ植えに使ったお花を紹介していきます。

花の名前を写真の右から順番に書いてみます。

  1. バコパ(コピア)
  2. デージー
  3. ハボタン(ピュアノエル ブーケ)
  4. もみじ葉ゼラニウム(ピンクファイヤー)
  5. カルーナ

今回の寄せ植えは、冬の寒さに強くて花が長く楽しめるお花を選んで作ってみました。

ところで、私が行った園芸ショップには、おしゃれな寄せ植えがお店の色んなところに置いてありました。

寄せ植えは、多分スタッフの方が作ったのだと思います。

私は、やっぱりプロの方が作る寄せ植えは、「花の配置の仕方もセンスが良いな〜」と感心してしまいました。

こちらが、園芸ショップにたくさん置いてあった寄せ植えのひとつです。販売品ではありませんと書かれた札がついていました。

私が作った寄せ植えなんて足元にも及ばないくらい素敵♪

バコパは冬の寒さに強いの?特徴や開花時期

今回の寄せ植えに使ったバコパ。

私が購入したバコパの苗は、花の色が白色と薄紫色のミックスになっていました。

バコパは茎が横に広がって鉢から垂れ下がっていくタイプなので、寄せ植えにぴったりだなと思って使うことにしました。

バコパは多年草です。

寒さには強い方ですが、反対に夏の暑さには弱い性質です。

夏には、地上部がなくなってしまうこともありますが、夏が終わるとまた育ってきます。

バコパは花の時期が9月頃〜翌年の6月頃まで。夏の暑い時期以外はずっと咲き続けます。

バコパの育て方

次は、バコパの育て方を解説します。

バコパは、水はけの良い花用の培養土で問題なく育ちます。

日当たりや風通しが良いところを好みますが、夏の暑さに弱いため夏場は半日くらい陰になるところで育てます。

水やりは、土の表面が乾いたらタップリとします。

肥料は植え付ける時にゆっくりと効果がでてくる緩効性肥料を土に混ぜ込んでおきます。

バコパは花の咲く時期が長いので、肥料が不足すると花数が減ったり枯れてしまうこともあります。

生育が旺盛な時期は葉が横に広がるので、切り戻して形を整えます。

デージーは寒さに強いの?特徴や開花時期

デージーは冬前によく出回る冬に定番のお花です。

次々と花を咲かせ草丈が10cm程度にしかならないので、寄せ植えに良いかも?と思って使うことにしました。

デージーは1年草です。

デージは冬の寒さに強いので、冬の花壇にもよく植えられます。

私は、デージーはあまりにも定番すぎるからという意味で、最近は植えるのをやめていました。

ところが、寄せ植えに使ってみたら、赤い花がアクセントになり改めて可愛いな〜と思いました。

デージは花の時期が12月頃から翌年の5月頃までと、花を長く咲かせます。

デージーは花が春の暖かくなってきた頃に一番よく咲きますが、冬場もたくさん咲いて玄関の彩りになります。

デージの育て方

次は、デージーの育て方を解説します。

デージは日当たりの良い場所で育てるようにします。

水やりは、土の表面が乾いたらタップリとします。

乾燥に弱いので、土を乾かしすぎないようにします。

肥料は、植え付ける時にゆっくりと効果が表れる緩効性肥料を土に混ぜ込んでおきます。

また、花がたくさん咲く時期になったら、すぐに効果が表れる液体肥料を与えて肥料不足にならないようにします。

デージーは冬から春の花壇でよく見慣れたお花です。それほど寒い冬でも育てやすいお花ということになりますね。

ハボタンは寒さに強いの?特徴や開花時期

ハボタンは種類がたくさん増えてきて、寄せ植えでも人気です。

私が寄せ植えに使ったハボタンは、葉の色が純白です。葉先がフリルのようで、まるでバラをイメージさせような小ぶりな種類です。

ハボタンは花というよりも、花のように見える葉を鑑賞する植物です。ハボタンは鑑賞期が11月〜翌年の3月頃になります。

私が行った園芸ショップでは珍しい種類の葉牡丹がたくさん並んでいて、どれにしようかな?と迷ってしまうほどでした。

冬の寄せ植えに人気の葉牡丹の種類について書いた記事はコチラ!

冬の寄せ植えに人気のお花は?葉牡丹の種類や花言葉を紹介します冬の寄せ植えや花壇でも人気のお花、葉牡丹の種類や花言葉について書いています。...

ハボタンの育て方

次は、ハボタンの育て方を解説します。

ハボタンは日当たりの良いところを好みます。

水やりは、鉢植えで育てるなら土の表面が乾いたらタップリと!

肥料は、植え付ける時に緩効性肥料を土に混ぜ込んでおきます。

葉の色が悪くなってしまうので、葉が見頃になってきたら肥料を与えないようにしましょう。

ハボタンは、冬の寄せ植えに大人気!

色々な大きさの種類がたくさんあるので、ハボタンだけで作ってもおしゃれな寄せ植えが出来上がると思います。

もみじ葉ゼラニュウムは冬の寒さに強いの?特徴や開花時期

もみじ葉ゼラニュウムは、草丈が20cm〜40cmくらいになる多年草です。

葉は秋になると紅葉したように色が変わって、まるでもみじそのもの♪

もみじ葉ゼラニュームは冬の寒さにはやや弱いので、冬場は軒下で育てるようにします。

また、霜に当てるとすぐに枯れてしまうので、気温が下がってきたら気をつけましょう。

私が育てている一般的なゼラニュウムは冬場も軒下で問題なく育っているので、玄関先の屋根があるところなら心配ないと思います。

私はもみじ葉ゼラニュウム(ピンクファイヤー)は、ピンク色の花が可愛いなと思って使うことにしました。

また、もみじ葉ゼラニュームは葉だけでもおしゃれなので、花が咲いていない時期もカラーリーフとして楽しめます。

もみじ葉ゼラニュウムは花の時期が4月〜11月頃まで

もみじ葉ゼラニュウムは、寄せ植えに使われているのをよく見かけます。

私も、オシャレだなと気になっていたので、今回初めて寄せ植えに使ってみました。

もみじ葉ゼラニュウムの育て方

次は、もみじ葉ゼラニュームの育て方を解説します。

もみじ葉ゼラニュームは、日当たりが良いところを好みます。また、半日ぐらい陰になるところでもよく育ちます。

乾燥には強い性質ですが、土が湿った状態が長く続くと根が腐ることもあります。

冬場は、水やりの頻度を減らして土を乾かし気味にします。

肥料は、春と秋に月に1回の頻度で緩効性肥料を与えます。また、液肥なら2週間に1回程度与えます。

もみじ葉ゼラニュウムは冬の寒さには少し弱い方ですが、霜にさえ当てなければ育てるのはそこまで難しくありません。

カルーナは冬の寒さに強いの?特徴や開花時期

カルーナは夏越しが難しく1年草として扱われることもありますが、本来は常緑低木の多年草です。

見た目が似ているので、「エリカ」の仲間として売られていることもよくあります。

冬咲きのカルーナは、花の時期が12月頃〜翌年の3月頃まで

寄せ植えとしても、冬から春先まで十分楽しめます。

カルーナは冬の寒さには非常に強く、マイナス20℃くらいまで耐えられます。

草丈が20cm〜50cmくらいになるそうなので、寄せ植えなら高さを出すのにもぴったりです。

カルーナの育て方

次は、カルーナの育て方を下記でまとめてみます。

日当たりや風通しが良いところを好む。

夏の暑さには弱いので、夏場は西日が当たらない日陰や半日陰で育てる。

乾燥に弱いので、水やりは土が完全に乾く前に早めにする。

生育が旺盛なため肥料を与えなくてもよく育つ。

もし与えるなら、4月〜5月頃に緩効性肥料を少しだけ与える程度。

その後実際にやってみたカルーナの剪定や夏越しについて書いた記事はコチラ!

寄せ植えにピッタリなカルーナ。剪定のコツや夏越しのさせ方を解説寄せ植えにピッタリなカルーナの剪定の時期やコツ、夏越しのさせ方について書いた記事です。...

今回作った寄せ植えは、冬の寒さに強いお花ばかり使ってみました。

中には、もみじ葉ゼラニュームのように軒下に入れた方が良いお花も入っていますが、それでも、玄関先の屋根があるところなら問題なく育つと思います。

寄せ植えを長く楽しむための手入れの仕方

寄せ植えは作ったばかりの頃は形が整っていますが、育っていく間に少しづつ形が崩れていってしまいます。

そこで、切り戻しで形を整えることができる植物は、伸びた茎を短くしてバランスを整えるとまた見栄えが良くなります。

今回私が寄せ植えに使った花の中では、バコパのことです。

バコパは、そのうち茎が横に広がったり鉢から垂れ下がってくるので、邪魔になってきたら切り戻して形を整えるようにします。

1年草などは、終わってしまったらその部分だけ他の植物と入れ替えても良いです。

自分が愛情たっぷりで作った寄せ植えは、作った後も手間をかけて少しでも長く楽しんで欲しいなと思います。

最後に

最近は玄関が寂しくなってきたので、冬の寒さに強い花ばかりの寄せ植えを作ってみました。

寄せ植えは苗をバランスよく組み合わせたり、狭い隙間に土を詰めるのが少しだけ大変ですが、それも慣れたら意外と簡単です。

自分の好きなお花を使って冬の玄関先にぴったりな寄せ植えを作ってみてくださいね。

お花のある玄関って良いよね♪

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それではまた・・・

手作りした寄せ植えについて書いた他の記事も読んでみてくださいね。

冬の寄せ植えにピッタリ!赤い実が可愛いチェッカーベリーの育て方 今年は11月になっても記録的な暖かさが続いているので、自然界は大丈夫なのかな?四季はどうなるの? と、ちょ...
冬から春まで楽しめるガーデンシクラメンとパンジーの寄せ植え!育て方も解説冬のガーデニングに人気の、ガーデンシクラメンとパンジーの寄せ植えを作ってみたことを書いています。日当たりや水やりなど育て方も解説しています。...
パンジーの寄せ植え。苗の植え付け方や花数を増やす切り戻しのコツを解説しますパンジーの苗の植え付け方や、花数を増やすために行う切り戻しのコツを紹介した記事です。...
トップクリエーターから学べるオンラインレッスン【CLASS101】

「CLASS101」なら、好きなレッスンがオンラインでいつ、どこでも受けられます。

レッスンの詳細はこちらから確認できます→あなたのやりたいことが見つかる!趣味のオンラインレッスン【CLASS101】



趣味のオンラインレッスン「CLASS101」はこんな方にオススメ!

新しい趣味を始めたい方。

絵やクラフトなどが好きな方。

おうち時間で何か始めたい方。

受講できるクラスは、ほぼ毎日のように増えています。早速、趣味や副業のために好きなレッスンを始めてみませんか?

今なら5,000円OFFクーポンプレゼント中!

今だけのお得な情報もコチラから確認できます。

↓     ↓     ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。